暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

【初心者向け】MetaMask(メタマスク)のガス代を設定する方法

この記事はプロモーションを含みます

ガス代って自分で設定できるの?

ガス代の設定方法がわからない

そんな疑問にお答えします。

仮想通貨取引での悩みの一つ、メタマスクのガス代。

高額なガス代に頭を悩ませているあなたに朗報です!

この記事では、初心者でも簡単にできるガス代の設定方法を詳しく解説します。

この記事を読むことで、自分でガス代を設定して仮想通貨・NFTの取引ができるようになります。

手数料で2,500円オトク


取引所からメタマスクへ送金すると、数百円〜2,500円の手数料が発生します。
※コインチェック・ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインをつかえば無料にできます。
大切なお金を手数料で減らさない!
損をしないために、普段づかいは無料で送金できるGMOコインを利用しましょう!

送金・出金手数料が無料

>>>無料でGMOコイン口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

メタマスクでガス代が必要な時

メタマスクでガス代が必要な時

ガス代は、ブロックチェーンに取引を記録するための手数料です。

そのため、NFTの購入など記録が必要な時に発生します。

NFTの購入・売却・送付

メタマスクでガス代が必要な時

NFTの取引は、すべてブロックチェーンに記録されます

自分のウォレット間の移動でもガス代はかかるので、気にしておきましょう。

逆に、ブロックチェーンへ記録しない操作の場合は、ガス代はかかりません。

たとえば、OpenSeaで非表示に入っているNFTを表示する操作。
これは、OpenSeaの表示設定を変更しているだけで、ブロックチェーンとは関係ないからです。

仮想通貨の送金

メタマスクでガス代が必要な時

仮想通貨の送金も、ブロックチェーンに記録されます。

ガス代がかかって大変と思ってたら、ちょっと視点を変えてみましょう。
ガス代を払うだけで個人間の送金ができるってことに。
めんどうな海外送金も、仮想通貨ならガス代だけでできちゃうんですよ。

仮想通貨の交換(スワップ)

メタマスクでガス代が必要な時

メタマスクで仮想通貨をスワップする時も、ブロックチェーンに記録されます。

スワップは、異なる仮想通貨に交換すること

たとえばETHをUSDTに交換するプロセスを仮想通貨のスワップと言います。

仮想通貨のチェーン移動(ブリッジ)

メタマスクでガス代が必要な時

メタマスクで仮想通貨をブリッジする時も、ブロックチェーンに記録されます。

ブリッジは、異なるブロックチェーン間で仮想通貨を移動させること。

たとえば、イーサリアムチェーンのETHを、ポリゴンチェーンのWETHに変更する操作です。

基本的にデフォルト設定でOK

基本的にはメタマスクのデフォルト設定でもOK
メタマスクは、特に設定をしなくても自動的に適切なガス代を設定してくれます。
表示されたガス代のまま「承認」をすれば問題ありません。

ただし、下記の場合は設定が必要になります。

・できれば安くしたい
・クリック戦争に負けないようにしたい

設定方法を紹介していきます。

>>>NFT取引で使われるガス代とは 

メタマスクのガス代を3つから選択する

NFT購入時や仮想通貨の送金時のガス代を、3つの選択肢から選ぶことができます。

3つの選択肢
  • :ガス代を節約できるが、処理に時間がかかる
  • 市場(マーケット):平均的なガス代
  • 積極的(アグレッシブ):ガス代が上がり、処理速度が上がる

上から順に、処理速度が「低速~高速」になると考えて問題ありません。

基本的には「市場(マーケット)」がオススメ。

個人的に「低」を選ぶ時は

・ゆっくりNFTを購入する時
・NFTを別ウォレットに送る時

など急がなくても大丈夫な時に、利用します。

ただし、ブロックチェーンが混み合ってる時は「低」を選ぶと詰まってしまい、処理がエラーになりガス代だけ発生することもあるのは理解しておきましょう。

>>>メタマスクのトランザクション詰まり4つの対処法 

逆に、処理を早くしたい時は「積極的(アグレッシブ)」を選択するとよいです。

スマホアプリで設定する方法は
メタマスクのガス代を3つから選択する

表示されたガス代をタップ。

メタマスクのガス代を3つから選択する

「推奨ガス代を編集」をタップ。

メタマスクのガス代を3つから選択する

「低・マーケット・アグレッシブ」から選択します。

パソコンの場合、

メタマスクのガス代を3つから選択する
メタマスクのガス代を3つから選択する

「サイト提案」か「高度な設定」をクリック。

メタマスクのガス代を3つから選択する

「低・市場・積極的」から選択します。

メタマスクのガス代を手動で設定する

手動で変更できるので、ガス代を「高く or 低く」することができます。

ただし、「低」より低く設定すのは、処理エラーになることがあるのでオススメしません。
ガス代だけかかり、損してしまうからです。
※エラーになるとブロックチェーンに「エラーになった」と書き込むためのガス代が発生。

そのため、ガス代を積んで処理速度を上げる目的で設定することが多くなります。

例:NFTの早押し販売で、どうしても買いたい時

>>>NFTのクリック戦争に勝つ方法 

スマホアプリで設定する方法は

メタマスクのガス代を手動で設定する
メタマスクのガス代を手動で設定する

表示されたガス代をタップ、「推奨ガス代を編集」とすすめ

メタマスクのガス代を手動で設定する

「高度なオプション」をタップします。

調整するのは、
・最高優先手数料
・最高手数料

の2ヶ所。

手入力もできますが、打ち間違えるとそのままガス代になってしまいます。
アグレッシブを選択した後に、「+」で1Gweiずつ上げていくとよいです。

上げれば上げるほど処理は早くなりますが、+50Gweiまでを目安にしましょう。
それ以上は、無駄にガス代がかかるだけになります。

上げる数値は揃えておきます。
最高優先手数料を+10Gweiにしたら、最高手数料も+10GweiにすればOKです。

調整したら「保存」で完了。

パソコンの場合は、

メタマスクのガス代を手動で設定する
メタマスクのガス代を手動で設定する

「高度な設定」か「編集」をクリックします。

メタマスクのガス代を手動で設定する

「優先手数料」を変更した分だけ、「最大基本手数料」を変更すればOKです。

ガス代の用語解説

基本手数料(Base fee)

基本手数料は、ブロックチェーンのネットワークを利用する手数料のこと。

イーサリアムのネットワークが混雑するほど高くなる仕組みで、自分では設定できません。

優先手数料(Priority fee)

優先手数料は、ブロックチェーンの処理を確認する人に支払う手数料です。

優先手数料が多い注文を優先的に処理されます。
チップをはずんで、早くやってもらうイメージ。

自分で設定できるので、高くすることで処理を早められます。

手数料の単位Gwei(ギガウェイ)

手数料の単位であるGweiは、0.000000001ETH(=10億分の1イーサ)です。

まとめ:MetaMask(メタマスク)のガス代を設定する方法

メタマスクのガス代を設定する方法は3つ

ガス代は常に変動しているため、取引が完了するまで正確な金額はわかりません。
そのため、「ここまでならガス代を払います」と設定することで、処理を早めることが可能です。

基本的に、デフォルトのままで問題ないので、いざという時に手動で設定できるようにしておきましょう!

【手数料を払っていたら無料にできます】

知らないと損をします!

無料にできる手数料

メタマスクへ送金→2,500円
販売所でETHを購入→最大5%(10万円の売買で5,000円)

GMOコインなら

・送金手数料が無料
・取引所(板取引)でETHが買える

※人気のコインチェックは「販売所」でしかETHが買えません

>>>販売所と取引所の違い

大事なお金を手数料で減らさないために、普段使いはGMOコインを利用しましょう!

GMOコインをすすめる理由4選

\ 無料・最短10分 /

>>>無料で口座開設をする

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

【初心者でも安心!手軽に始めるNFT体験】

NFTを始める手順は5ステップ

1.無料で口座開設をする
2.日本円を両替する
3.web用の財布をつくる
4.財布にお金を入れる
5.NFT売り場で買う

NFTを買う手順はコチラ

【初心者向け】MetaMask(メタマスク)のガス代を設定する方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ