暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

【簡単】MetaMask(メタマスク)からNFTを送る方法

この記事はプロモーションを含みます

メタマスクに入ってるNFTを友だちに送りたい

メタマスクからNFTって送れるの?

そんな疑問にお答えします。

この記事では、初心者でも簡単にNFTを送信できるように説明していきます。
安全な送信方法、アドレスの確認方法、そしてガス料金の最適化のコツまで、全てをカバー。

また、よくある間違いや注意点も紹介しているので、安心してNFTを送ることができます。

この記事でわかること
  • メタマスクからNFTを送る手順
  • 手数料を安くする方法
  • NFTを送る時の注意点
この記事を読むことで、メタマスクから安全にNFTを送れるようになります。

どんどん便利になるメタマスクの機能を、使いこなしていきましょう!

手数料で2,500円オトク


取引所からメタマスクへ送金すると、数百円〜2,500円の手数料が発生します。
※コインチェック・ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインをつかえば無料にできます。
大切なお金を手数料で減らさない!
損をしないために、普段づかいは無料で送金できるGMOコインを利用しましょう!

送金・出金手数料が無料

>>>無料で口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • NFT保有数:600点以上
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

メタマスクからNFTを送信する手順

メタマスクからNFTを送信する手順
メタマスクからNFTを送信する手順

スマホ、パソコンともにメタマスクをひらき「NFT」をタップします。

メタマスクからNFTを送信する手順

送付するNFTを選んでタップします。

メタマスクからNFTを送信する手順

送信をタップします。

メタマスクからNFTを送信する手順

Toに送信先のウォレットアドレスを貼りつけます。

ウォレットアドレスは必ずコピペすること。
間違えると送ったNFTを失います。

メタマスクからNFTを送信する手順

メタマスクの場合は、ウォレット名の下をタップするとウォレットアドレスがコピーできます。

メタマスクからNFTを送信する手順
メタマスクからNFTを送信する手順

次へをタップして進めます。

メタマスクからNFTを送信する手順

送信手数料であるガス代を確認して「送信」をタップしたら完了です。

送付手数料を安くする方法

ガス代は、ブロックチェーンに取引を記録するための手数料です。

>>>NFT取引のガス代とは? 

ガス代は変動するので、安くなるタイミングでNFTの移動をすれば手数料を下げることになります。

その方法は3つ

ガス代を設定する
取引量が少ない時間を狙う
ETHが安い時を狙う

ガス代を設定する

メタマスクは自分でガス代が設定できます。
ガス代を低くすると、安くなるけど取引が遅くなるイメージです。

といっても、ものすごく小さい数字にするとエラーになるので、メタマスク内の「低」を選ぶのがよいかと。
手数料(ガス代)を安くする方法

ガス代の見積もりが出た時に、青字をタップします。

手数料(ガス代)を安くする方法

「低」を選択。

手数料(ガス代)を安くする方法

$9.60 → $8.79
と、少しだけ見積もりが下がりました。

取引量が少ない時間を狙う

ガス代は、ブロックチェーン全体の取引量が増えると値上がりします。

手数料(ガス代)を安くする方法
引用元:Ethereum Gas Price Chart
Ethereum Gas Price Chart で、イーサリアムのガス代をチェックできます。
日本時間の20時〜朝は、アメリカ人の活動時間帯でガス代が上がる傾向です。

日本時間の午前中からお昼ぐらいが狙い目

また、何かイベントがあって取引量が増えているとガス代は高くなるので

個人的には「20 Gwei」を目安に、それ以上だったら「高い」、それ以下だったら「安い」

と考えています。

ETHが安い時を狙う

手数料(ガス代)を安くする方法
ガス代はETHで支払います。

そのため、日本円換算でETHが安い時にNFTを送れば、実質的に安く送れたことになります。

NFTを送る時の注意点

NFTを送る時の注意点

正確なアドレスの確認

NFTを送る時の注意点

一番大切なことは、送信先が正確なウォレットアドレスであること。

送信先は、手入力をしないで必ずコピペすること!

間違ったアドレスに送ってしまうと、取り消しはできません。

高価なNFTを送る時は、テストで別のNFTを送付した後に実行した方が安心です。

ウォレットの互換性

NFTを送る時の注意点
メタマスクからメタマスクの場合は問題ありませんが、送付先のウォレットが送るNFTに対応しているかは確認が必要です。

イーサリアムNFTをビットコインのアドレスに送ったら、NFTは受け取れず失ってしまいます。

送信可能なNFTの規格

NFTを送る時の注意点

2024年1月時点では、メタマスクから送付できるNFTの規格が「ERC721」だけです。

NFTを送る時の注意点
「ERC1155」規格のNFTは、送信ボタンが表示されません。

今後、ERC1155も送信できるようになる予定なので、それまではOpenSeaを利用して送付しましょう。

>>>OpenSeaでNFTを他のウォレットに送る方法 

ERC721
それぞれのNFTが個別の特性を持つ「一点もの」の規格

ERC1155
複数のNFTを一度で管理でき、効率的に送受信が可能な規格

まとめ:MetaMask(メタマスク)からNFTを送る方法

OpenSeaなど他サービスを使わずに、メタマスクからNFTが送付できるようになりました。

次々アップデートされ便利になっていくメタマスク。
便利に使いこなしていきましょう!

手数料で2,500円オトク


取引所からメタマスクへ送金すると、数百円〜2,500円の手数料が発生します。
※コインチェック・ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインをつかえば無料にできます。
大切なお金を手数料で減らさない!
損をしないために、普段づかいは無料で送金できるGMOコインを利用しましょう!

送金・出金手数料が無料

>>>無料で口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

【簡単】MetaMask(メタマスク)からNFTを送る方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ