暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

OpenSeaで盗品NFTを見分ける3つの方法と買った場合の対処法

この記事はプロモーションを含みます

・盗難品を買うとOpenSeaで売れなくなるの?
・警告文があるNFTは買わないほうがイイの?
・買ったNFTに警告文がついたんだけど、どうすればイイ?
・盗難品の見分け方を教えてほしい

そんな悩みを解決します。

NFTの詐欺被害は多いです。
「2021年7月から1年間で盗まれたNFTは140億円以上」の調査結果も。

盗まれたNFTは、売りに出されて換金されます。
つまり、盗品が市場に出ているということ。

知らずに買ってしまった人は、悪くありません。
悪いのは盗みをしている人です。

でも、盗品を買うのは嫌ですよね?

この記事では、盗難品のNFTを買わないようにするコツを解説します。
この記事でわかること
  • 盗難品の見分け方
  • 盗難品NFTを買うとどうなるか
  • 盗難品を買ってしまった場合の対処法
この記事を読むことで、盗難品NFTを見分けて買わないようになれます。

楽しくNFTの売買をするために、学んでおきましょう

手数料で2,500円オトク


取引所からメタマスクへ送金すると、数百円〜2,500円の手数料が発生します。
※コインチェック・ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインをつかえば無料にできます。
大切なお金を手数料で減らさない!
損をしないために、普段づかいは無料で送金できるGMOコインを利用しましょう!

送金・出金手数料が無料

>>>無料で口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • NFT保有数:600点以上
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

盗難品のNFTを見分ける3つの方法

盗難品のNFTを見分ける3つの方法
盗まれたNFTは、買いたくないですよね?

盗品かどうかの見分け方を3つ紹介するので、見ていきましょう。

警告文「不審なアクティビティ:suspicious activety」

警告文「不審なアクティビティ:suspicious activety」
OpenSeaでNFTを見ていると「赤い三角」の警告がでているものがあります。

わかりやすいですね。
盗難品です。

盗まれた人がOpenSeaに申請するとつきます。
盗難の通報が入ったばかりの時は「黄色い三角」の場合もあるので、注意しましょう。

フロアプライスと比べて、価格が安すぎる

フロアプライスと比べて、価格が安すぎる
フロアプライス(最低価格)と比べて、安すぎる場合は注意が必要です。

ハッカーはすぐに換金したいので、市場価格より安くして売り抜けようとします。
警告マークがでていないか、短期間に転送が繰り返されていないかを確認しましょう。

ただし、安すぎるNFTがすべて盗品ではないので、チェックするくらいで大丈夫です。
  • お金に困ってすぐ売りたい人
  • 値段をつけ間違えただけ

なんてケースもあるので。

ハイディー

「一桁間違えて出品しちゃったー」と泣いているツイートを見かけることも

転送(Transfer)が短期間に繰り返されている

転送(Transfer)が短期間に繰り返されている
NFTの取引履歴(アイテムアクティビティ)で、短期間で転送が繰り返されていたら注意します。
転送元や、販売しているウォレットを確認したほうがよいです。
転送(Transfer)が短期間に繰り返されている
「アクティビティ」の売買履歴を見て、判断します。

ただし、本人が別ウォレットに移動して販売していることがあるので、見極めは難しいかもしれません。

盗品(詐欺・ハッキング被害)NFTを買うとどうなる?

盗品(詐欺・ハッキング被害)NFTを買うとどうなる?
OpenSeaでは盗難の通報があると、調査をします。
盗難の疑いがあると、警告マークをつけて売買禁止に。

そう、購入者は普通にNFTを買っただけなのに、売れなくなってしまうんです。

困りますね。
対処法を紹介します。

盗品NFTを買ってしまった場合の対処法

NFTプロジェクトの運営に相談

NFTプロジェクトの運営に相談
まず、NFTコレクションの運営チームに相談しましょう。

NFTプロジェクトはDiscordコミュニティを持っていることが多いので、相談するのが一番です。

運営保有分と交換してくれるケースがあります。

>>>【NFTコミュニティ】Discordの使い方 

OpenSeaの警告マークが切れるまで待つ

OpenSeaの警告マークが切れるまで待つ
盗まれた人がOpenSeaに通報後、さらにFBIに被害届をださないと数日〜1ヶ月で「警告マーク」は消えます。

しばらく待ってみるのも、一つの手です。

OpenSea以外のNFTマーケットプレイスで売る

OpenSeaでは売買できなくても、他マーケットプレイスでは売れます。

他で売ってしまい、別のNFTを買うという手もありますね。

>>>NFTが買えるマーケットプレイスおすすめ12選 

OpenSeaに通報する

解決にはなりませんが、OpenSeaに通報することができます。
できれば、詐欺師のアカウントは凍結して、二次被害を防ぎたいですね。
OpenSeaに通報する

詐欺師と思われるウォレットをタップ

OpenSeaに通報する

「レポート(Report)」をタップ。

OpenSeaに通報する

理由を選んで、「レポート」通報します。

まとめ:盗品NFTは買わないように、対処法もチェック

盗品NFTを見分ける方法は3つ

知らずに買ったら、盗品だった場合は4つの対処法を試しましょう。

【手数料を払っていたら無料にできます】

知らないと損をします!

仮想通貨取引所の口座から、直接NFTを購入することはできません。
NFTは、メタマスクをつかって取引をします。
つまり、仮想通貨取引所からメタマスクの送金は必須です。

必須である送金手数料が無料になったら、大きな節約に!

コインチェックやビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインなら

送金手数料は無料です!

大事なお金を手数料で減らさないために、普段つかう口座はGMOコインにするべきです!

GMOコインをすすめる理由4選

\ 無料・最短10分 /

>>>無料でGMOコイン口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

OpenSeaの盗品NFT、見分ける3つの方法と対処法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ