暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

【スマホもOK】OpenSea(オープンシー)の始め方・使い方

この記事はプロモーションを含みます

OpenSeaの登録方法を知りたい

OpenSeaはスマホでも使える?

そんな疑問にお答えします。


この記事でわかること
  • OpenSeaの登録で必要なもの
  • OpenSeaの始め方(スマホ・PC)
  • OpenSeaの使い方
  • よくある質問と回答

世界最大のNFTマーケット(売り場)であるOpenSeaを利用する機会は多いので、やり方を学んでNFTを始めてみましょう。

手数料で2,500円オトク


取引所からメタマスクへ送金すると、数百円〜2,500円の手数料が発生します。
※コインチェック・ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインをつかえば無料にできます。
大切なお金を手数料で減らさない!
損をしないために、普段づかいは無料で送金できるGMOコインを利用しましょう!

送金・出金手数料が無料

>>>無料でGMOコイン口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

OpenSea(オープンシー)の登録で必要なもの

OpenSeaをつかうのに必要なのは2点

  • ウォレット(メタマスク)
  • メールアドレス

サイトに接続するウォレット(メタマスク)だけでよいんですが、メタマスクをつくるためにメールアドレスが必要になります。

OpenSea(オープンシー)のスマホアプリは売買できない

OpenSea: NFT marketplace
OpenSea: NFT marketplace
開発元:Ozone Networks, Inc.
無料
posted withアプリーチ

OpenSeaにはスマホアプリがあります。
ただし、

OpenSeaアプリは閲覧のみで売買ができません

OpenSeaで売買するためには、メタマスク(ウォレットアプリ)のブラウザをつかいます。

OpenSea(オープンシー)に登録する手順|スマホ・PC

登録の手順は3ステップ

  • メタマスクをつくる
  • OpenSeaとメタマスクを接続
  • プロフィールを入力

順に解説します。

ステップ1:MetaMask(メタマスク)をつくる

スマホアプリでMetaMaskをインストールする

>>>パソコン編へジャンプする

スマホアプリをインストールします。
MetaMask(メタマスク)アプリ
MetaMask - Blockchain Wallet
MetaMask – Blockchain Wallet
開発元:MetaMask
無料
posted withアプリーチ
ダウンロードが完了したらアプリを開きます。
メタマスク
アプリを開いたら「開始」をタップ。
メタマスク
続いて「新規ウォレットを作成」をタップし、パスワードを入力して進めます。
リカバリーフレーズ
「表示」をタップし、秘密のリカバリーフレーズをメモ&保管したら完了です!

>>>メタマスクの導入方法

パソコンにメタマスクをインストールする

メタマスク
メタマスクの公式サイト をひらき、右上にある「Download」もしくは中央にある「Download for」ボタンをクリックし、拡張機能に追加します。
ウォレット作成
「ウォレットの作成」をクリックし、パスワードを設定。
シークレットリカバリーフレーズ
シークレットリカバリーフレーズをしっかりメモ&保管したら完了です。

>>>メタマスクの導入方法

ステップ2:OpenSea(オープンシー)とMetaMask(メタマスク)を接続する

スマホでOpenSeaとメタマスクを接続する

>>>パソコン編へジャンプする

メタマスクのブラウザ
メタマスクのブラウザ
OpenSeaをひらきます。

↓コピペしてください

https://opensea.io/ja

OpenSeaで確認する

左上からメニューをひらきます。

OpenSeaで確認する

「ウォレット接続」をタップ。

OpenSeaで確認する

MetaMaskを選び「接続」します。

ステップ3:スマホ編プロフィールを設定するまでジャンプする

パソコンでOpenSeaとメタマスクを接続する

OpenSea
OpenSea(オープンシー) をひらきます。
メタマスク
右上の「ウォレットアイコン」から「MetaMask」を選択します。
接続
MetaMaskが開くのでログインをし、接続先を確認して「次へ」をクリック。
接続
「接続」をします。
ハイディー

偽サイトに接続するとウォレットの中身が盗まれてしまうので、接続先はしっかり確認しよう

接続
内容を確認して「Accept and sign」をクリック。
署名
起点、と内容を確認して「署名」をクリックします。

※MetaMaskで署名する際は、必ず内容を確認しましょう。
英語の文章もDeepL で翻訳してきちんと読んでください。
今回の内容は
「OpenSeaへようこそ。利用規約に同意してください。この承認で取引が発生したりガス代(手数料)がかかることはありません。24時間で認証はリセットされます」
メタマスク
OpenSeaとメタマスクが接続できました。

>>>パソコン編:プロフィールの入力へジャンプする

ステップ3:OpenSea(オープンシー)のプロフィールを入力する

プロフィールの編集をしなくてもOpenSeaでNFTの売買はできます。
メールアドレスを登録しておくとNFTが売れた時にお知らせが来たりするので、必要であれば登録しましょう。

スマホでOpenSeaのプロフィールを入力する

スマホでOpenSeaのプロフィールを入力する

左上からメニューをひらき「Account」をタップ。

スマホでOpenSeaのプロフィールを入力する

「Profile」をタップ。

スマホでOpenSeaのプロフィールを入力する

メニューをひらき、

スマホでOpenSeaのプロフィールを入力する

「Settings」をタップします。

スマホでOpenSeaのプロフィールを入力する

メタマスクで署名をし、

スマホでOpenSeaのプロフィールを入力する

プロフィールを入力します。

Username

ユーザーネーム

Bio

経歴

Email Address

メールアドレス

Links

Twitter、Instagram、Webサイト

Profile Image

プロフィール画像:丸いアイコン(350px × 350px)

Profile Banner

プロフィールの背景画像(1400px × 350px)

入力したら「Save」をタップして保存します。

メール確認

メールが届くので、「VERIFY MY EMAIL」をタップして登録完了です。

パソコンでOpenSeaのプロフィールを入力する

プロフィール
右上のアイコンから「Settings」をクリックします。
プロフィール
プロフィールを入力していきます。
Username

ユーザーネーム

Bio

経歴

Email Address

メールアドレス

Links

Twitter、Instagram、Webサイト

Profile Image

プロフィール画像:丸いアイコン(350px × 350px)

Profile Banner

プロフィールの背景画像(1400px × 350px)

プロフィール
Profile ImageとProfile Bannerを設定するとプロフィールページに反映されます。

入力したら「Save]で保存します。
メール確認
メールが届くので、「VERIFY MY EMAIL」をクリックしたら登録は完了です。

OpenSea(オープンシー)の使い方

OpenSea(オープンシー)の使い方

OpenSeaの各ページについて解説します。

TOPページ

OpenSea(オープンシー)の使い方

TOPページでは、コレクションの検索ができます。
ただし、偽コレクションも多いのでお目当てのNFTがあれば、Discordの公式リンクからひらいた方が安全です。

>>>NFTコミュニティのDiscord招待URLを紹介

「今、何が売れているのか」のランキングが見れるので、世界のトレンドを知ることができます。

OpenSeaのカテゴリ
  • Art:アート作品
  • Gaming:ゲームアイテム
  • Memberships:デジタル会員権
  • PFPs:プロフィール画像
  • Photograpyh:写真

Collection(コレクション)ページ

TOPページや検索から、コレクションページに飛べます。

OpenSea(オープンシー)の使い方

多くの情報が掲載されているので、見方を覚えましょう。
「発行数が違う!」と偽物を判断することもできますよ。

Collectionページ
  • Items:総発行数
  • Created:コレクションページの作成日
  • Creator earnings:2次流通以降にクリエイターに支払う手数料
  • Chain:ブロックチェーンの種類
  • Category:コレクションのカテゴリー
  • total volume:総取引高(1次流通〜2次流通以降も含む)
  • floor price:コレクションで売っている最低価格
  • best offer:オファー(買い注文)の最高価格
  • listed:売りに出している率(売りに出してる数÷総発行数)
  • owners:NFTを所有しているウォレット数
  • unique owners:オーナーの分散率(オーナーウォレット数÷総発行数)
OpenSea(オープンシー)の使い方

右上のアイコンからは、オフィシャルサイトなどに飛べます。

アイコン
  • イーサスキャン:ブロックチェーンの情報ページ
  • Website:公式ページのリンク
  • Discord:公式Discordのリンク
  • Twitter:Twitterのリンク
  • watchlist:ウォッチリスト(お気に入りに追加)
  • シェア:ページのコピーや、SNSでシェア
  • その他:偽コレクションを通報できます

ウォッチリストは、自分の好きなコレクションの価格を頻繁に見たい場合に便利です。

OpenSea(オープンシー)の使い方

右上のアイコンから「Watchlist」をクリックすることで、一覧表示されます。

Collection(コレクション)>Items

OpenSea(オープンシー)の使い方

絞り込みメニューが豊富に用意されているので、目当てのNFTを見つけるのに役立ちます。

Items
  • Listed:固定価格の販売
  • On auction:オークション形式の販売
  • New: 新しいアイテム
  • Has offers:オファーからオーナーが売る人を選ぶ取引
  • Owner:自分のNFTだけを表示できる
  • Price:価格で絞る
  • Quantity:1点販売や2点以上の抱き合わせ販売
  • Currency:通貨で絞る
  • Trailts:キャラクターの特徴で絞る
OpenSea(オープンシー)の使い方

購入する時に便利な「並べ替え」もあります。

並べ替え
  • Price low to high:価格の低い順
  • Price high to low:価格の高い順
  • Recently listed:新しく出品された順
  • Best offer:オファーがついている順
  • Highest Last Sale:直近の取引額が高い順
  • Recently sold:最近売れた順
  • Recently created:更新された順
  • Most viewed:閲覧数の多い順
  • Oldest:古い順
  • Most favorited:いいねの多い順
  • Ending Soon:オークションやオファーの締め切り順
  • Recently received:新しく受け取った順

Collection(コレクション)>Offers

OpenSea(オープンシー)の使い方

コレクション全体に出している、オファー(買い注文)一覧が見れます。

Collection(コレクション)>Analytics

OpenSea(オープンシー)の使い方

Analytics(分析)ページで、コレクションの細かい分析情報が見れます。

Analytics
  • Volume and Price:日別の売り上げデータ
  • Floor Price:コレクション最低価格の推移
  • Listing:売りに出てるNFT
  • Sales:売れたNFT、価格の分布図
  • Price Distribution:買い注文と売値のグラフ
  • Owner Distribution:アイテム数ごとのウォレット数
  • Owners:保有アイテム数のランキングTop100

Collection(コレクション)>Activity

OpenSea(オープンシー)の使い方

売買履歴が見れます。
「頻繁に取引されているから、すぐに売れる!」みたいな判断も可能。

グラフの期間は変更できます。

OpenSeaの使い方でよくある質問と回答

OpenSeaを日本語表示にできる?

OpenSea(オープンシー)を日本語表示にする方法

スマホの場合は左上メニューをひらき、下のほうの「Language」から日本語を選びます。

OpenSea(オープンシー)を日本語表示にする方法

パソコンの場合は、右上アイコンから「Language」で変更します。

自分のNFTって並び替えられないの?

自分のNFTって並び替えられないの?
プロフィールの「Featured items」から「Create section」をクリックすると
自分のNFTって並び替えられないの?

10体以内のグループを好きなように並び替えることができます。

>>>NFTを並び替えてウォレットデザインをしよう

ガス代っていつ発生するの?

ガス代っていつ発生するの?
  • 表示されている価格で買う時
  • オファーをキャンセルする時
    →OpenSeaが負担するためガス代がかからなくなりました
  • ETHをWETHに変換する時
NFTを売る人が払うガス代
  • NFTを作成するとき
  • オファーを受け入れるとき
  • GiveawayなどでNFTを送るとき(エアドロ)
  • 固定価格での販売をキャンセルするとき
  • オークションをキャンセルするとき
  • メタデータをフリーズ化するとき

>>>OpenSeaでガス代が発生するタイミングはいつ?

NFT画像はどうやって保存するの?

一番簡単なのは「スクショ」です。

NFT画像はどうやって保存するの?
Safariなどのブラウザで、長押しすると保存できます。

>>>OpenSeaでNFTの画像を保存する方法

送ったと言われたNFTが見当たらないんだけど…

送ったと言われたNFTが見当たらないんだけど…
購入ではなく送られたNFTは、「More(その他)」の「Hidden(非表示)」に入っている可能性があります。

>>>送ってもらったNFTが見あたらない時の対処法

WETHとかポリゴンって何?

WETHとかポリゴンって何?

黒ETHは、いわゆる普通のETH。
赤ETHは、WETH(ラップされたETH)。オファーやオークションで使います
紫ETHは、ポリゴンチェーンのETH。イーサリアムチェーンとは別のブロックチェーン(ポリゴン)で使用します。

>>>OpenSeaで使われるETHの違いについて解説

NFTの交換の仕方を教えてほしい

NFTの交換相手をDealsで検索する
NFTの交換相手をDealsで検索する

メニューから「Account」を選び、「Make a deal」をタップ。

NFTの交換相手をDealsで検索する

検索窓に交換したい相手の情報を入力します。

NFTの交換の仕方を教えてほしい
NFTの交換の仕方を教えてほしい

交換したNFTと自分のNFTを選んで、メタマスクで承認すればOKです。

>>>OpenSeaでNFTを交換する方法

最後に:次はNFTを買ってみよう

OpenSeaを始めたら、いよいよNFTの購入です。
目当てのNFTを探して、挑戦してみましょう!

>>>初心者がゼロからOpenSea(オープンシー)でNFTを買う方法

【手数料を払っていたら無料にできます】

知らないと損をします!

無料にできる手数料

メタマスクへ送金→2,500円
販売所でETHを購入→最大5%(10万円の売買で5,000円)

GMOコインなら

・送金手数料が無料
・取引所(板取引)でETHが買える

※人気のコインチェックは「販売所」でしかETHが買えません

>>>販売所と取引所の違い

大事なお金を手数料で減らさないために、普段使いはGMOコインを利用しましょう!

GMOコインをすすめる理由4選

\ 無料・最短10分 /

>>>無料で口座開設をする

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

【初心者でも安心!手軽に始めるNFT体験】

NFTを始める手順は5ステップ

1.無料で口座開設をする
2.日本円を両替する
3.web用の財布をつくる
4.財布にお金を入れる
5.NFT売り場で買う

NFTを買う手順はコチラ

【スマホもOK】OpenSea(オープンシー)の始め方・使い方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ