暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

MetaMask(メタマスク)でスワップする方法|メリット・デメリット

この記事はプロモーションを含みます

メタマスクのスワップって何?

ETHをWEHTにスワップしたい

そんな疑問にお答えします。

メタマスクは、ウォレット内で仮想通貨を交換できる「スワップ」機能を持っています。

スワップは、同じブロックチェーン上の仮想通貨同士を交換すること。

この記事では、メタマスクでスワップする方法と、メリット・デメリットを解説します。
この記事を読むことで、メタマスクでETHをWETHに交換することができるようになります。

メタマスクでスワップするメリット・デメリットについても知っておきましょう!

手数料で2,500円オトク


取引所からメタマスクへ送金すると、数百円〜2,500円の手数料が発生します。
※コインチェック・ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインをつかえば無料にできます。
大切なお金を手数料で減らさない!
損をしないために、普段づかいは無料で送金できるGMOコインを利用しましょう!

送金・出金手数料が無料

>>>無料でGMOコイン口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

メタマスクでスワップ(Swap)する手順

今回は、ETHをWETHに交換していきます。
WETHは、OpenSeaのNFTをオークションやオファーで入札する時に使います。
メタマスクでスワップ(Swap)する手順
メタマスクでスワップ(Swap)する手順

下メニューから「スワップ」を選びます。

メタマスクでスワップ(Swap)する手順

パソコンの場合は「スワップ」をクリック。

メタマスクでスワップ(Swap)する手順
メタマスクでスワップ(Swap)する手順

交換する数量を入力し、通貨を選びます。

ETHからスワップで交換できる通貨例
  • WETH(Wrapped Ether)
  • MATIC(Matic Network Token)
  • USDT(Tether USD)
  • USDC(USD Coin)
  • DAI(Dai Stablecoin)
  • BUSD(Binance USD)
  • UNI(Uniswap)
  • SHIB(SHIBA INU)
  • WBTC(Wrapped BTC)
  • PEPE(Pepe) など
メタマスクでスワップ(Swap)する手順
メタマスクでスワップ(Swap)する手順

「クォートを入手」をタップし、ガス代や手数料を確認したら「右にスワイプ」するとスワップ完了です。

クォートを入手とは、メタマスクが複数の取引所から最安値でスワップを選んで見積もりを出すことです。

メタマスクのスワップの仕組み

MetaMask(メタマスク)でスワップする方法|メリット・デメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ