暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

メタマスクの取引履歴の確認とダウンロードする方法を完全解説|初心者向け

この記事はプロモーションを含みます

メタマスクの取引履歴を知りたい

取引データをダウンロードしたい

税金対象になる取引はなに?

そんな疑問にお答えします。

NFTや仮想通貨の取引をしたら課税対象になると聞いて、慌てる方も多いのではないでしょうか?

大丈夫です。

メタマスクの取引履歴は、たった1分で確認できます。

この記事では、メタマスクの取引履歴を簡単に確認し、ダウンロードする方法を解説します。
課税対象になるタイミング、お手軽に確定申告できるツールの紹介まで知っておくべき情報が満載です。

この記事を読むことで、メタマスクの取引履歴が確認でき、スムーズに確定申告できるようになります

NFTや仮想通貨の取引は、たとえ利益が出ていなくても確定申告が必要です。

とはいえ、膨大な取引履歴から損益を計算するのは「大変 & 時間がかかる & ミスが起きる」の三重苦です。

そこで活躍するのがCRYPTACT(クリプタクト)

取引履歴をアップロードするだけで、最短10秒で仮想通貨の損益計算ができちゃいます。

確定申告の時期に焦らずスムーズな申告をするために、まずは会員登録だけでもしておきましょう。

無料会員で50件の取引で利用できます!

\ 損益計算が最短10秒 /

>>>無料でクリプタクトのアカウントを作る

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • NFT保有数:600点以上
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

メタマスクの取引履歴の確認方法

取引履歴の確認は、1分でできます。

メタマスク内で確認する方法

スマホの場合

メタマスクの取引履歴の確認方法
メタマスクの取引履歴の確認方法

下メニューの履歴アイコンから、確認したい取引をタップすると、

メタマスクの取引履歴の確認方法

取引履歴の詳細が見れます。

PCの場合

メタマスクの取引履歴の確認方法
メタマスクの取引履歴の確認方法

アクティビティから取引をクリックすると、取引履歴が確認できます。

外部サイトで全ての履歴を見る方法

スマホの場合

メタマスクの取引履歴の確認方法
メタマスクの取引履歴の確認方法

Etherscanで表示をタップすると、すべての取引履歴が確認できます。

PCの場合

メタマスクの取引履歴の確認方法

右上から「エクスプローラーで表示」をクリックすると、

メタマスクの取引履歴の確認方法

イーサスキャンがひらき、すべての履歴が確認できます。

取引履歴はネットワーク別に確認

取引履歴はネットワークごとに確認します。

  • イーサリアムの取引→イーサスキャン
  • ポリゴンの取引→ポリゴンスキャン

といっても確認方法は簡単です。

メタマスクの取引履歴はネットワーク別に確認
メタマスクの取引履歴はネットワーク別に確認

上部をタップし、ネットワークを選択すると切り替わります。
ポリゴンスキャンを見る場合は、ポリゴンネットワークを選ぶだけです。

メタマスクの取引履歴はネットワーク別に確認
メタマスクの取引履歴はネットワーク別に確認

アドレス横から「Polygonscan」をタップすると、ポリゴンネットワークの取引履歴が確認できます。

ネットワークについては、「メタマスクのネットワークを追加・切替え方法」も参考にしてください。

取引履歴のダウンロード方法

イーサスキャンで取引履歴を表示したら、ダウンロードは簡単です。

メタマスクの取引履歴のダウンロード方法

取引履歴の一番下にある「CSV Export」をタップし、

メタマスクの取引履歴の確認方法

出力する期間を指定してダウンロードできます。

取引履歴の確認が必要な場面

メタマスクの取引履歴の確認が必要な場面

メタマスクで取引履歴の確認が必要な、以下3つのケースについて解説します。

取引が確定したかの確認

スピードアップでさらにガス代追加

取引状況が混雑していると、なかなか確定しない場合があります。

履歴をチェックして保留中の時は、

  • スピードアップをする
  • 取引をキャンセルする

ことで、取引が詰まっていたら解消しましょう。

他にも、詰まった時の対処として

  • アカウントをリセットする
  • トランザクションを上書きする

方法があるので、「メタマスクのトランザクション詰まり4つの対処法」を参考にしてください。

確定申告の損益計算のため

メタマスクの取引履歴の確認が必要な場面

確定申告のための損益計算をする時に、取引履歴が必要になります。

取引履歴がダウンロードできても、実際の計算はめちゃくちゃ大変です。

損益計算で使える便利なツールを利用しまいましょう。

ハッキング被害の確認

メタマスクの取引履歴の確認が必要な場面

身に覚えがないのに

  • 自分のNFTが勝手に売られた
  • メタマスクのお金がなくなっている

ことは起こりえます。
もちろん起きてほしくないですが、ハッキングの被害にあってしまったら取引履歴の確認は「被害状況」を知るために必須です。

もし被害にあっていたら

  • リボークで承認の取消
  • 接続済みのサイトを切断
  • NFTを別ウォレットに移動

を落ち着いて実行しないといけません。

詳しくは「詐欺被害の対応マニュアル」で解説しているので、参考にしてください。

課税対象になるタイミング

NFTや仮想通貨の取引をすると、税金が発生します。

NFTや仮想通貨の売買で利益が出た時だけではありません

課税対象になるタイミング

交換しただけでも、税金は発生します。

税金が発生するタイミング
  • NFTの購入時
  • NFTの売却時
  • NFTをもらった時
  • ゲームで仮想通貨をもらった時

と、何かをすれば課税されるレベルです。

詳しくは「NFTの取引で税金がかかってくるタイミングは?」で解説しているので、参考にしてください。

確定申告に便利なツール2選

仮想通貨の損益計算は、めちゃくちゃ大変です。

たとえば、取引を1つ見ても

  • 購入した日時
  • 支払った通貨
  • 支払った金額
  • 手数料(ガス代)
  • その時の仮想通貨のレート

の情報が必要になります。

年間で10件くらいなら手作業で何とかなりますが、正直、面倒です。

なので、損益計算を簡単にしてくれるツールを活用しましょう。

損益計算ツール2選

クリプタクト:利用者数No.1

確定申告に便利なツール2選
引用元:クリプタクト

クリプタクトは、

  • 複数の取引所やウォレットをまたいだ取引の損益計算
  • 仮想通貨の時価の参照

など、複雑でめんどうな損益計算を自動化することができます。

「取引履歴をアップロードするだけ」で、あとはクリプタクトが自動的に計算してくれます。

確定申告に便利なツール2選
引用元:クリプタクト

国内の仮想通貨取引所の対応はもちろん、海外取引所や対応コイン数が豊富です。

「無料プラン」で取引件数50件まで利用できるので、まずはお試しでつかってみましょう

\ 無料で50件 試す /

>>>無料でクリプタクトのアカウントを作る

NFT管理できるくん:NFTの保有特典

NFT管理できるくんは、MMPというNFTを持っている人だけが使えるツールです。

MMPは、Mad Member Pass(マッドメンバーパス)の略。
web3最前線で活躍するエンジニア「むなかた氏」が発売しているNFTです。

このNFTを持っていると

  • NFT管理できるくん
  • スナップショットとれるくん
  • ホルダー限定くん
  • NFT配るくん
  • NFTもってるくん

と、大変便利な「〇〇くん」シリーズのツールが使えてしまいます。

そのシリーズの中の一つが「NFT管理できるくん

確定申告に便利なツール2選

メタマスクを接続すると、取引履歴がすべて表示されます。

  • NFTの購入時・売却時のレートで日本円表示
  • 自動で日本円での損益が計算される
  • コレクションや売却月でグループ分けも可能

と、便利すぎる機能が組み込まれています。

NFTなので、1度買えば一生使えます

そして、NFTなので価格は日々変動します。
ちなみに、2024年6月時点では、0.037ETH(約21,000円)です。

MMPの買い方は「MMPの特徴や買い方」で詳しく解説しているので、ぜひゲットしてください。

メタマスクの取引履歴Q&A

メタマスクの取引履歴Q&A

PCの取引履歴がスマホで見れない

メタマスクのアクティビティは、使っている機器ごとになります。

同じウォレットアドレスをつかっていても、

PCで操作→PCのメタマスクのアクティビティだけに表示
スマホで操作→スマホのアクティビティだけに表示

となります。

ただしブロックチェーンには記録されているので、イーサスキャンで見ればスマホでもPCでも全て確認できます。

確定申告はしなくてもバレない?

バレます。
そもそも確定申告は法的義務なので、無申告は違法行為となります。

また税務当局は仮想通貨取引所から情報を入手しているので、申告漏れを発見することが可能です。

もしも無申告が発覚したら、ペナルティとして追加の納税義務が発生してしまうので、結果的に支払額が増えてしまいます。

計算が面倒なので、クリプタクトなどの簡単ツールを使い、必ず確定申告をしましょう。

イーサスキャンの見方を知りたい

イーサスキャンは以下のことができます。

  • 取引履歴の確認
  • 承認状況の確認
  • ウォレット情報の確認
  • ガス代の確認
  • ERC-20、ERC-721などトークン情報の調査
  • リボーク(送付許可の取り消し)

イーサスキャンの使い方と見るべき3つのポイント」で詳しく解説しているので、参考にしてください。

メタマスクの使い方を教えてほしい

メタマスクの使い方については「初心者でもわかるメタマスクの使い方を徹底解説」で紹介しているので、参考にしてください。

まとめ:MetaMask(メタマスク)の取引履歴を確認・ダウンロードする方法

メタマスクの取引履歴を確認・ダウンロードする方法を解説しました。

損益計算ツール2選

イーサスキャンを活用し、取引履歴をCSV形式で保存する方法を理解しておきましょう。

そうすることで、確定申告がスムーズにできるようになりますよ

NFTや仮想通貨の取引は、たとえ利益が出ていなくても確定申告が必要です。

とはいえ、膨大な取引履歴から損益を計算するのは「大変 & 時間がかかる & ミスが起きる」の三重苦です。

そこでCRYPTACT(クリプタクト)を紹介します。

取引履歴をアップロードするだけで、最短10秒で仮想通貨の損益計算ができちゃいます。

確定申告の時期に焦らずスムーズな申告をするために、まずは会員登録だけでもしておきましょう。

\ 損益計算が最短10秒 /

>>>無料でクリプタクトのアカウントを作る

メタマスク 取引 履歴,メタマスク 取引履歴,メタマスク 取引履歴 ダウンロード,

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ