暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

【ロイヤリティあり】Rarible(ラリブル)5つの特徴とNFTの買い方

この記事はプロモーションを含みます

OpenSeaは知ってるけどRaribleって何?

Raribleの特徴を知りたい

RaribleでNFTを買う方法を教えて欲しい

そんな疑問にお答えします。

近年のNFT需要の高まりに比例して、NFTを取引する場所「NFTマーケットプレイス」が次々と登場しています。

その中の一つが「Rarible(ラリブル)」です。

NFTクリエイターに2次流通以降も収益が分配される「ロイヤリティ」
OpenSeaをはじめ多くのマーケットプレイスが撤廃をする中、ラリブルは「ロイヤリティ」を守ることを発表し、注目を集めています。

この記事では、ラリブルの特徴やNFTの買い方を解説します。
この記事でわかること
  • ラリブル5つの特徴
  • ラリブルでNFTを買う方法

この記事を読むことで、ラリブルのことが分かり、NFTを買うことができるようになります。

手数料で2,500円オトク


取引所からメタマスクへ送金すると、数百円〜2,500円の手数料が発生します。
※コインチェック・ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインをつかえば無料にできます。
大切なお金を手数料で減らさない!
損をしないために、普段づかいは無料で送金できるGMOコインを利用しましょう!

送金・出金手数料が無料

>>>無料でGMOコイン口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

Rarible(ラリブル)5つの特徴

Rarible(ラリブル)5つの特徴
ラリブルはNFTの売買や作成ができる「NFTマーケットプレイス」です。

その特徴は以下の5つ。

>>>NFTが買えるマーケットプレイスおすすめ12選 

クリエイターがロイヤリティーを設定

Rarible(ラリブル)5つの特徴
引用元:Rarible
NFTが普及した要因の一つに「ロイヤリティ」があります。

NFTが売れるたびに、売上の数%がクリエイターに還元される仕組み。
この革命的な仕組みに賛同し、多くのクリエイターたちがNFT市場に参入してきました。

ところが、世界最大級のNFTマーケットプレイスOpenSeaをはじめ、多くのマケプレがロイヤリティ撤廃の方向に向かっています。

そんな中

ラリブルは「ロイヤリティを守る」と発信

ラリブルでは、クリエイター自身で最大50%までのロイヤリティを設定できます。

手数料が安い

Rarible(ラリブル)5つの特徴

ラリブルの取引手数料は1%

OpenSeaの2.5%と比較すると、その安さが分かります。
10%くらいかかるAmazonやメルカリと比べてしまうと、激安です。

無料でNFTを作成できる

Rarible(ラリブル)5つの特徴
ラリブルは無料でNFTをつくることができます。

NFTにできるデータは

・PNG
・GIF
・WEBP
・MP4 or MP3

データサイズは100MBまで。
手順通りに進めるだけで簡単に作成できます。

もちろん、ロイヤリティ設定もできますよ。

発行・販売時のガス代も無料

ラリブルでは「lazy minting」を導入したことにより、発行・販売時のガス代が無料でできます。

lazy mintingは、ブロックチェーンの外部で処理を行う仕組み。
通常、NFT取引は、取引記録をブロックチェーンに書き込むための「ガス代」が発生します。
そのガス代をなくすために、販売する段階ではNFTではなく、売れた時にはじめてNFTとして発行されます。

※購入者がガス代を負担。

>>>NFT取引で使われるガス代とは?

4つのチェーンに対応

Rarible(ラリブル)5つの特徴

ラリブルは4つのチェーンに対応しています。

  • Ethereum(イーサリアム)
  • Polygon(ポリゴン)
  • Tezos(テゾス)
  • Immutable X(イミュータブルX)

NFT取引で主要な2つのチェーン「イーサリアム」と「ポリゴン」をカバーしているので、問題ありません。
ただし、Solanaチェーンなど対応外のNFTを取引したい場合は、他のマーケットプレイスを利用することになります。

>>>メタマスクにチェーンを追加する方法 

独自トークン「RARI」

ラリブルでは独自トークン「RARI」を発行しています。

使い道は2つ。

・ラリブルへの投票権
・取引で発生する手数料の支払い

ただし、2022年1月で配布は終了しているため、現在は取引所で売買するしか手に入れる方法はありません。

>>>RARIを扱う取引所「Bybit」

Rarible(ラリブル)でNFTを買う手順|始め方

NFTの始め方

無料で口座開設をする

GMOコインメタマスクへの送金手数料が無料の暗号資産(仮想通貨)取引所です。



コインチェックやビットフライヤーは、送金するたびに0.005 ETH(約2,500円)の手数料が発生します。

送金手数料が無料のGMOコインを利用すれば手数料はタダ。
損をしないように普段使いはGMOコイン
を利用しましょう。

GMOコインをすすめる理由は4つ。

GMOコインをすすめる理由4選

GMOコインで口座を開設する

GMOコインをひらき、口座開設ボタンをタップします。

無料で口座開設をする
メールアドレスを入力し、届いたメールからパスワードを設定します。
・2段階認証
・個人情報を入力
とすすめ、
無料で口座開設をする
本人確認は、スマホで撮影して送信すればOK。

>>>口座開設のより詳しい手順はコチラ

日本円を両替する

口座開設が完了したら、両替するために日本円を入金します。

GMOコインに日本円を入金する
GMOコインに日本円を入金する
メニューから「入出金 日本円」を選択。
振込先の銀行口座が表示されるので、入金します。
GMOコインに日本円を入金する
GMOコインに日本円を入金する
日本円を入金したらETH(イーサ)と両替です。
安く買うために、「取引所 現物取引」を利用します。
日本円を両替する
「成行」で「買」を選び、取引数量を入力して購入します。

>>>日本円からETHに両替するより詳しい解説はコチラ

暗号資産(仮想通貨)の財布(メタマスク)をつくる

NFTを買うお金であるETHを買ったので、お金を入れるための財布を作ります。
MetaMask - Blockchain Wallet
MetaMask - Blockchain Wallet
開発元:MetaMask
無料
posted withアプリーチ

アプリをダウンロードします。

仮想通貨の財布(メタマスク)をつくる
パソコンの場合はメタマスク公式サイト からインストールします。
仮想通貨の財布(メタマスク)をつくる
仮想通貨の財布(メタマスク)をつくる

「開始」から「新規ウォレットを作成」します。

仮想通貨の財布(メタマスク)をつくる
仮想通貨の財布(メタマスク)をつくる

パスワードを入力し、秘密のリカバリーフレーズを紙にメモして入力確認すると完了です。

秘密のリカバリーフレーズは、大切に保管してください。
メタマスクを復元する時に必要になります。

>>>メタマスクのより詳しい導入方法はコチラ

メタマスクにお金(ETH)を入れる

銀行にお金を入れたままだと買い物ができないので、財布にお金を移動します。
財布(メタマスク)にお金(ETH)を入れる
財布(メタマスク)にお金(ETH)を入れる
スマホは左上メニューをひらいて「入出金 暗号資産」をタップ。
アプリは「預入/送付」をタップします。
ウォレットアドレス
送り先のアドレスは、メタマスクからコピペしてください。

>>>GMOコインからメタマスクに送金する詳しい解説はコチラ

Rarible(ラリブル)でNFTを買う

メタマスクのブラウザ
メタマスクのブラウザ

ラリブルを開きます。
↓コピペしてください。

https://rarible.com/

【パソコンの場合】

Rarible(ラリブル)でNFTを買う手順|始め方

ラリブルを開いて、メタマスクを接続します。

Rarible(ラリブル)でNFTを買う手順|始め方
Rarible(ラリブル)でNFTを買う手順|始め方

右上メニューから、「ウォレットに接続」をタップ。

Rarible(ラリブル)でNFTを買う手順|始め方
Rarible(ラリブル)でNFTを買う手順|始め方

メタマスクを選び、接続します。

Rarible(ラリブル)でNFTを買う手順|始め方
Rarible(ラリブル)でNFTを買う手順|始め方

もう一度、署名します。

Rarible(ラリブル)でNFTを買う手順|始め方
利用規約が表示されたら、チェックを入れて続けます。
※Display nameとemailは省略可。
Rarible(ラリブル)でNFTを買う手順|始め方
Rarible(ラリブル)でNFTを買う手順|始め方

検索アイコンから、購入するNFTを探します。

Rarible(ラリブル)でNFTを買う手順|始め方
Rarible(ラリブル)でNFTを買う手順|始め方
今回は「CNP」を購入します。
検索フィルタで「チェーンの種類」「価格」を絞ることができます。

>>>CNP(CryptoNinja Partners)とは? 

Rarible(ラリブル)でNFTを買う手順|始め方
Rarible(ラリブル)でNFTを買う手順|始め方
人気NFTコレクションは偽物に注意しましょう。
公式サイトやX(Twitter)、アドレスをしっかり確認。
「Buy Now」で1点の購入、「+」で複数点を同時購入できます。
Rarible(ラリブル)でNFTを買う手順|始め方
Rarible(ラリブル)でNFTを買う手順|始め方
価格を確認し、支払いに進みます。

メタマスクでガス代の確認をして、「承認」すれば購入完了です!

国内NFTプロジェクトはCAL(キャル)でマケプレを選択

OpenSeaのロイヤリティ撤廃の発表を受けて、

BAYCやCryptoPunksなど世界最大手のNFTコレクションを運営する「ユガラボ」が、2024年2月でOpenSeaのサポートを終了する声明を出しました。
NFTコレクション運営にとって、ロイヤリティ収益は事業継続のための大切な資金になり、とても重要ということ。
※OpenSeaの手数料収益の80%は、「ユガラボ関連のNFTコレクション」から得ています。

一方、国内のNFTプロジェクトは、詐欺被害を減らすために「CAL」というプログラムを導入しているケースが多いです。

CALは、取引できるマーケットプレイスを設定できます。
つまり、ロイヤリティがもらえるマケプレだけを選択できるということ。

今後は、ラリブルのようにロイヤリティOKのマーケットプレイスの需要が高まるかもしれません。

>>>NFTの詐欺防止機能「CAL」を解説 

まとめ:Rarible(ラリブル)の特徴とNFTの買い方

まとめ:Rarible(ラリブル)の特徴とNFTの買い方
引用元:DappRadar
NFTマーケットプレイスのシェアでは、ラリブルはまだまだ少ないです。

ただし、ロイヤリティを保護することで、今後シェアを拡大していく可能性があります。

OpenSea一強の時代が終わりつつあるので、注目ですね。

【手数料を払っていたら無料にできます】

知らないと損をします!

無料にできる手数料

メタマスクへ送金→2,500円
販売所でETHを購入→最大5%(10万円の売買で5,000円)

GMOコインなら

・送金手数料が無料
・取引所(板取引)でETHが買える

※人気のコインチェックは「販売所」でしかETHが買えません

>>>販売所と取引所の違い

大事なお金を手数料で減らさないために、普段使いはGMOコインを利用しましょう!

GMOコインをすすめる理由4選

\ 無料・最短10分 /

>>>無料で口座開設をする

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

【初心者でも安心!手軽に始めるNFT体験】

NFTを始める手順は5ステップ

1.無料で口座開設をする
2.日本円を両替する
3.web用の財布をつくる
4.財布にお金を入れる
5.NFT売り場で買う

NFTを買う手順はコチラ

【ロイヤリティあり】Rarible(ラリブル)5つの特徴とNFTの買い方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ