暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

【ウォレット】Rabby(ラビー)のインストール方法と使い方【メタマスク以外】

この記事はプロモーションを含みます

仮想通貨ウォレットRabby(ラビー)のインストール方法から、メタマスクからインポート、ブラウザでの切り替え方法を解説します。

手数料で2,500円オトク


取引所からウォレットへ送金すると、数百円〜2,500円の手数料が発生します。
※コインチェック・ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインをつかえば無料にできます。
大切なお金を手数料で減らさない!
損をしないために、普段づかいは無料で送金できるGMOコインを利用しましょう!

無料、10分で完了

>>>無料でGMOコイン口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • NFT保有数:600点以上
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億

>>>NFTの始め方はコチラ

もくじ

仮想通貨ウォレットRabby(ラビー)とは?

Rabby(ラビー)は仮想通貨ウォレットです。
  • ネットワークの切り替えをしなくてよい
  • はじめての送金先は警告を出してくれる
  • 署名のリスクチェックをしてくれる
  • ワンクリックでイーサスキャンがみれる
  • Revoke機能がある

などの特徴があります。

Rabby(ラビー)の公式サイトからChromeにインストールする

Chromeブラウザにインストールします。

Rabby(ラビー)のインストール・使い方

Rabbyの公式サイト をひらきます。

Rabby(ラビー)のインストール・使い方

「Download for Chrome」をクリック。

Rabby(ラビー)のインストール・使い方

「Chromeに追加」をクリック。

Rabby(ラビー)のインストール・使い方

「拡張機能を追加」をクリックすると

Rabby(ラビー)のインストール・使い方

Chromeの拡張機能に追加されます。

Rabby(ラビー)でウォレットを作成する

Rabby(ラビー)のインストール・使い方

右上の拡張機能からRabbyをピン留めして、立ち上げます。

Rabby(ラビー)のインストール・使い方

「Next」をクリック。

<日本語訳>
MetaMaskが対応している全てのDappsに接続できます。
Rabby(ラビー)のインストール・使い方
「Get Started」をクリック。

<日本語訳>
秘密鍵はローカルに保管され、お客様だけがアクセスできます。

新しくRabby(ラビー)ウォレットをつくる方法

Rabby(ラビー)のインストール・使い方

新しくRabbyでウォレットを作る場合は「Create New Address」をクリック。

Rabby(ラビー)のインストール・使い方

パスワードを入力して「Next」をクリック。

Rabby(ラビー)のインストール・使い方
注意事項を確認したら「Show Seed Phrase」をクリック。

<日本語訳>
シードフレーズをなくした場合、資産は永久に失われます。
シードフレーズを他人に知られた場合、ウォレットの中身は盗まれます。
シードフレーズはあなたのパソコンの中に保存され、Rabbyはアクセスできません。
アンインストールする前に、シードフレーズのバックアップをしてください。
Rabby(ラビー)のインストール・使い方
シードフレーズが表示されるので、紙に書いて保管します。
※シードフレーズは他人に教えないようにしましょう。知られたらすべて盗まれますよ。

「I’ve Saved the Phrase」をクリック。
Rabby(ラビー)のインストール・使い方
ウォレットが作成できました!
「Done」をクリックします。

MetaMask(メタマスク)からインポートする方法

Rabby(ラビー)のインストール・使い方

「Import My MetaMask Account」をクリック。

Rabby(ラビー)のインストール・使い方

「Import Seed Phrase」をクリック。

Rabby(ラビー)のインストール・使い方

メタマスクで使っているウォレットのシードフレーズ(シークレットリカバリーフレーズ)を入力し、「Confirm」をクリック。

Rabby(ラビー)のインストール・使い方

「Next」をクリック。

Rabby(ラビー)のインストール・使い方
メタマスクからインポートできました。
「Done」をクリック。

>>>メタマスクの導入方法

Rabby(ラビー)の使い方

Rabby(ラビー)のウォレット名を変更する方法

Rabby(ラビー)のインストール・使い方

「インフォメーション」をクリックし、「えんぴつ」を選ぶと編集できます。

Rabby(ラビー)のウォレットアドレスをコピーする方法

Rabby(ラビー)のインストール・使い方
Rabby(ラビー)のインストール・使い方

「コピーマーク」が右上にあるので、クリックします。

Rabby(ラビー)ウォレットのEtherscanを見る方法

Rabby(ラビー)のインストール・使い方

Etherscanマークからワンクリックで表示されます。

Rabby(ラビー)からApprovals(承認)を確認する方法

Rabby(ラビー)のインストール・使い方
「Approvals」をクリックすると、承認したままになっている仮想通貨やNFTが確認できます。
不要なApprovals(承認)はRevoke(否認)しておきましょう。

Rabby(ラビー)とMetaMask(メタマスク)を使いわける方法

通常つかうウォレットをRabbyにする方法

Rabby(ラビー)のインストール・使い方

オレンジ色の「Flip」をクリックします。

Rabby(ラビー)のインストール・使い方

「Confirm」をクリック。

Rabby(ラビー)のインストール・使い方

青でウサギのアイコンが表示されたらOK

通常つかうウォレットをメタマスクにする方法

Rabby(ラビー)のインストール・使い方

青い「Flip」をクリック。

Rabby(ラビー)のインストール・使い方

「Confirm」をクリック。

Rabby(ラビー)のインストール・使い方

オレンジで表示されたらOK

NFTの売買のためにRabby(ラビー)でOpenSeaに接続する

Rabby(ラビー)でOpenSea
Rabbyに切り替えてから、OpenSeaをひらきます。
Rabbyがないけれど「MetaMask」を選択すれば大丈夫。
Rabby(ラビー)でOpenSea

「Connect」をクリック。

Rabby(ラビー)でOpenSea

OpenSeaに接続できました!

まとめ:Rabby(ラビー)

以上、Rabby(ラビー)のインストール・使い方でした。
メタマスクよりも使いやすいという声をちらほら聞きます。

インストールは10分くらいでできるので、試してみては?

【手数料を払っていたら無料にできます】

知らないと損をします!

仮想通貨取引所の口座から、直接NFTを購入することはできません。
NFTは、メタマスクをつかって取引をします。
つまり、仮想通貨取引所からメタマスクの送金は必須です。

必須である送金手数料が無料になったら、大きな節約に!

コインチェックやビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインなら

送金手数料は無料です!

大事なお金を手数料で減らさないために、普段つかう口座はGMOコインにするべきです!

GMOコインをすすめる理由4選

\ 無料・最短10分 /

>>>無料でGMOコイン口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

Rabby(ラビー)の使い方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ