暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

NFTとは?専門用語なしで、わかりやすく解説【初心者むけ】

この記事はプロモーションを含みます
世界中で話題になっているNFTについて、専門用語を使わずにやさしく解説していきます。

NFTは一言でいうと、

「デジタルデータの所有を可能にする技術」です。

この記事を読むことで、NFTのことがわかり、安心して購入できるようになりますよ。

今だけのお得な情報】

暗号資産(仮想通貨)は、どうやって買うの?

はじめは買わなくて大丈夫。
まずは、無料でもらえる「期間限定キャンペーン」を利用しましょう。

たとえばビットポイントは、紹介コードで口座を開設すると1,500円分の暗号資産(仮想通貨)がもらえます

ビットポイントの紹介コードは↓

FVXMVBEBCO

>>>無料でビットポイントの口座を開設する

総額10,000円以上のキャンペーン!
今だけのお得な情報をお見逃しなく。

\ 期間限定 /

>>>暗号資産(仮想通貨)がもらえるキャンペーンをチェックする

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • NFT保有数:600点以上
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

NFTはデジタルデータの所有を可能にする技術

これまでのデジタルデータは、「無限にコピーできるため」所有することが難しかったです。

NFTはデジタルデータの所有を可能にする技術

コレが私の画像だよ!

と言ったところで、コピーしたものと区別がつかないのでどれも同じです。
オリジナルのデータを持っていたとしても、同じものが無限に増やせてしまいます。

つまり、「オリジナルデータの持ち主が特定できない」んです。

ところがNFTは、データの所有者が一瞬で分かります。

NFTはデジタルデータの所有を可能にする技術

「Ownerd by you:所有者はあなたです」と記録されているからです。

所有者の情報はみんな(複数)で管理している

所有者の情報を記録しているのがブロックチェーン

では、NFT所有者の記録はどこにあるの?

インターネット上で、みんなで管理しています。
大勢で管理することで、管理者の中の1人のパソコンがハッキングされて「所有者はBさんです」と書き換えられても、他の全員が違うことを確認できるので、改ざんができません。

正確には管理者の51%以上をハッキングすれば改ざんできるが、書き換えるために数百億円もの資金が必要。
そんなにお金をかけて書き換える意味がないので、事実上、改ざんはできません。

NFTの所有者情報は、つくった日時から、これまでの取引履歴をすべて記録しています。

つまり、「誰がいつ何枚つくって、誰が誰に売ったかという過去の購買履歴がすべて記録されて、その記録が改ざん不可能の上、誰でもいつでも見ることができるもの」なんです。

NFTの勘違い「画像のコピーを防ぐ技術」ではない

NFTで勘違いされることが多いのは、

画像のコピーを防ぐ技術ではない

ことです。
画像自体は右クリックでコピーできます。
ただし、

画像の所有者情報はコピーできません。

NFTの勘違い「画像のコピーを防ぐ技術」ではない
引用元:Larva Labs

たとえば、
世界初のプロフィール画像NFTとして知られるCryptoPunks。
1つのNFTに数千万円〜数億円の価格がついていますが、画像のコピーは誰でもできちゃいます。

NFTの勘違い「画像のコピーを防ぐ技術」ではない

ただし、NFTの情報を見ると2017年からの取引履歴がすべて記録されていることがわかります。

たとえコピーして見た目が同じ画像でNFTを作ったとしても、偽物だと見分けられることができるんです。

>>>取引履歴の記録はイーサスキャンで確認できます

NFTが登場する前は、デジタルデータを所有していなかった

Kindle読み放題サービスとは?Kindle Unlimited
引用元:Kindle Unlimited
デジタルデータの所有は、NFTではじめて実現しました。

つまり、今までは所有をしていなかったということ。

Kindle本はデータで買って持ってるよ

と、デジタルデータを購入して所有していると思っていませんか?

実は、Kindle本で買っているのは「閲覧権:見ることができる権利」です。
所有していません。
Amazonのアカウントが削除されたら、それまで買っていたKindle本はすべて読めなくなります。

他にも

・トランプ元大統領のX(Twitter)アカウントが削除された
・LINEスタンプは、LINEのアカウントがなくなれば使えない
・音楽データはAppleで買ってたら、アカウントがなくなれば…

考えてみると、すべてのデジタルデータは、企業が所有しているものにお金を出して「閲覧・視聴」しているだけだったことが分かります。

NFTは応用の幅が広い

NFTは偽造・コピーができない、つまり偽造されて困るものはNFTとの相性が抜群です。

  • パスポート
  • 免許証
  • 社員証
  • 学生証
  • 卒業証書
  • ライブチケット
現在、コピーされて困っているものってたくさんありますよね。
すべてNFTの技術で解決します。

実例1:千葉工業大学が学位証明書をNFTで発行

千葉工業大学が学位証明書をNFTで発行
引用元:PR TIMES

国内では千葉工業大学がはじめて学位証明書をNFTで発行しています。

NFTが一般的になれば、学歴詐称をすることは不可能です。
記録を調べたら一発でバレます。

また、わずらわしい紙の証明書を発行する手間もなくなりますね。

実例2:電通デジタルが入社証明書NFTを配布

実例2:電通デジタルが入社証明書NFTを配布
引用元:KNOWLEDGE CHANGE

電通デジタルは、2023年4月の入社式で入社証をNFTで配布しました。
その画像はAIアートで作成されていることも話題に。

実例3:聖徳学園が参加証明のNFTを発行

聖徳学園が参加証明のNFTを発行
引用元:PR TIMES

聖徳学園は新設するデータサイエンスコースの説明会に参加した受験生に、参加証明書NFTを発行しました。

あの日、その場所にいた人だけがもらえるNFTは、今後、活用事例が増えていくと予想しています。

配布した記録が残っているので、10年、20年後でも所有者に対してアクションを取ることが可能です。

今NFTが注目されている理由は?

デジタルデータは、簡単にコピーされてしまうので収益化が難しいという問題がありました。
これを解決するのがNFTと言われています。
NFTにすることで、1点モノのアート作品、音楽作品として販売することが可能になったのです。

NFT取引額推移

引用元:ソフトバンクニュース
市場規模は2019年の140億円から2021年は1.5兆円まで急拡大しています。
アート分野を中心に、スポーツ、ファッション、音楽、ゲームなど幅広く活用が進み、年々参入企業は増えています。

話題になったNFT

NFTとなり価値がついたことで高値で取引された例です。

ジャックドーシーのツイート

引用元;ITmedia NEWS
Twitter創業者のジャック・ドーシーCEOの最初のツイートが約3億円で落札。

バンクシーのNFT

引用元:BITTIMES
実際の作品を焼却したバンクシー作品のNFTが約4,150万円で落札。

ビープルのNFT

引用元:AFP BB News
米国人アーティストのビープル作品が約75億円で落札。

NFTをもつことで得られる特典が注目されている

NFTはアート作品を買ったというだけで終わりません。
NFTを持つことで得られる例
  • NFT所有者だけが入れるコミュニティに参加できる
  • NFT所有者は別作品の優先購入権がもらえる
  • NFT所有者に記念NFTなどのプレゼントがもらえる
  • NFTは売ることができ、買値より価格が上がることもある
NFTによって、買う側が単なる消費者ではなく仲間になる。
コミュニティをつくって一緒に成長していく。と変化が起きています。

NFTの使い道については、「NFTは買ってどうする?使い道11選」を参考にしてください。

NFTは何で高額で取引されるの?

物の値段は、需要と供給のバランスで決まります。
  • 売る商品 > 買いたい人 → 価格は安くなる
  • 売る商品 < 買いたい人 → 価格は高くなる

個数限定のスニーカーが、人気があれば価格が高騰するのと同じです。

デジタル作品でも「限定1個でコピーできない」となれば、ほしい人が100人いたら価格が上がるという訳です。

NFTを買う目的は、大きく3つに分類できる

NFTを買う目的は、大きく3つに分類できる
NFT購入目的はさまざまですが、大きく3つに分類できます。
  1. 作品自体を気に入ったから
  2. 好きなアーティストの作品だから
  3. 後で値上がりしたら儲かりそうだから
「3」の投機的な目的で購入する人が出てきたのが、NFTの特徴の一つです。
転売目的で買う対象になっています。

転売で稼いだ実例は、「NFTで副業収入|1ヶ月で66万円稼いだ方法」で解説しているので参考にしてください。

NFTを買うにはどうしたらいいの?

NFTに興味を持ったら、まず買ってみるのがオススメです。
50円くらいの安い作品もあります。

ただし、日本円で売買していないので、仮想通貨を手に入れる必要があります。
NFTの買い方
  1. 無料で両替所の口座開設をする
  2. 日本円から両替する
  3. web用の財布をつくる
  4. 財布にお金を入れる
  5. NFTデパートで買う

誰でもできるNFTの始め方」で購入までの手順を詳しく解説しているので、チャレンジしてみましょう!

NFTを売る方法、作り方は?

NFTを買ってみたら自分でも売ってみるとイイですよ。
実は、オリジナルのコンテンツがあれば、NFTにして販売するのは簡単なんです。
NFTの作り方・売り方
  1. オリジナルのコンテンツを準備
  2. 無料で両替所の口座開設をする
  3. 日本円から両替する
  4. web用の財布をつくる
  5. 財布にお金を入れる
  6. NFTデパートでオリジナルコンテンツをNFTにする
  7. NFTを販売する

ゼロから始めるNFT作成から販売まで」を参考にして、NFT販売にも挑戦してみましょう。

まとめ:NFTを専門用語なしで解説

  • NFTはデジタルデータが唯一無二と証明されたもの
  • 新しい技術で注目され、取引量も拡大している
  • NFTは誰でも買えるし、誰でも制作して売ることができる

NFTは実際に買ってみると、その魅力がわかります。
ぼくの場合、「この画像は世界でただ一つしかなく、自分だけのものなんだ」と考えて思わずニヤけてしまいました。

NFTを始める時は、送金手数料で損をしないように注意をしましょう!

【手数料を払っていたら無料にできます】

知らないと損をします!

仮想通貨取引所の口座から、直接NFTを購入することはできません。
NFTは、メタマスクをつかって取引をします。
つまり、仮想通貨取引所からメタマスクの送金は必須です。

必須である送金手数料が無料になったら、大きな節約に!

コインチェックやビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインなら

送金手数料は無料です!

大事なお金を手数料で減らさないために、普段つかう口座はGMOコインにするべきです!

GMOコインをすすめる理由4選

\ 無料・最短10分 /

>>>無料でGMOコイン口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

NFTを専門用語なしでやさしく解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ