暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

NFTって本当に必要?今さら聞けないNFTの魅力とは

この記事はプロモーションを含みます

わざわざNFTで売る意味ってなに?

なんでNFTなの?

そんな疑問を持っていませんか?

NFTは、デジタルデータでありながら「モノ」として扱える特性を持っています。

そんな特性があるからこそ、NFTにする意味が!

この記事では、作曲家で音楽NFTを販売してきた自分の経験を元に、音楽を例にあげながら「なぜNFTにするのか」について解説します。

NFT初心者でも理解しやすいように、専門用語をつかわないで説明していくのでご安心ください。

この記事を読むと、NFTにすることの意味がわかり、NFTに触れてみるキッカケが得られます。

今だけのお得な情報】

暗号資産(仮想通貨)は、どうやって買うの?

はじめは買わなくて大丈夫。
まずは、無料でもらえる「期間限定キャンペーン」を利用しましょう。

たとえばビットポイントは、紹介コードで口座を開設すると1,500円分の暗号資産(仮想通貨)がもらえます

ビットポイントの紹介コードは↓

FVXMVBEBCO

>>>無料でビットポイントの口座を開設する

総額10,000円以上のキャンペーン!
今だけのお得な情報をお見逃しなく。

\ 期間限定 /

>>>暗号資産(仮想通貨)がもらえるキャンペーンをチェックする

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

従来のデジタルコンテンツの問題点

NFTではないデジタルコンテンツの問題点

デジタルコンテンツの問題点は、コピーできること

コピーできること自体は便利で、

打ち合わせ参加者に、データをメール添付で配布する

など、日常的に活用しています。

音楽の世界では、ブロードバンドの普及とともにMP3が大流行しました。
同時に違法アップロードが蔓延し、社会問題に。

コンテンツとして販売する場合は、売り物がコピーできてしまうと困ります

データのやり取りは、友だち同士で簡単にできちゃいます。
その上、自分の持っているデータはそのまま残るため、気軽に共有してしまいがちです。

NFTも友だちに送れる

NFTではないデジタルコンテンツの問題点

MP3と同様に、NFTも友だちに送ることができます

ただし、送ってしまったら自分の手元のNFTはなくなります

NFTはデジタルデータを「モノ」として扱うから、実際に送っているんです。

コピーして送れるMP3とは、意味が違ってくるのが理解できますね。

リアルグッズとの違い

NFTとリアルグッズとの違い

リアルグッズとの大きな違いは、コストが低いこと

CDだったらジャケットを印刷し、CDをプレスする費用。
イラスト・アート作品だとプリントして額装するなど、製造するためのコストがかかります。
オンライン販売なら、配送料も!

NFTはデジタルで在庫が持てる

NFTとリアルグッズとの違い

NFTも、作品データをつくるまでのコストはリアルグッズと同じです。

しかし、そのままデジタルコンテンツとして販売できます。

グッズにするための製造コストはかかりません

デジタルコンテンツなのに、在庫数を決めた「モノ」として売ることができちゃいます。

NFTだから価値がある訳ではない

NFTだから価値がある訳ではない

「NFTにすると価値がつく」とよく言われますが、少し違います。

現実でゴミに価値がつかないと同じで、ゴミのようなNFTにも価値はつきません

【初心者むけ】NFTに価値がつくのはなぜ?を分かりやすく解説
引用元:CryptoPunks

逆に、約27億円という、とんでもない価値がついたNFTも
高額な美術品と同じで、「世界最古のNFTコレクション」だったりと、価値がつく理由はいくつかありますが、

NFTにすると、価値を見出せるものがある

ということです。

【誤】NFTにすると価値がでる
【正】NFTにすると価値を見出せるものがある

NFTにする5つのメリット

製造コストが低い

NFTにする5つのメリット

デジタルコンテンツは、データができれば、そのまま商品になります

リアルグッズと違い、製造コストがかからないのは大きなメリットです。

在庫はあるがリスクが少ない

NFTにする5つのメリット

NFTは在庫を決めて作成します。

ただし、デジタルデータなので在庫リスクがありません

製作費をかけてつくったグッズが売れ残ったら…

保管する倉庫がイラナイのもGood Pointです。

コレクションできる

NFTにする5つのメリット

NFTは「モノ」として扱えるので、コレクションする感覚が持てます

買うと自分の財布に入り、売れば手元からなくなっていく。

有料・無料を含めて1,000個以上のNFT購入経験をしていますが、自分のものとして所有しているとハッキリ言えます

ハイディー

1個でもNFTを買ってみると、所有の感覚がつかめます!

特典がつけられる

NFTは、持っている人(財布)がわかります

そのため、所有者にプレゼントするなど特典をつけることが可能です。

実際、「クリプトニンジャ咲耶」のNFTを買ったお礼に、グッズをもらいました。

AKB商法と言われる、CDに握手権がついているのと似ていますが

あとから特典をつけることができる

のがNFTのすごいところ

CDだと購入時のみプレゼントができます。
応募フォームに住所を入力してもらうことも可能ですが、10年後、20年後にそのリストは有効かどうかは疑問ですよね。

NFTなら、何十年後でも持ち主がわかるんです。

半永久的に残る

NFTにする5つのメリット

NFTは、インターネットがある限り存在し続けます

そして、特定のプラットフォームに依存していません

たとえば、
AmazonでKindle本を購入していたとしても、Amazonがサービス終了したら読めなくなります

NFTは管理者がいません。
そのため、サービスが終了することはないので、半永久的に残ります。

NFTにするデメリット

NFTは仮想通貨で売買する

NFTは仮想通貨で取引されます。

仮想通貨はさわりたくない。

という考えの人もいるのが、NFTにすることのデメリットと言えます。

最近は、クレジットカードで買えるサービスも出てきました!

NFT市場が小さい

日本人でNFTを買ったことがある人は、2万人くらいと言われています。

買う人が少ないので、売れにくいのがNFTのデメリットです。

だんだん普及していく技術なので、今はまだ市場が小さいとも言えます。

試しに50円のNFTを買ってみる

なんでNFTにするのかが分かったら、より理解を深めるためにNFTを買ってみるのがオススメです。

手に入れないと分からないNFTを所有する感覚が味わえます。

試しに約50円のNFTを持ってみましょう。

NFTの始め方

無料で口座開設をする

GMOコインメタマスクへの送金手数料が無料の仮想通貨取引所です。



コインチェックやビットフライヤーは、送金するたびに0.005 ETH(約2,500円)の手数料が発生します。

送金手数料が無料のGMOコインを利用すれば手数料はタダ。
損しないように普段づかいはGMOコインを利用しましょう。

GMOコインをすすめる理由は4つ。

GMOコインをすすめる理由4選
GMOコインで口座を開設する

GMOコインをひらき、口座開設ボタンをタップします。

無料で口座開設をする
メールアドレスを入力し、届いたメールからパスワードを設定します。
・2段階認証
・個人情報を入力
とすすめ、
無料で口座開設をする
本人確認は、スマホで撮影して送信すればOK。

>>>口座開設のより詳しい手順はコチラ

日本円を両替する

口座開設が完了したら、両替するために日本円を入金します。

日本円を両替する
メニューから「入出金 日本円」を選びます。
振込先の銀行口座が表示されるので、入金します。
日本円を両替する
日本円を入金したらETH(イーサ)と両替です。
安く買うために、「取引所 現物取引」を利用します。
日本円を両替する
「成行」で「買」を選び、取引数量を入力して購入します。

試しに買う場合は、3,000円〜1万円くらい購入してみましょう。
1ETH=50万円の時、1万円は0.02ETHです。

>>>日本円からETHに両替するより詳しい解説はコチラ

仮想通貨を入れる財布をつくる

NFTを購入する通貨「ETH」を買ったので、お金を入れるための財布(メタマスク)を作ります。
仮想通貨を入れる財布をつくる
財布(メタマスク)を公式サイト からインストールします。
メタマスクのパスワード
「ウォレット作成」をクリックし、パスワードを入力します。
シークレットリカバリーフレーズ
「シークレットリカバリーフレーズ」をメモして、入力確認すると設定完了。

>>>メタマスクのより詳しい導入方法はコチラ

メタマスクにお金(ETH)を入れる

銀行にお金を入れたままだと買い物ができないので、財布にお金を移動します。
財布(メタマスク)にお金(ETH)を入れる
スマホは左上メニューをひらいて「入出金 暗号資産」をタップ。
アプリは「預入/送付」をタップします。
ウォレットアドレス
送り先のアドレスは、メタマスクからコピペしてください。

>>>GMOコインからメタマスクに送金する詳しい解説はコチラ

ためしに約50円のNFTを買う

パソコン編へジャンプ

メタマスクのブラウザ
メタマスクのブラウザ
メタマスクから購入ページをひらきます。

https://tukuru.welcome-mint.site/page/bandman-music-nft

↑コピペしてください。

0.0001ETH(約50円)のNFTを買ってみる

Metamask接続をタップします。

0.0001ETH(約50円)のNFTを買ってみる

「接続」をタップ。

0.0001ETH(約50円)のNFTを買ってみる
購入数を「1」にして、「Mint 0.001ETH」をタップ。
※この段階では購入の確定はしていないので、まだキャンセル可能です。
0.0001ETH(約50円)のNFTを買ってみる
「確認」をタップしたら購入完了です!
※ここで「拒否」をクリックすればキャンセルできます。
※ガス代はNFTを買う時にかかる手数料です。
※ガス代の解説はコチラ 

まとめ:なぜNFT?デジタル時代の新たな価値と所有の形

デジタルデータを「モノ」として扱えるNFTの可能性がわかりましたね。

製造コストが低く、在庫リスクがないこと。
コレクションとしての価値、特典の付加、そして半永久的に残るデジタルの所有権。

ガラケーからスマホに変わっていく時、

スマホなんてデカいし意味ないよ

という人が大半だったように、NFTが世の中に浸透していくまでには時間がかかります

ひと足先に、NFTの世界を体験してみてはいかがでしょうか?

【手数料を払っていたら無料にできます】

知らないと損をします!

無料にできる手数料

メタマスクへ送金→2,500円
販売所でETHを購入→最大5%(10万円の売買で5,000円)

GMOコインなら

・送金手数料が無料
・取引所(板取引)でETHが買える

※人気のコインチェックは「販売所」でしかETHが買えません

>>>販売所と取引所の違い

大事なお金を手数料で減らさないために、普段使いはGMOコインを利用しましょう!

GMOコインをすすめる理由4選

\ 無料・最短10分 /

>>>無料で口座開設をする

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

【初心者でも安心!手軽に始めるNFT体験】

NFTを始める手順は5ステップ

1.無料で口座開設をする
2.日本円を両替する
3.web用の財布をつくる
4.財布にお金を入れる
5.NFT売り場で買う

NFTを買う手順はコチラ

NFTって本当に必要?今さら聞けないNFTの魅力とは

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ