暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

OpenSeaで他のウォレットへNFTを送る方法|移動・保管の手順

この記事はプロモーションを含みます

友達にNFTを送りたい

保管用ウォレットに大事なNFTを送りたい

Giveawayでプレゼントをしたい

そんな悩みにお答えします。

NFTの移動は、送り先のウォレットアドレスを指定するだけで送れます。

この記事では、OpenSeaを利用して、NFTを他のウォレットに送る方法を解説します。

手数料で2,500円オトク


取引所からメタマスクへ送金すると、数百円〜2,500円の手数料が発生します。
※コインチェック・ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインをつかえば無料にできます。
大切なお金を手数料で減らさない!
損をしないために、普段づかいは無料で送金できるGMOコインを利用しましょう!

送金・出金手数料が無料

>>>無料で口座を開設する

今だけ暗号資産の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • NFT保有数:600点以上
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

必要な情報はウォレットアドレス

NFTの送付に必要な情報は、送り先のウォレットアドレスだけです。

ウォレットアドレスは、メタマスクで確認します。
NFTを送る方法

ウォレット名の下をタップするとコピーできます。

他人のアドレスは存在を確認する

他人のウォレットに送る時は、ウォレットアドレスを聞いてください。

NFTを送る方法

教えてもらったウォレットアドレスは、確認しましょう。

間違えたウォレットアドレスにNFTを送ると、NFTがなくなります…

OpenSeaの検索窓にウォレットアドレスを入力すれば、存在を確認できます。

OpenSeaでNFTを送る|トランスファー

メタマスクのブラウザ
メタマスクのブラウザ
OpenSeaを開き 、ウォレットを接続します。

コピペしてください↓

https://opensea.io/

接続
右上の財布アイコンを選択し「MetaMask」を選び、
パスワード
パスワードを入力し「ロック解除」してOpenSeaに接続します。
プロフィール
右上のアイコンから「Profile」ページをひらき、送るNFTを選びます。
トランスファー
右上の「飛行機(トランスファー)」アイコンをクリックします。
ウォレットアドレス入力
Addressに送付先のウォレットアドレスをコピペして「Transfer」ボタンをクリック。

ウォレットアドレスは必ずコピペすること!
間違えたらNFTは消えてなくなります。

ガス代
メタマスクでガス代を確認してボタンをクリックすると、
送信完了
送信は完了です。

複数のNFTをまとめて送る方法

NFTをまとめて送る方法
送りたいNFTの左下をクリック
NFTをまとめて送る方法
「転送」をクリック
NFTをまとめて送る方法
選んだNFTが右側に表示されます。
NFTをまとめて送る方法
続けて、まとめて送るNFTを選択。
右上の「+」をクリックするとチェックマークにかわります。
NFTをまとめて送る方法
すべて選んだら、右側で「続行」をクリック。
NFTをまとめて送る方法
送信先のウォレットアドレスを入力して「Send Items」をクリック。
NFTをまとめて送る方法
メタマスクが起動するので、内容を見て「確認」をクリック。
NFTをまとめて送る方法
NFTコレクションごとに、メタマスクで確認が必要になります。
NFTをまとめて送る方法
最後にメタマスクで「確認」するとNFTが移動されます。
NFTをまとめて送る方法
送信が完了しました!

NFTが送信されたことを確認しよう

自分の保管用ウォレットに送ったので、そちらも確認してみます。
保管用ウォレット
送られてきたのが確認できました。
見当たらない場合は「Hidden」に入ってることがあります。

Hiddenの中には見知らぬNFTが入ってることがありますが、触らないようにしましょう!
売ったりすることでウォレットがハッキングされ、中身を盗まれた被害報告があります。
表に出す

おもてに出すために左下の「…」から「Unhide」をクリックし、
「Continue」をしてメタマスクで承認すると「Collected」に表示されるようになります。

Hiddenに関しては、「送ってもらったNFTが見あたらない時の対処法」で詳しく解説しています。

他人にNFTを送った場合

NFTを送る方法

OpenSeaの検索窓に、送付先のウォレットアドレスを入力するとウォレットが表示できます。

メタマスクからNFTの送信も可能

メタマスクのアップデートで、ERC721規格のNFTはメタマスクから送信できるようになりました。

ERC721:それぞれのNFTが個別の特性を持つ「一点もの」の規格

メタマスクからNFTを送信する手順

NFTのタブから、送付したいNFTを選び、

メタマスクからNFTを送信する手順

送信で、宛先をコピペして送付できます。

さらに詳しくは、「メタマスクからNFTを送る方法」を参考にしてください。

まとめ:NFTの送り方・移動方法

送付先のウォレットアドレスがあればNFTは送れます。

OpenSeaは英語だし、メタマスクで承認することが多いので最初は緊張します。
慣れるとサクッとできてしまいますが、ウォレットアドレスのコピペは慎重にしてください
ハイディー

大事なNFTが、どこかに消えてしまわないように注意!

【手数料を払っていたら無料にできます】

知らないと損をします!

仮想通貨取引所の口座から、直接NFTを購入することはできません。
NFTは、メタマスクをつかって取引をします。
つまり、仮想通貨取引所からメタマスクの送金は必須です。

必須である送金手数料が無料になったら、大きな節約に!

コインチェックやビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインなら

送金手数料は無料です!

大事なお金を手数料で減らさないために、普段つかう口座はGMOコインにするべきです!

GMOコインをすすめる理由4選

\ 無料・最短10分 /

>>>無料でGMOコイン口座を開設する

今だけ暗号資産の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

OpenSeaでNFTを他のウォレットに送る方法【保管用・プレゼント】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ