暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

【初心者向け】OpenSeaで使われるETHの違いについて解説|WETH,Polygon

この記事はプロモーションを含みます
さぁETHを買ったからNFTを買おう」とOpenSeaを見ていると黒・赤・紫のアイコンが…

この記事ではOpenSeaで使われる3種類のETH(イーサ)について解説します。

手数料で2,500円オトク


取引所からメタマスクへ送金すると、数百円〜2,500円の手数料が発生します。
※コインチェック・ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインをつかえば無料にできます。
大切なお金を手数料で減らさない!
損をしないために、普段づかいは無料で送金できるGMOコインを利用しましょう!

送金・出金手数料が無料

>>>無料で口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • NFT保有数:600点以上
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

黒・赤・紫の違いと役割

ethの違い

黒ETH

黒ETHは、いわゆる普通のETH。
ビットフライヤーやGMOコインなどの国内取引所で購入できるものです。

「定価販売」されているNFTを即決で買う時に使います。
取引所からETHを買えば、そのままほとんどのNFTを買うことができます。

また見かける頻度が少ないですが、「ダッチオークション(価格が少しずつ下がっていく形式のオークション)」でも使用されます。

赤ETH(WETH)

赤ETHはWETHと呼ばれ「Wrapped ETH」(ラップされたイーサ)の略になります。

「オークション」「オファー」で買う時に使います。
オークションは、だんだん価格が上がる入札方法。
オファーは「この価格で買います!」と注文を入れて、売り手がOKすると買うことができます。

赤ETH(WETH)の入手方法

赤ETHは、黒ETHから交換できます。
OpenSea
OpenSeaにウォレットを接続し、
右上のウォレットアイコン→黒ETHの右点→Wrap
の順にクリックします。
変換
「ETH」から「WETH」になっていることを確認し、
変換したい数量をいれて「Wrap ETH」をクリック。

メタマスクでガス代(手数料)の確認をし、ボタンを押して完了。

>>>OpenSeaでガス代が発生するタイミングはいつ?

紫ETH(Polygon)

紫ETHはPolygon(ポリゴン)チェーンで使用されるETH
イーサリアムチェーンを改良し、ガス代(手数料)を安く利用できるようにしたチェーン。

ポリゴンチェーンはガス代(手数料)が数円と格安で売買できるため、初心者に人気です。
また、無料でNFTを配布する時によく使われています。

ただし、利用者数はイーサリアムチェーン(黒・赤ETHで買えるもの)に比べて圧倒的に少ないです。

MetaMask(メタマスク)でPolygon(ポリゴン)をつかえるようにする方法

MetaMaskにPolygon
メタマスクをひらき、右上のアイコンをクリック
MetaMaskにPolygon
設定をクリック
MetaMaskにPolygon
メニューを下にスクロールし、「実験的」をクリック
MetaMaskにPolygon
メニューを下にスクロールし、「カスタムネットワークリストを表示」をオンにします
MetaMaskにPolygon
「イーサリアムメインネット」よこの矢印をクリックし、「ネットワークを追加」
MetaMaskにPolygon
「Polygon Mainnet」を「追加」します
MetaMaskにPolygon
承認します。
MetaMaskにPolygon
ネットワークが追加されたので「Polygon Mainnetに切り替える」をクリック
MetaMaskにPolygon
内容を確認して「了解」をクリック。
MetaMaskにPolygon
メタマスクに紫ETHであるPolygon(MATIC)が追加されました!

ちなみにMATICは無料でもらえる裏技があります。
やり方は、「無料でMATIC入手してメタマスク送る方法」を参考にしてください。

紫ETH(Polygon)の入手方法

ポリゴン
Polygonのページ でウォレットを接続します。
ブリッジ
「Polygon Bridge」を選択。
数量
交換したい数量を入力し「Transfer」を押して進みます。
注意
確認し「Continue」をクリック。
注意
確認し「Continue」をクリック。
確認
確認し「Continue」をクリック。
ガス代
ガス代(手数料)を確認し「確認」を押すと処理が開始されて完了です。
※時間がかかる場合があるので、しばらく放置します。

よくある勘違いや注意点

黒ETH・赤ETH・紫ETHの価値はすべて同じ

黒ETH・赤ETH・紫ETHはすべて同じ価値です。
1ETH=20万円とすると、黒・赤・紫、すべて20万円になります。
ハイディー

紫ETH(Polygon)が安いわけではないよ

日本円に戻す時は黒ETHに変更する

日本円に戻すために国内取引所にETHを送る時は、黒ETHにしないといけません赤・紫ETHのまま送ると、そのお金は消えてしまいます
ハイディー

文字通り消えてなくなってしまうので注意!

まとめ:OpenSeaで使うETHの色の違いを解説

黒ETH・赤ETH・紫ETHの違いは以上です。

基本的にはGMOコインなどの取引所で購入した黒ETHを、そのまま所持しておき、
赤・紫でほしいNFTがあったら交換するのがよいです。

【手数料を払っていたら無料にできます】

知らないと損をします!

仮想通貨取引所の口座から、直接NFTを購入することはできません。
NFTは、メタマスクをつかって取引をします。
つまり、仮想通貨取引所からメタマスクの送金は必須です。

必須である送金手数料が無料になったら、大きな節約に!

コインチェックやビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインなら

送金手数料は無料です!

大事なお金を手数料で減らさないために、普段つかう口座はGMOコインにするべきです!

GMOコインをすすめる理由4選

\ 無料・最短10分 /

>>>無料でGMOコイン口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

eth

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ