暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

MetaMask(メタマスク)の送金ができない4つの原因と対処法

この記事はプロモーションを含みます

取引所からメタマスクに送金できない

メタマスクから送金ができないんだけど

そんな悩みにお答えします。

メタマスクの送金は

・メタマスク「へ」送金する場合
・メタマスク「から」送金する場合

の2通りあります。

この記事では、どちらケースでも送金できない原因と対処法を解説していきます。
この記事でわかること
  • メタマスクへ送金ができない原因と対処法
  • メタマスクから送金ができない原因と対処法
  • 送金する時の注意点
この記事を読むことで、メタマスクの送金トラブルを解決することができます。

手数料も気にして、自由に送金していきましょう!

手数料で2,500円オトク


取引所からメタマスクへ送金すると、数百円〜2,500円の手数料が発生します。
※コインチェック・ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインをつかえば無料にできます。
大切なお金を手数料で減らさない!
損をしないために、普段づかいは無料で送金できるGMOコインを利用しましょう!

送金・出金手数料が無料

>>>無料で口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • NFT保有数:600点以上
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

メタマスク「へ」送金できない原因と対処法

取引所からメタマスクへ送金できない場合は、以下2つの原因があげられます。

メタマスクへ送金できない原因

原因1:トラベルルールの適用

トラベルルールの適用で送金できない場合

2023年6月から仮想通貨の送金には「トラベルルール」が適用されています。

トラベルルールは、仮想通貨を犯罪者やテロリストの資金として利用させないルール。

送金元と送金先の身元確認が求められます。

>>>仮想通貨のトラベルルールと注意点 

対処法:追加情報を入力

今まで送金できていたのに送金できない場合は、送金先のメタマスクの情報を更新しましょう。

取引所によって異なりますが

・送付目的
・送付人氏名
・送付人との関係

などの情報を追加登録すれば送金できるようになります。

原因2:最低出金額に達していない

最低出金額に達していない

取引所によって異なりますが、仮想通貨によって最低出金額が設定されています。

例えば、GMOコインでイーサ(ETH)を出金する場合の最適出金額は0.1ETHです。

少額を送金する場合は、取引所のルールを確認しましょう。

対処法:条件をクリアする

対処法は、条件をクリアするだけ

GMOコインの場合は、0.1ETH以上、もしくは全額なら送金できます。

ハイディー

全額なら0.001ETHでも送金できるよ!

メタマスク「から」送金(出金)できない原因と対処法

メタマスクから送金できない原因

原因3:ガス代が不足している場合

原因3:ガス代が不足している場合

メタマスクからの送金はガス代がかかります。

ガス代は、ブロックチェーンに記録をするための手数料です。

イーサ(ETH)を送金する時には、イーサ(ETH)でガス代を支払う必要があります。
そのため、メタマスク内の仮想通貨を全額送金することはできないんです。

>>>ガス代(手数料)とは?節約方法も解説 

対処法:ガス代を設定する

解決方法は、十分なガス代を設定すること

メタマスクの場合は、自動的にガス代を設定してくれるので、そのまま処理すればOKです。

>>>メタマスクのガス代を設定する方法 

すでに送金してしまいトランザクションが詰まっている場合

トランザクションが詰まった場合は、以下の4つの方法で解決できます。

・スピードアップでガス代追加
・メタマスクでキャンセル
・メタマスクのアカウントをリセット
・詰まったトランザクションを上書きする

詳しい手順はコチラの記事を参考にしてみてください。

>>>メタマスクのトランザクション詰まりの対処法 

ガス代のETHが足りない場合は、メタマスクに送金する必要があります。

原因4:トランザクションが混雑

原因4:トランザクションが混雑している
送金できない原因で、トランザクションが混雑している場合があります。

トランザクションは、ブロックチェーンの取引のこと。

取引量が多くなると混雑し、処理が完了するまでに時間がかかります。

対処法:しばらく待つ

時間はかかりますが、待てば解決します。
順番に処理されるからです。

ブロックチェーンのトランザクションは、ガス代を高く設定した方が優先的に処理される仕組みです。

余計にお金がかかりますが、あらかじめガス代を高く設定しておくのも対処法の一つです。

トランザクションが混雑しているか確認する方法

イーサリアムのブロックチェーンを利用する場合は、イーサスキャンで確認します。

トランザクションが混雑している場合の対処法

ガス代の「Average(平均)」をみて

・20gwei以下→空いている
・40gwei以上→混雑

1日のうちでも時間帯で上下します。
日本時間だと13時から16時あたりが安い傾向にあるので、チェックしてみましょう。

メタマスクの送金で注意すること

メタマスクの送金の注意点

送金先のネットワークを確認すること

仮想通貨は、違うネットワークに送金してしまうとお金を失ってしまいます

送金先のネットワークを確認すること
ブロックチェーンごとに通貨が違うことを知っておきましょう。

ポリゴンチェーンのETHを、取引所のETHアドレス(イーサリアムチェーン)に送っても、着金しません。
ポリゴンチェーンのETHをイーサリアムチェーンのETHにブリッジ(移動)してから送金しましょう。

ブリッジ(移動)のやり方は「メタマスクでブリッジする方法」を参考にしてみてください。

>>>メタマスクでブリッジする方法 

トラベルルールの確認

トラベルルールが適用されているため、取引所によっては「着金」しない場合があります。

トラベルルールの確認

例えば、GMOコインの場合は、「未反映リスト」と表示されます。

送付元情報を入力すれば着金するので、手順に従って処理をしましょう。

まとめ:MetaMask(メタマスク)で送金できない原因と対処法

メタマスク「へ」送金できない場合の対処法は、

メタマスクへ送金できない原因

メタマスク「から」送金(出金)できない場合の対処法は、

メタマスクから送金できない原因

メタマスクの仮想通貨を日本円に換金する手順は、コチラの記事を参考にしてみてください。

>>>メタマスクから出金して日本円に換金する方法 

最後に、送金手数料も気にしておきましょう。

「ATMの手数料は気にしているけど、仮想通貨の取引所は一つしか使ってないや」だと損しているので注意です!

手数料で2,500円オトク


取引所からメタマスクへ送金すると、数百円〜2,500円の手数料が発生します。
※コインチェック・ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインをつかえば無料にできます。
大切なお金を手数料で減らさない!
損をしないために、普段づかいは無料で送金できるGMOコインを利用しましょう!

送金・出金手数料が無料

>>>無料で口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

MetaMask(メタマスク)の送金ができない4つの原因と対処法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ