暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

NFT購入の実費を知ろう!初心者が知るべき初期費用と節約術

この記事はプロモーションを含みます

NFTをはじめて買うんだけど、いくらぐらい必要なの?

NFTを買う時にかかる費用は、下記の通り。

NFTの価格+各種手数料

結論を先に言うと、

NFT購入の初期費用は、1,100円

この記事では、NFTを購入する際にかかる初期費用について、実例をもとに詳しく解説します。

購入手数料、その他必要な出費を明確にし、節約術も紹介します!

NFT購入時の手数料について
  • どのタイミングで発生するのか
  • 手数料はいくらくらいか
  • どうすれば安くできるか
この記事を読むことで、NFT購入時のコストを把握でき、これらの費用を削減する具体的な方法を身につけることができます。

手数料で2,500円オトク


取引所からメタマスクへ送金すると、数百円〜2,500円の手数料が発生します。
※コインチェック・ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインをつかえば無料にできます。
大切なお金を手数料で減らさない!
損をしないために、普段づかいは無料で送金できるGMOコインを利用しましょう!

送金・出金手数料が無料

>>>無料で口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • NFT保有数:600点以上
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

NFT購入の初期費用は1,100円

結論から言うと、

NFTをはじめて買う時にかかる金額は約1,100円でした。
※NFT価格500円+その他手数料600円=1,100円

前提条件として以下で計算しました。

1ETH

50万円

NFTの価格

0.001ETH(500円)

仮想通貨取引所

送金手数料が無料のGMOコインを利用

※ETH価格・ガス代(手数料)は常に変動するので、あくまで目安と思ってください。

はじめは低価格のNFTを購入

NFTは高額で取引されているニュースを聞くので、手を出しにくいと感じるかもしれません
大丈夫。NFTの価格は様々です。

最初は手頃な価格のNFTからはじめることをオススメします。

初回販売価格が0.001ETHのNFT

CNP
CryptoNinja Partners(CNP) 
今や最低価格が0.4ETH(約20万円)を超えるコレクション。
初回の販売価格は0.001ETH(約500円)でした。

>>>CryptoNinja Partners(CNP)とは?特徴や買い方を解説

NFT以外にかかる手数料

NFT購入時ににかかる手数料
NFTを購入する際、手数料が発生するポイントは3回あります。
NFTの購入手順と手数料発生ポイント
1 日本円を取引所に送金
  ※手数料発生1:振込手数料

2 仮想通貨を購入

3 仮想通貨を財布に移動
  ※手数料発生2:送金手数料

4 NFTを購入
  ※手数料発生3:ガス代

手数料発生ポイント1:振込手数料

NFTを購入するには仮想通貨が必要になります。

まずは仮想通貨取引所へ日本円を振込みます。
その際、振込手数料が発生。
銀行によって価格は変わりますが「200円」としておきます。

手数料発生ポイント2:送金手数料

銀行口座にお金があってもスーパーで買い物できないのと同じで、仮想通貨も取引所から引き出さないと使えません。

そのため仮想通貨取引所から財布(ウォレット)へ送金が必要になります。

その際、送金手数料が発生

ただし、GMOコインなら送金手数料が無料で済みます。
※コインチェック、ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)です。

GMOコインをすすめる理由4選

\ 無料・最短10分 /

>>>無料でGMOコイン口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

手数料発生ポイント3:ガス代

NFTを購入する時に発生するのがガス代。

ガス代は、取引履歴をブロックチェーンに記録するための手数料です。

ガス代
0.001ETHのNFTを買った時のガス代は、0.000819ETH(約400円)でした。

>>>NFT取引で使われるガス代とは?

手数料の合計金額は600円

手数料の合計金額は600円になりました。
振込手数料(200円)+送金手数料(0円)+ガス代(400円)=600円

もちろん、振込手数料、仮想通貨の価格、ガス代の変動で、価格は上下します。

送金手数料が0.005ETHの仮想通貨取引所を利用していたら、プラス2,500円かかります。

NFT購入時の節約術

仮想通貨の送金頻度を減らす or GMOコインを利用

手数料発生ポイント2の部分

送金するたびに手数料がかかるので、送金手数料が無料のGMOコインを利用する。

送金する頻度を下げることも節約になりますが、そもそも送金手数料が無料のGMOコインを利用するほうが簡単に節約できます。

ガス代(手数料)を安くする方法

手数料発生ポイント3の部分

仮想通貨のレートが安い時をねらう

イーサリアム(ETH)対 日本円のレートでガス代が上下します。
日本円換算でETHが安い時をねらうと、安くなるというわけです。

ガス代が安くなる時間帯をねらう

ガス代は、ブロックチェーンに書き込むのにかかる手数料です。
そのため、人が多くて書き込む量が多いと手数料が上がる仕組みです。

なるべく人が少ない時間をねらうと、安くすることができます。
時間帯別ガス代
Ethereum Gas Price Chart でイーサリアムのガス代をチェックできます。
Ethereum Gas Price Chartでできこと
  • 24時間,7日,30日と時系列を変更できる
  • 最大30分単位まで細かく見ることができる
  • カラーモードを変更できる
ハイディー

AM0時以降はアメリカの活動時間帯で、ガス代が上がる傾向があるよ

>>>Etherscanの使い方と見るべき3つのポイント

MetaMaskのガス代設定を遅くする

MetaMaskのガス代設定
NFTを買う時にMetaMaskでガス代の設定ができます。
「サイト提案」をクリック
MetaMaskのガス代設定
「低」を選ぶと、速度が遅くなりガス代が安くなります。
ハイディー

逆に、絶対に買いたい時には高速にしないと買えないよ

振込手数料を安くする

手数料発生ポイント1の部分

銀行によりますが、月3回までの無料振込などのサービスを利用しましょう。

キャンペーン情報

東京きらぼしフィナンシャルグループ が手がけるUI銀行 を利用すると振込手数料が無料になります。

今なら、紹介コードを入力して口座を開設すると500円もらるキャンペーン実施中!
紹介コード↓

hid

\ 無料で500円GET /

>>>無料でUI銀行の口座開設をする

まとめ:NFTをはじめて買う時の費用は1,100円

NFTをはじめて買う時にかかる金額は1,100円って意外と安いですね。

値段が安い一番大きな理由はGMOコインを利用したから。
送金手数料で0.005ETH(約2,500円)がプラスされていたら、3,600円。
試すにはちょっと高いですね。

この機会にNFTをはじめてみてはいかがでしょうか

>>>ためしに50円のNFTを買ってみる

【初心者でも安心!手軽に始めるNFT体験】

NFTの世界はまだ新しもので、「ついていくのは難しい」と感じるかもしれません。
しかし、NFTの世界はまだ始まったばかり。

日本でNFTを買ったことがある人は約1万7,000人。
日本人口のたった0.125%に過ぎません。

今からNFTを始めるのは、乗り遅れてるどころではなく「先駆者なんです。
NFTを始める手順は5ステップ

1.無料で口座開設をする
2.日本円を両替する
3.web用の財布をつくる
4.財布にお金を入れる
5.NFT売り場で買い物する

>>>ためしに50円のNFTを買ってみる

【お得な情報】

GMOコインメタマスクへの送金手数料が無料の暗号資産(仮想通貨)取引所。
送金するたびに2,500円の手数料がかかる取引所もあるので、知っていると損をしません。

GMOコインをすすめる理由は4つ。

GMOコインをすすめる理由4選

\ 無料・最短10分 /

>>>無料でGMOコイン口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

NFTをはじめて買う時にいくら必要?安くする方法も解説【初期費用】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ