暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

音楽NFTを売るならここ!おすすめのマーケットプレイス8選

この記事はプロモーションを含みます

音楽NFTはどこで売ればいいのかな?

そんな疑問にお答えします。

音楽NFTを売るためには、NFTの売買ができるマーケットプレイスを利用する必要があります。

この記事では、音楽NFTを扱っているプラットフィームを紹介するので、これからNFTを始めたいミュージシャンはぜひ参考にしてください。

音楽NFTの作り方は、「ゼロから始めるNFTの作成方法」で詳しく解説しています。

この記事を読むことで、音楽NFTを売る場所を選べるようになります。

手数料で2,500円オトク


取引所からメタマスクへ送金すると、数百円〜2,500円の手数料が発生します。
※コインチェック・ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインをつかえば無料にできます。
大切なお金を手数料で減らさない!
損をしないために、普段づかいは無料で送金できるGMOコインを利用しましょう!

送金・出金手数料が無料

>>>無料で口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • NFT保有数:600点以上
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

NFTマーケットプレイスの基本情報

NFTマーケットプレイスは、NFTの売買や取引ができるプラットフォームのことです。
ここではNFTを作成したり、販売や購入することができます。

つまり、「NFT版のメリカリ」とイメージしていただければ大丈夫です。

NFTマーケットプレイスでできる4つのこと
  1. NFTをつくる
  2. つくったNFTを売る
  3. 売っているNFTを買う
  4. 買ったNFTを転売する

マーケットプレイスによっては「NFTの作成機能がない」場合があります。
その場合は、自分で作成し、販売場所としてマーケットプレイスを利用することになります。

音楽NFTを作成する手順

オリジナルのコンテンツがあれば、NFTにして販売するのは簡単にできます。

以下の手順で進めるだけです。

音楽NFTの作り方・売り方
  • コンテンツを準備(音源・ジャケット画像)
  • 無料で口座開設をする
  • 日本円を両替する
  • 財布をつくる
  • 財布にお金を入れる
  • NFTを作成する
  • NFTを販売する

それぞれ詳しい手順は、「ゼロから始めるNFTの作成方法」を参考にして作成してください。

音楽NFTを扱うマーケットプレイスおすすめ8選

OpenSea(オープンシー)

opensea

引用元:OpenSea
OpenSea 世界最大のNFTマーケットプレイスの一つです。

音楽特化のマーケットプレイスではないですが、音楽NFTを作って販売できるので「初心者が基本を学ぶ」には最適なマーケットプレイスです。

>>>初心者がOpenSeaでNFTを売る方法

royal(ロイヤル)

音楽NFTマーケットプレイス

引用元:royal
royal は単に音楽のNFTを売買するだけでなく、NFTホルダーはその音楽に対するストリーミング収益の還元を受けることができるようになっています。

NFTを保有するだけでなく配当の楽しみもあるサービス。
収益はSpotifyなどのストリーミングから発生したものから配分します。

NASなどトップアーティストがリリースしているマーケットプレイスです。

Sound(サウンド)

音楽NFTマーケットプレイス

引用元:Sound
Sound は、ファンとの関係性・アーティストの収益性を重視しているマーケットプレイス。
NFTを買うと曲の好きな場所でコメントを残すことができます。ただし売ってしまうとコメントも消えてしまいます。

音楽NFTを売りたい場合は、応募フォームから申し込みが必要です。
Discord でアーティストとコミュニケーションが取れます。

ROCKI(ロッキ)

音楽NFTマーケットプレイス

引用元:ROCKI
ROCKI はストリーミングサービスと音楽NFTプラットフォームが組み合わさったプラットフォーム。

音楽サブスクリプションサービスがあり、リスナーからのサブスクリプション売上をアーティスに還元しています。
サブスクには無料・有料プランがあり、無料プランのリスナーでも広告を見ることで報酬が得ることが可能。
「ROCKS」という独自トークンで支払いや報酬に使われています。

The NFT Records(ザ・エヌエフティー・レコード)

音楽NFTマーケットプレイス

引用元:The NFT Records
The NFT Records はNFTが音楽流通のメインストリームになることを目指している音楽NFT専用マーケットプレイスです。

音楽NFTを聴くためのプレイヤー開発も視野にいれているサービス。
音楽NFTはブラウザ上でしか聴くことができないので、再生プレイヤーの登場には期待してしまいます。

.mura(ドットミューラ)

音楽NFTマーケットプレイス

引用元:.mura
.mura は「アートワーク×音楽」を1つの作品として扱い、オークション形式で作品を販売しているマーケットプレイスです。

アートワークを単なるサムネイル画像のではなく作品として扱い、高音質・高画質な音源が楽しめます。
出品するためには問い合わせフォームからの申請が必要です。

まだ全体の作品数は少ないですが、小室哲哉、ザ50回転ズがNFT作品を販売しています。

CYPHER(サイファー)

音楽NFTマーケットプレイス

引用元:CYPHER
CYPHER は現在「サービスα版」で、その後「サービスβ版」に移行予定。
α版では利用できるアーティストを制限していますが、TwitterのDM(@cypher123_com )で「販売希望」を受けつけています。

Sound Desert(サウンドデザート)

引用元:Sound Desert公式
Sound Desert は、NTTドコモが運営母体の音楽NFTプラットフォームです。
2023年3月にベータ版がリリースされました。

日本を代表するレゲエアーティストの三木道三さんなどが参加。
アーティストのエントリーも受付けています。

詳しくは、「音楽NFTプラットフォームSound Desertを徹底解説」で解説しています。

まとめ:NFT音楽の売り方・おすすめマーケットプレイス8選

音楽NFTは、今後大きな成長が期待される市場です。

多くの新しいサービスやプラットフォームが登場するので、自分に合ったプラットフォームを見つけていくことをオススメします。

【手数料を払っていたら無料にできます】

知らないと損をします!

仮想通貨取引所の口座から、直接NFTを購入することはできません。
NFTは、メタマスクをつかって取引をします。
つまり、仮想通貨取引所からメタマスクの送金は必須です。

必須である送金手数料が無料になったら、大きな節約に!

コインチェックやビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインなら

送金手数料は無料です!

大事なお金を手数料で減らさないために、普段つかう口座はGMOコインにするべきです!

GMOコインをすすめる理由4選

\ 無料・最短10分 /

>>>無料でGMOコイン口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

音楽NFTマーケットプレイス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ