暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

【NFTで副業収入】1ヶ月で66万円稼いだ方法・稼ぎ方|初心者むけ

この記事はプロモーションを含みます

NFTを700円で買ったら、1ヶ月で66万円になりました(含み益)

1ヶ月で66万円稼いだNFTはAPP
買ったNFTは、パンダのキャラクターで人気の「APP(Aopanda Party)」3体。

この記事では「実際にNFTで稼いだ方法」について解説します。
この記事でわかること
  • NFTを買って1ヶ月で66万円にした方法
  • 稼ぐために、安いNFTを手に入れる方法
  • 実際にNFTを買う手順
この記事を読むことで、NFTで稼ぐ方法を知り、ためしに50円のNFTを買うことで実際にNFTを手に入れる体験ができます
この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • NFT保有数:600点以上
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

実際のNFT購入履歴と含み益

APPの購入履歴
2022年10月30日に、APP(Aopanda Party)を3体買いました。
価格は1体0.001 ETH(約240円)
APPの購入履歴
1ヶ月も経たないうちに、最低価格※が1,500倍に!
含み益は66万円になりました。

※最低価格(フロア価格):コレクションの中の最安値。売買がさかんだと、最低価格で出品すればすぐに売れます。

NFTで稼ぐ方法は安く買って高く売る

NFTの転売で稼ぐ方法はシンプル。
NFTで稼ぐ方法はシンプル

安く買って、高く売る

当たり前ですね。
でも、NFTはじめたばかりだと安く買う方法がわかりません。

具体的な手順を紹介していきます。

NFTを低価格で入手する方法

NFTを安く購入することは、収益を最大化するための重要な要素です。
では、具体的にどうやってNFTを安く手に入れることができるのでしょうか?

安く手に入れる手順は以下の通り。
  1. 激安販売をするNFTプロジェクトを探す(販売価格が0.001ETH:約200円)
  2. 優先購入権(AL:アローリスト)を手に入れる
  3. 発売日に購入する。

激安販売のNFTプロジェクトを探す

すべてのプロジェクトが値上がりするわけではありません。
そのため、0.001ETH(約200円)で買えるNFTを探します。
元の値段が安ければ、価格が下がっても数百円の損だけで済み、リスクが小さいからです。

ただ、NFTをはじめたばかりだとプロジェクトの探し方がわからないと思います。
疑問くん

どれを買えばいいのか…

X(Twitter)で激安NFTプロジェクトを探す

一番てっとりばやいのはX(Twitter)で「0.001ETH」と検索してみること。

こんな感じで、激安販売するNFTプロジェクトを見つけることができます。
見つかったらフォローして過去ツイートやプロフィールのリンク先から情報を追ってみましょう。

当ブログが注目するNFTプロジェクトを紹介

コレは!と注目しているNFTプロジェクトを取り上げて、詳しく解説しています。
多くのプロジェクトを知っておくことも、稼ぐためには必要です。

>>>NFTコレクション紹介

優先購入権(AL)を手に入れる

激安NFT情報を入手したら、次に「アローリスト(AL)」とよばれる優先購入権が必要になります。
多くのNFTプロジェクトは、優先購入権(AL)を持っている人だけに販売するからです。

ALを入手する方法は、以下3つのパターン。
優先購入権を入手する3つのパターン
  1. プロジェクトに関係あるNFTを買う
  2. Twitterのプレゼント企画に応募する
  3. AL(優先購入権)がもらえる条件(ファンアートなど)をクリアする
1はNFTを買わないといけないから、初心者にはハードルが高いです。

2はなかなか当たらない。
※当たるかもしれないので応募するのはOK。

確実にALを獲得するのは「3.条件をクリアする」です。

>>>NFTのアローリスト(AL)とは?入手方法も解説

めたばっちの発売情報

たとえば、2022年12月11日に販売された「めたばっち」

めたばっちのホワイトリスト/アローリスト獲得条件
  • ブログを書く
  • 音声メディアで発信する
  • ファンアートを投稿する
  • 歌ってツイートする
のどれかを実行するとALがもらえました。
プロジェクトによって獲得条件は異なるので、情報を確認しましょう。

発売日に購入する

激安NFT情報をさがし、優先購入権(AL)を手に入れたら、あとは発売日に買うだけ。
NFTは日本円で買えないので、両替して準備をします。

練習で50円のNFTを買ってみる

本番にそなえて、まずは練習で安いNFTを買ってみましょう。
実際に購入する経験をすることが、NFTで稼ぐことの第一歩になります。

価格は、0.0001ETH(約50円:2024年3月時点)
練習で50円のNFTを買ってみる
出典:OpenSea
今回購入するのは、音楽つきのNFT。
リンク先で画像をタップすると音楽が聞けます。

画像つきで解説するので、一緒に実践していきましょう

NFTを買うための準備5ステップ

NFTの始め方

無料で口座開設をする

GMOコインメタマスクへの送金手数料が無料の仮想通貨取引所です。



コインチェックやビットフライヤーは、送金するたびに0.005 ETH(約2,500円)の手数料が発生します。

送金手数料が無料のGMOコインを利用すれば手数料はタダ。
損しないように普段づかいはGMOコインを利用しましょう。

GMOコインをすすめる理由は4つ。

GMOコインをすすめる理由4選
GMOコインで口座を開設する

GMOコインをひらき、口座開設ボタンをタップします。

無料で口座開設をする
メールアドレスを入力し、届いたメールからパスワードを設定します。
・2段階認証
・個人情報を入力
とすすめ、
無料で口座開設をする
本人確認は、スマホで撮影して送信すればOK。

>>>口座開設のより詳しい手順はコチラ

日本円を両替する

口座開設が完了したら、両替するために日本円を入金します。

日本円を両替する
メニューから「入出金 日本円」を選びます。
振込先の銀行口座が表示されるので、入金します。
日本円を両替する
日本円を入金したらETH(イーサ)と両替です。
安く買うために、「取引所 現物取引」を利用します。
日本円を両替する
「成行」で「買」を選び、取引数量を入力して購入します。

試しに買う場合は、3,000円〜1万円くらい購入してみましょう。
1ETH=50万円の時、1万円は0.02ETHです。

>>>日本円からETHに両替するより詳しい解説はコチラ

仮想通貨を入れる財布をつくる

NFTを購入する通貨「ETH」を買ったので、お金を入れるための財布(メタマスク)を作ります。
仮想通貨を入れる財布をつくる
財布(メタマスク)を公式サイト からインストールします。
メタマスクのパスワード
「ウォレット作成」をクリックし、パスワードを入力します。
シークレットリカバリーフレーズ
「シークレットリカバリーフレーズ」をメモして、入力確認すると設定完了。

>>>メタマスクのより詳しい導入方法はコチラ

メタマスクにお金(ETH)を入れる

銀行にお金を入れたままだと買い物ができないので、財布にお金を移動します。
財布(メタマスク)にお金(ETH)を入れる
スマホは左上メニューをひらいて「入出金 暗号資産」をタップ。
アプリは「預入/送付」をタップします。
ウォレットアドレス
送り先のアドレスは、メタマスクからコピペしてください。

>>>GMOコインからメタマスクに送金する詳しい解説はコチラ

ためしに約50円のNFTを買う

パソコン編へジャンプ

メタマスクのブラウザ
メタマスクのブラウザ
メタマスクから購入ページをひらきます。

https://tukuru.welcome-mint.site/page/bandman-music-nft

↑コピペしてください。

0.0001ETH(約50円)のNFTを買ってみる

Metamask接続をタップします。

0.0001ETH(約50円)のNFTを買ってみる

「接続」をタップ。

0.0001ETH(約50円)のNFTを買ってみる
購入数を「1」にして、「Mint 0.001ETH」をタップ。
※この段階では購入の確定はしていないので、まだキャンセル可能です。
0.0001ETH(約50円)のNFTを買ってみる
「確認」をタップしたら購入完了です!
※ここで「拒否」をクリックすればキャンセルできます。
※ガス代はNFTを買う時にかかる手数料です。
※ガス代の解説はコチラ 

購入したNFTを確認する

0.0001ETH(約22円)のNFTを買ってみる
NFTを選び、「NFTをインポート」をタップ。
0.0001ETH(約22円)のNFTを買ってみる
「設定でNFTの検出をオンにしてください」をタップ。
0.0001ETH(約22円)のNFTを買ってみる
「OpenSea APIを有効にする」「NFTを自動検出」をオンにします。
左上から戻ります。

メニューから設定する場合は
メニュー→設定→セキュリティーとプライバシー→「OpenSea APIを有効にする」「NFTを自動検出」をオン
0.0001ETH(約50円)のNFTを買ってみる
NFTが確認できました。
【パソコンの場合】
0.0001ETH(約50円)のNFTを買ってみる
メタマスクをインストールしたブラウザから購入ページをひらき、Metamask接続をクリックします。
0.0001ETH(約50円)のNFTを買ってみる
メタマスクが立ち上がるので、ログインして「接続」をクリックします。
0.0001ETH(約50円)のNFTを買ってみる
購入数を「1」にして、「Mint 0.001ETH」をタップ。
※この段階では購入の確定はしていないので、まだキャンセル可能です。
0.0001ETH(約50円)のNFTを買ってみる
「確認」をクリックすると購入完了です。
※ここで「拒否」をクリックすればキャンセルできます。

購入したNFTを確認する

0.0001ETH(約22円)のNFTを買ってみる
OpenSea をひらき、ウォレットアイコンをクリックします。
0.0001ETH(約22円)のNFTを買ってみる
MetaMaskを選び、承認をしていくと接続できます。

>>>詳しくは→OpenSeaの始め方・使い方 

0.0001ETH(約22円)のNFTを買ってみる
接続できたら、右上のアイコンから「Profile」をクリック。
0.0001ETH(約50円)のNFTを買ってみる
購入したNFTが確認できました!
ハイディー

持っているNFTがすべて見れるよ!

優良プロジェクトは2次売買でも稼げる

NFTの転売で稼ぐ時、激安で購入すればリスクは数百円と小さいです。
ただ、優良プロジェクトの場合、損するリスクはありますが2次流通で買っても稼ぐことができます
CNPを買ってみた

2022年8月にCNP(CryptoNinja Partners)を3体購入しました。

CNPの含み益
3ヶ月経ったところ、含み益が129万円に。
まだ価格が上がる前に買えたら稼げます。

まとめ:NFTの副業で稼いだ方法・稼ぎ方

安くかって高く売れば、NFTの転売で稼ぐことはできます。
うまくやれば、月に数万円〜10万円くらいの利益は出せそうです。

ただし、「転売で稼ぐ」ことは「投資」であり、投資にはリスクがつきもの。
「必ず稼げる方法」ではないことはご理解ください。

また、個人的にはNFTは転売せずに持っていた方が楽しめると感じています。
この記事を見てもわかりますが、実際に売っておらず含み益のまま。

たとえば、CNP(CryptoNinja Partners)を持っていたら
CNPで体験できること
などなど、実際のメリットがあります。

AL(優先購入権)の入手方法が日に日に難しく・複雑になっているので、稼ぎたいなら今すぐはじめた方がよいです。
まずは、約50円のNFTを買ってみるところがスタートです!

ETHの購入は、手数料で損をしないように気をつけましょう。

手数料で2,500円オトク


取引所からメタマスクへ送金すると、数百円〜2,500円の手数料が発生します。
※コインチェック・ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインをつかえば無料にできます。
大切なお金を手数料で減らさない!
損をしないために、普段づかいは無料で送金できるGMOコインを利用しましょう!

送金・出金手数料が無料

>>>無料で口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

【NFTで副業収入】1ヶ月で66万円稼いだ方法・稼ぎ方|初心者むけ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ