暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

【OpenSea】NFTの購入と同時に保管用ウォレットに送る方法【ウォレットの分け方】

この記事はプロモーションを含みます
「購入用」と「保管用」のウォレットを使い分けていますか?
ハッキング被害が多発しているので、今すぐ分けましょう。
「自分は気をつけてるから大丈夫」と思ってた人が詐欺にあっていますよ。

ただ、ウォレットを分けていると、買ったあとにNFTを送るのが面倒。
OpenSeaでは買う時に保管用ウォレットに送付することができます。

この記事は、ウォレットの分け方と、購入と同時に保管用ウォレットに送付する方法を解説します。

手数料で2,500円オトク


取引所からメタマスクへ送金すると、数百円〜2,500円の手数料が発生します。
※コインチェック・ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインをつかえば無料にできます。
大切なお金を手数料で減らさない!
損をしないために、普段づかいは無料で送金できるGMOコインを利用しましょう!

送金・出金手数料が無料

>>>無料で口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • NFT保有数:600点以上
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

ウォレット(メタマスク)を複数つくる

ハッキングは、次々と新しい手口でおこなわれています。
自分は大丈夫と過信することが危険。
ハッキングにあうことを前提の心構えで、
「ハッキングされた時に被害を最小限にする」行動をしていきましょう。

ウォレットを複数つくる方法はカンタンです。
ブラウザのアカウントを複数つくって、それぞれメタマスクを導入すればOK。

Braveで3つのアカウントをつくる

メタマスクが使えるBraveブラウザはプロフィールをわけることができます。

>>>【必見】Braveブラウザのメリット・デメリット

プロフィールの追加方法は
プロフィール追加
上メニューのプロフィールから「プロフィールを追加」をクリック
プロフィール
名前をつけて「完了」します。
アカウント切り替え
プロフィールの切り替えは、右上からできます。

ブラウザのアカウントごとにメタマスクをつくる

複数つくったアカウントごとにメタマスクをインストールします。
ブラウザのアカウントごとにメタマスクをつくる
メタマスク公式サイト をひらく。
メタマスクのパスワード
「ウォレット作成」をクリックし、パスワードを入力します。
シークレットリカバリーフレーズ
「シークレットリカバリーフレーズ」をメモして、入力確認すると設定完了。

>>>メタマスクのより詳しい導入方法はコチラ

3つのアカウントの使い分け

オススメの使い分け方
  • 購入用:購入する最小限の資金で運用(被害にあってもOK)
  • メイン:安全なサイトだけに接続。メインの資金とDiscordのロールで必要なNFTを保管
  • 保管用:大切なNFTを保管
ハイディー

多過ぎても管理が大変なので3つくらいが丁度いいよ

>>>メタマスクで3つのウォレット運用方法

NFTの購入と同時に保管用ウォレットに送る方法【OpenSea】

OpenSeaでは購入時に保管するウォレットを指定できるので、買った後に送付する手間がはぶけます。

NFTの購入と同時に保管用ウォレットに送る方法

OpenSeaで購入するNFTを選び、「Buy now(カートに追加)」をクリック。

NFTの購入と同時に保管用ウォレットに送る方法

右上のカートマークをクリック。

NFTの購入と同時に保管用ウォレットに送る方法

ここで「Send to a different wallet(別のウォレットに送信)」をクリックします。

NFTの購入と同時に保管用ウォレットに送る方法

ウォレットアドレスの入力欄が表示されるので、コピペして「Complete purchase(購入を完了)」をクリック。

NFTの購入と同時に保管用ウォレットに送る方法

ウォレットアドレスはメタマスクのアドレスをタップするとコピーできます。

NFTの購入と同時に保管用ウォレットに送る方法
メタマスクで「確認」をクリック。

これで、NFTの「購入」と「送付」が同時に完了します。

>>>OpenSeaの始め方・使い方

まとめ

ハッキング対策で「購入用」と「保管用」にウォレットを分けることは重要です。
ただ、分けたあとはNFTの送付が面倒。

OpenSeaなら購入と同時に保管用ウォレットにNFTを送付できます。
やり方はカンタンなので覚えておきましょう。
後から送付するとガス代がかかるから損しちゃいますよ。

【手数料を払っていたら無料にできます】

知らないと損をします!

仮想通貨取引所の口座から、直接NFTを購入することはできません。
NFTは、メタマスクをつかって取引をします。
つまり、仮想通貨取引所からメタマスクの送金は必須です。

必須である送金手数料が無料になったら、大きな節約に!

コインチェックやビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインなら

送金手数料は無料です!

大事なお金を手数料で減らさないために、普段つかう口座はGMOコインにするべきです!

GMOコインをすすめる理由4選

\ 無料・最短10分 /

>>>無料でGMOコイン口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

NFTの購入と同時に保管用ウォレットに送る方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ