暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

【OpenSea】NFTを安く買う方法・オファーのやり方を解説(実例あり)

この記事はプロモーションを含みます

このNFTもう少し安ければ買うのになぁ

NFTを安く買う方法を知りたい


オファー注文のやり方を教えてほしい


NFTって言い値でしか買えないの?

こんな悩みを解決します。

結論から言うと、NFTを安く買う方法は「売値より安い価格でオファー注文をする」です。

この記事では、NFTのデパート「OpenSea」でオファー注文する方法を解説します。

この記事でわかること
  • OpenSeaにあるNFTを希望価格でオファーする方法
  • オファーに必要な通貨(WETH)の入手方法

この記事を読むことで、ほしかったNFTをお得に買うことができるようになるので、やり方をマスターしておきましょう。

手数料で2,500円オトク


取引所からメタマスクへ送金すると、数百円〜2,500円の手数料が発生します。
※コインチェック・ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインをつかえば無料にできます。
大切なお金を手数料で減らさない!
損をしないために、普段づかいは無料で送金できるGMOコインを利用しましょう!

送金・出金手数料が無料

>>>無料で口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • NFT保有数:600点以上
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

OpenSeaでNFTを買う3つの方法

OpenSeaでNFTを買う3つの方法

世界最大のNFTマーケットプレイスOpenSeaでは、NFTの買い方が3通りあります。

OpenSeaでNFTを買う3つの方法
  • 固定価格で買う
  • オークションに参加して買う
  • オファーして買う

「固定価格で買う」は、売りに出された値段で買う、一番普通の買い方。

「オークションに参加して買う」は、文字通り。
開催されているオークションに参加し、入札して買います。

「オファーして買う」が、この記事で解説する方法。
自分が買いたい価格で注文して買う方法です。
※オファーが承認されたら安く買えますが、承認されなければ買えないことはご理解ください。

>>>NFTが買えるマーケットプレイスおすすめ12選 

OpenSea(オープンシー)のオファー注文はWETHでする

OpenSea(オープンシー)のオファー注文はWETHでする

OpenSeaでオファー注文するとき、GMOコインなど取引所で購入したままのETH(イーサ)では買うことができません。

まずは、WETHを用意しましょう。

>>>OpenSeaで使われるETH(イーサ)の色の違いについて解説 

まだETH(イーサ)を持っていなければ、WETHが手に入らないので無料で口座開設をし、ETHを手に入れておきましょう。

\ 無料、10分で完了 /

>>>無料でGMOコイン口座を開設する

OpenSeaで黒ETHを赤ETH(WETH)に変換する

スマホのメタマスクで解説しますが、パソコン版も同様にできます。

メタマスクのブラウザ
メタマスクのブラウザ

ETHを手に入れたら、ブラウザからOpenSeaをひらきます。
↓コピペしてください。

https://opensea.io/ja

OpenSeaが初めての方はコチラの記事 を参考に、アカウントを作成しておきましょう。

OpenSeaで黒ETHを赤ETH(WETH)に変換する

右上のメニューをタップ。

OpenSeaで黒ETHを赤ETH(WETH)に変換する

「Connect wallet」をタップ。

OpenSeaで黒ETHを赤ETH(WETH)に変換する

MetaMaskをタップします。

OpenSeaで黒ETHを赤ETH(WETH)に変換する

黒ETHの右側「点」をタップし「Wrap」をタップ。

OpenSeaで黒ETHを赤ETH(WETH)に変換する

変換する通貨「ETH→WETH」を確認し、金額を入力して「Wrap ETH」をタップで完了。

ETHをWETHに変換できました!

OpenSeaでオファー注文をする2つのやり方

OpenSeaでオファーする2つのやり方
  • 狙った1点のNFTに対してオファーする
  • コレクション全体にオファーする

狙った1点のNFTに対してオファーする

「このNFTがほしい!」と決まっている場合のオファーのやり方です。

OpenSeaでオファーする2つのやり方

めたばっちで、オファーをしてみます。

>>>めたばっちとは? 

OpenSeaでオファーする2つのやり方

ほしいNFTを選び、タップして詳細ページを開きます。

OpenSeaでオファーする2つのやり方

0.03ETHの固定価格よりも安く買いたいので「Make offer」をタップ。

OpenSeaでオファーする2つのやり方

確認して、チェックを入れます。

OpenSeaでオファーする2つのやり方

Floor price(コレクションの最低価格)を考慮して、希望金額を入力。
オファーを出す期間を決めたら「Make offer」をタップ。

OpenSeaでオファーする2つのやり方

署名をしたら、オファー完了。
※初めてオファーする時は、別途メタマスクで承認が求められます。

OpenSeaでオファーする2つのやり方

オファーを出したページを下にスクロールすると「Offers」に一覧が表示されます。
キャンセルしたいときは「Cancel」をタップします。
ガス代がかかるので、オファー期限が過ぎるまで放置しておくのがいいかもしれません。

>>>OpenSeaでガス代が発生するタイミングはいつ? 

【実例】オファーが承認されて安く買えました!(個別オファー)

OpenSeaでオファーする2つのやり方
オファーを出して1日後に、承認されました!

0.03ETH(固定価格)- 0.024ETH(オファー価格)=0.006ETH(約1,300円)

そのまま買うよりも、1,300円ほど安く買うことができています!

NFTコレクション全体にオファー注文をする

「このNFTがほしい!」ではなく、「このコレクションの中から何でもいいからほしい!」という場合は、コレクションオファーをします。

OpenSeaでオファーする2つのやり方

めたばっちで、コレクションオファーをしていきます。

OpenSeaでオファーする2つのやり方

画面をスクロールすると下部に「Make collection offer」が表示されるのでタップ。

OpenSeaでオファーする2つのやり方

確認し、チェックを入れます。

OpenSeaでオファーする2つのやり方

Floor price(コレクションの最低価格)を考慮して、希望金額を入力。
コレクション全体にオファーなので、希望数量も選べます。
オファーを出す期間を決めたら「Make offer」をタップ。

OpenSeaでオファーする2つのやり方
署名をしたら、オファー完了。
※初めてオファーする時は、別途メタマスクで承認が求められます。
OpenSeaでオファーする2つのやり方

コレクション全体にオファーしたので、コレクション内すべてのNFTにオファーされます。
キャンセルしたい場合は、どれか一つNFTを選び、Ofeersの中から「Cancel」をタップで完了。
ガス代がかかるので、オファー期限が過ぎるまで放置しておくのがいいかもしれません。

>>>OpenSeaでガス代が発生するタイミングはいつ? 

【実例】オファーが承認されて安く買えました!(コレクションオファー)

OpenSeaでオファーする2つのやり方
こちらも1日後にオファーが承認されました!

0.0278ETH(コレクション最低価格)- 0.023ETH(オファー価格)=0.0048ETH(約1,050円)

ふつうに買うよりも、1,050円ほど安く手に入れることができています!

オファー注文はガス代がかからないのでお得

オファー注文はガス代がかからないのでお得
オファー注文は、オファーを受けた側(売り手)がガス代を負担します。
さらに、OpenSeaの場合、オファーキャンセル時にガス代がかかりません。

数百円〜かかるガス代が節約できるのはお得ですね。

>>>OpenSeaでガス代が発生するタイミングはいつ?

まとめ:NFTを安く買う方法はオファー注文

狙っているNFTを「もう少し安ければ買いたい」という時は、オファー注文をしてみると希望価格で買えるかもしれません。

・このNFTがほしい!場合は、個別にオファー。
・このコレクションの中なら何でもイイ!場合は、コレクションオファー。

それぞれ使い分けてお得にNFTをゲットしちゃいましょう。
ただし、安すぎるオファー価格では承認されませんよ。

OpenSeaでオファー注文する手順は3つ

OpenSeaでオファー注文する手順

仮想通貨取引所でETHを購入
2.OpenSeaでETHをWETHに変換
3.希望価格をつけてオファーする

【手数料を払っていたら無料にできます】

知らないと損をします!

仮想通貨取引所の口座から、直接NFTを購入することはできません。
NFTは、メタマスクをつかって取引をします。
つまり、仮想通貨取引所からメタマスクの送金は必須です。

必須である送金手数料が無料になったら、大きな節約に!

コインチェックやビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインなら

送金手数料は無料です!

大事なお金を手数料で減らさないために、普段つかう口座はGMOコインにするべきです!

GMOコインをすすめる理由4選

\ 無料・最短10分 /

>>>無料でGMOコイン口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

【OpenSea】NFTを安く買う方法・オファーのやり方を解説(実例あり)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ