暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

【NFT】アローリスト(AL)配布方法の変化と、もらうために必要なたった1つのこと

この記事はプロモーションを含みます

アローリスト(AL)はNFTプロジェクトの優先購入権です。
アローリストを持っていると、先行販売で安くNFTを購入することができます。

「安く買えるならほしい」と誰もが考えますが、カンタンにはもらえなくなりつつあります
そんなアローリストをもらうコツは

「いい人であること」です。

この記事では、アローリスト配布方法の変化と、もらうためにしておくことを解説します。

手数料で2,500円オトク


取引所からメタマスクへ送金すると、数百円〜2,500円の手数料が発生します。
※コインチェック・ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインをつかえば無料にできます。
大切なお金を手数料で減らさない!
損をしないために、普段づかいは無料で送金できるGMOコインを利用しましょう!

送金・出金手数料が無料

>>>無料で口座を開設する

今だけ暗号資産の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • NFT保有数:600点以上
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

アローリスト/アラウリスト(Allow List / AL)は優先購入権

アローリスト(Allow List)は、直訳すると許可リスト。
NFTでは、買うことを許可された人のリスト、つまり「優先購入権」のことを指します。

ALを持っていると、安い価格で先行販売に参加できるプロジェクトが多いです。
優先購入権であるアローリスト/アラウリスト(Allow List / AL)とは?
引用元:Crypto Beer Punks
たとえば、2022年12月22日にリリースされた「Crypto Beer Punks」

AL持っている人だけ対象
先行販売1(PreSale)2022.12.22 19時〜 価格0.04ETH
先行販売2(PreSale)2022.12.22 20時〜 価格0.04ETH

誰でも買える
一般販売(Public Sale)2022.12.23 19時〜 価格0.05ETH

と、ALを持っているとお得に買えることがわかります。

より詳しくは「NFTのアローリスト/ホワイトリストとは?」を参考にしてください。

アローリスト(AL)とホワイトリスト(WL)の違い

アローリスト(AL)とホワイトリスト(WL)の違い【優先購入権】

アローリスト(AL)とホワイトリスト(WL)は、どちらも同じ「優先購入権」のこと。

違いはありません。

2022年9月くらいまで優先購入権は「ホワイトリスト(WL)」と呼ばれていました。
しかし、「ホワイト」という言葉には差別的な意味合いが含まれるとのことで、あらたに「アローリスト」と言葉を変えて使われています。

「ホワイトリスト」の対義語は「ブラックリスト」
色にポジティブ・ネガティブな意味をつけて表すのは好ましくないという考え方あるため、なるべく使わないようになっています

アロウリスト(AL)配布方法の変化

アロウリスト(AL)の配布方法が変わってきました。
STEP
giveaway(贈呈)
STEP
contribute(貢献)
STEP
examination(審査)

これまでは「giveaway(贈呈)」

AL配布方法の変化「giveaway(贈呈)」

まだ国産ジェネラティブコレクションが少なかった頃は、ALは大量に配られていました。

  • X(Twitter)のいいね&リツイートで配布
  • コミュニティメンバーに配布
運営側は、手間がかからず大量に見込み客を集められます。
ただし、入手がカンタンなので複数アカウントをつくったりと、不正な取得も目立ちました。

結果、プロジェクトに興味がない人が、初期に安く買ってすぐに転売する事例が増えます
「日本のプロジェクトはカンタンに稼げる」と海外短期トレーダーも増加しました。

「contribute(貢献)」に移行

AL配布方法の変化「contribute(貢献)」
NFTを買ってすぐ転売される事例が増えると、価格が下がり、プロジェクトの価値も下がってしまいます。
そのため運営側は、「自分たちのプロジェクトに興味がある人」にALを配るようになりました。
AL配布方法の変化「contribute(貢献)」
引用元:わふくジェネ
2022年8月28日にリリースされた「わふくジェネ」
ALをもらうためには、多くの条件がありました。

X(Twitter)スペースに参加したり、ファンアートを描いたり、と買い手側からすると大変です。
つねにプロジェクト情報を追わないといけないので、時間がある人が有利になります。

そして、ALもらうために疲弊する人が出てきて、「アローリスト疲れ」という言葉も生まれます。
AL配布方法の変化「contribute(貢献)」
過去にリリースしたNFTを持っている人にALを渡すこともあります。
昔から応援してくれる人なので、対象としては文句なしです。

この方法は今後も使われますが、1つ問題があります。

・新しいお客さんが増えない

次々に新しいプロジェクトをリリースするコミュニティがありますが、「新しいのを買ったら、前に買ったやつを売る」という行動にもつながります。
人それぞれ投資できる金額に限りがあるので、同じお客さんだけでは広がりが期待できません。

初めてのリリース時にも使えない手ですね。

AL付与する人を「examination(審査)」

AL配布方法の変化「examination(審査)」
プロジェクト運営側は、NTFを大切に長期保有し、一緒に価値を上げてくれる人に持ってもらいたいと考えます。
その結果、長期保有が当たり前になっているNFTを持っている人に配布するようになりました。
具体的には
  • CNP(Crypto Ninja Partners)
  • APP(Aopanda Party)
直接関係のないプロジェクトも、CNPやAPP保有者がAL配布対象者になっています。
今後は、LLAC(Live Like A Cat)も対象になっていくでしょう。


そのLLACでは、ALの対象者を「審査」しています。
AL抽選に応募できる人を絞り、応募してきた人を審査する


期待値が高く、誰もがほしがるプロジェクトじゃないと成立しない方法です。
ただし、テイカー(奪う人)を徹底的に排除できます。

LLACは初期販売で買った人には、初期購入記念NFTが一緒にもらえます。
SBT形式のNFTで、売買・譲渡不可。
購入したウォレットに存在し続けます。

「審査に通った人たちのリスト」が、ブロックチェーンの仕組み上、世界中に公開されます。

>>>NFTで話題にあがる「ペパハン」とは?

応募方法に条件をつける「PREMINT」の活用が増えた

ALの応募で「PREMINT」が使われることが増えています。
PREMINTが使われる理由
  • 特定のNFTを持っている人しか応募できない
  • Discordのロール(役割)がついてる人しか応募できない
  • Twitterのフォローやリツイートを条件にできる
運営者にとって審査がしやすいためです。

プレミントについては、「PREMINTの使い方」を参考にしてください。

アローリスト(AL)をもらうたった1つの方法は「いい人」でいること

アローリスト(AL)をもらうたった1つの方法は「いい人」でいること

アローリスト(AL)をもらう方法は「いい人」でいること。

ブロックチェーンの革命的なことの1つは「誰でも見れる」こと。
財布の中身は世界中に公開されていて、どんなNFTを買ったり売ったりしてるのか丸見えです。
SNSと結びつけると、さらに人格がみえてきます。

審査をされるなら、「イイ人」が選ばれやすい。

「CNP、APP、LLACは高くて買えないよ」でも大丈夫、ちゃんとした活動をしていればALに応募した時に当選するでしょう。
LLACは、「初心者でも、2次販売、3次販売で手に入るように売っていきます」とアナウンスしています。

もう、暴言、悪口、アンチ活動は古い。
web3では「いい人」が得をする時代ですよ。

まとめ:NFTのアローリストをもらうために必要なこと

アローリストの配布には審査が入るようになっています。
審査の一つはSNSでの振る舞いです。

暴言や悪口は避けて、積極的にコミュニティに貢献することがAL取得のポイントになります。

ほしいNFTプロジェクトのアローリストを、しっかりもらっていきましょう!

【手数料を払っていたら無料にできます】

知らないと損をします!

仮想通貨取引所の口座から、直接NFTを購入することはできません。
NFTは、メタマスクをつかって取引をします。
つまり、仮想通貨取引所からメタマスクの送金は必須です。

必須である送金手数料が無料になったら、大きな節約に!

コインチェックやビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインなら

送金手数料は無料です!

大事なお金を手数料で減らさないために、普段つかう口座はGMOコインにするべきです!

GMOコインをすすめる理由4選

\ 無料・最短10分 /

>>>無料でGMOコイン口座を開設する

今だけ暗号資産の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

【NFT】アローリスト(AL)配布方法の変化と、もらうために必要なたった1つのこと

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ