暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

【簡単】写真をNFTにして収益化!販売までの手順や事例を解説します

この記事はプロモーションを含みます

自分で撮った写真をNFTで販売して稼ぎたい

写真をNFTにするやり方を知りたい

そんな悩みにお答えします。

写真を販売する方法として、以下の方法が一般的でした。

・ダウンロード型販売サイトで売る
・ストックフォトサービスで売る
・ココナラなどで写真のスキルを売る
・ネットショップを開設して売る

そこに登場したのが、デジタルアートの新時代であるNFTです。

この記事では、自分の作品をNFTにして、日本だけでなく世界に向けたマーケットで販売する方法を、初心者にもわかりやすく解説します。

この記事でわかること
  • 写真家のためのNFTの基本
  • 写真NFTのメリット・デメリット
  • NFT写真の成功事例5選
  • NFT写真の始め方
  • NFT写真を売るための11のコツ
  • 始める時の注意点
  • NFT写真に関するQ&A
この記事を読むことで、あなたのクリエイティブな作品を、NFTにして世界中に届ける方法がわかります。
新しい収入源をつくり出してみましょう。

NFT取引で必要な仮想通貨ETHの購入は、手数料で損をしないように注意!

手数料で2,500円オトク


取引所からメタマスクへ送金すると、数百円〜2,500円の手数料が発生します。
※コインチェック・ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインをつかえば無料にできます。
大切なお金を手数料で減らさない!
損をしないために、普段づかいは無料で送金できるGMOコインを利用しましょう!

送金・出金手数料が無料

>>>無料でGMOコイン口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

写真家のためのNFTの基本

写真家のためのNFTの基本

NFTを一言でいうと、デジタルデータに所有権をひもづける技術です。

インターネット上に写真を載せると簡単にコピーができてしまう中、オリジナルとコピーしたものが区別できると注目されています。

一眼レフで撮影した写真やスマホで撮った写真を、デジタル画像として簡単にNFTにすることが可能です。

こうした手軽さから、NFTと写真の相性は良いんです。

>>>NFTを専門用語なしでわかりやすく解説 

NFT写真5つのメリット

世界で唯一である証明ができる

NFT写真5つのメリット
NFTにした写真には所有者データがひもづいています。
画像自体のコピーはできますが、ブロックチェーンに記録されている所有者データはコピーができません。

著作権侵害が問題視される中、偽物と区別できる技術はメリットの一つです。

>>>ブロックチェーンをわかりやすく解説 

写真があればすぐに始められる

NFT写真5つのメリット

写真をNFTにすること自体は簡単です。

素材がある状態なので、やろうと思ったらすぐに始められます。

フィルムカメラで撮影している場合は、スキャナーで取り込んでデジタル化する必要はありますが、それだけの手間です。

世界中の人に販売できる

NFT写真5つのメリット
NFTの市場はグローバルです。

世界共通の通貨である仮想通貨で売買するので、日本だけでなく世界中の誰でも購入することができます。

新たな収入源になる可能性

NFT写真5つのメリット
引用元:OpenSea
一般人が、写真NFTで1億円以上を売り上げる例もでています。

インドネシアの普通の学生が5年間の自撮り写真をNFTにして、404ETH(約1億2,000万円:2023年11月のレート)を売上げました。

もちろんバズって面白がられて売れていったという経緯はありますが、写真NFTが収入源になる可能性を感じさせる例の一つです。

あらたに2億7千万円を稼ぐ

自撮りNFTで大成功したゴザリ氏。
あらたにミームコイン&NFTを発行し、527ETH(約2億7,000万円:2024年4月レート)を稼いでいます。

ハイディー

す、すごい…

NFT転売時に報酬が還元される

NFT写真5つのメリット
NFTには、一次販売だけでなく二次流通時でも売上の一部が還元される仕組みがあります。

例えば、本が売れた時は作者に印税が支払われますが、ブックオフなど古本屋に売った時には作者への還元はありません。
NFTでは、転売の時もクリエイターに還元されるんです。

ただし、ロイヤリティーの仕組みはNFT売り場であるマーケットプレイスが設定しています。
「ヤフオクに出品されたらロイヤリティはもらえないけど、メルカリではもらえた」みたいに、マーケットプレイスによって異なります。

マーケットプレイスでもタイミングによってロイヤリティの仕組みを変更するので、確認が必要です。
OpenSeaのロイヤリティ遍歴

2021年まで
クリエイター自身がロイヤリティを10%まで設定

2022年11月
OpenSeaのコードをつかえば10%までもらえ、それ以外は0.5%に固定

2024年4月
売り手がロイヤリティを支払うか選択制に。実質的にロイヤリティの撤廃

>>>NFTのロイヤリティとは?

NFT写真のデメリット

NFT写真のデメリットをあげるとすると、以下の1つです。

仮想通貨を扱う必要がある

NFT写真のデメリット
NFTはブロックチェーンの技術をつかうため、ブロックチェーンの通貨である仮想通貨で取引します。

日本円で決済できるマーケットプレイスもありますが、買い手が多いのはETH(イーサ)で取引されるNFTです。

NFTマーケットプレイスは、NFTを売買できる場所のこと。
NFT専用のメルカリとイメージしてもらえればOKです。

仮想通貨に不慣れな人も多いことが、写真NFTのデメリットになります。

>>>NFTが買えるマーケットプレイスおすすめ12選 

NFT写真の成功事例5選

Justin Aversano氏のTwin Flames

NFT写真の成功事例5選
引用元:OpenSea
L.A.在住の写真家Justin Aversano氏の「Twin Flames」は、世界的な投資家やコレクターが購入している人気の写真NFTコレクションです。

3億円以上で取引されたこともあるこのコレクションは、自身が胎内にいる時に亡くした双子の兄弟に敬意を込めて撮影された双子をテーマにしたNFTコレクションで、そのストーリー性も評価されています。

Cath Simard氏のNFTs

NFT写真の成功事例5選
引用元:Cath Simard公式
写真家Cath Simard氏はインスタグラムにアップした写真が人気となり、無断で営利目的に使用されるケースが多かったためにNFT化します。

違法な営利使用に対する問題提起としてNFTとして販売した後は、誰でもダウンロードをして自由に使えるようにしました。

FREE HAWAII PHOTOは100ETHで売却されたので、高画質な写真データのダウンロードを解放しています。

RK(小菅亮輔)氏

【簡単】写真をNFTにして収益化!販売までの手順や事例を解説します

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ