暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

SBT(Soulbound Tokens)とは?証明書になるNFTを徹底解説【ソウルバウンドトークン】

この記事はプロモーションを含みます
  • セミナー参加者にはSBTのNFTを配布します
  • クラウドファンディングで販売するNFTはSBTです
少しずつ使われはじめているSBT(Soulbound Tokens/ソウルバウンドトークン)
SBTは、直訳すると「魂(たましい)に縛られたトークン(NFT)」
つまり、「譲渡不可能なNFT」のことです。


この記事ではSBTの特徴や可能性について解説します。

今だけのお得な情報】

暗号資産(仮想通貨)は、どうやって買うの?

はじめは買わなくて大丈夫。
まずは、無料でもらえる「期間限定キャンペーン」を利用しましょう。

たとえばビットポイントは、紹介コードで口座を開設すると1,500円分の暗号資産(仮想通貨)がもらえます

ビットポイントの紹介コードは↓

FVXMVBEBCO

>>>無料でビットポイントの口座を開設する

総額10,000円以上のキャンペーン!
今だけのお得な情報をお見逃しなく。

\ 期間限定 /

>>>暗号資産(仮想通貨)がもらえるキャンペーンをチェックする

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • NFT保有数:600点以上
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

SBT(Soulbound Tokens)とは?【譲渡できないNFT】

SBT(Soulbound Tokens/ソウルバウンドトークン)
SBTはSoulbound Tokensの略で、「譲渡できないNFT」のこと。
一度ウォレットの中に入ったら、売ることも送ることもできません。
SBTはイーサリアム創始者であるヴィタリック・ブテリン氏らによる論文で話題を呼びます。

NFTは自由に売買できるからこそ稼ぐことができて広まっているのに、「譲渡できない」ってなんの意味があるの?と考えるかもしれません。

NFTの問題点とSBT(Soulbound Tokens)の必要性

NFTの問題点
NFTは、「誰がいくつ発行し、いつ誰が誰にいくらで渡し、今、誰が持っているかが、誰でもわかる」という特徴があります。

でも、コピーしたデジタルアートをNFTにすることができてしまうんです。
クリエイターではない人がつくるNFT。いわゆる偽物のNFTのこと。

そこで、「誰が発行した」の「誰」を証明できるのがSBTになります。
「本当の持ち主がつくったNFTである」ことが明らかにできるんです。

>>>NFTとは?専門用語なしで、わかりやすく解説

SBT(ソウルバウンドトークン)は証明書になる

SBT(ソウルバウンドトークン)は証明書になる
たとえば、フェイスブックのプロフィールに「ハーバード大学出身」と書かれていても、それが嘘かホントかわからないですよね?
ハーバード大学に問い合わせて「卒業生で〇〇さんいますか?」と問い合わせたらわかるかもしれないけど、わざわざしないでしょう。

なので経歴なんかは、いくらでも嘘がつけます。

ただ、これを「SBT」で管理すると、嘘がつけない。
その人の学歴をブロックチェーン上で、みんなが共有しているから。

時々でてくる学歴詐称のニュースは、SBTによってなくなっていくでしょうね。

SBT登場前はPOAPが参加証明書

SBT登場前はPOAPが参加証明書
参加証明書といえばPOAP(Proof of Attendance Protocol)が使われていました。
ただ、POAPは販売も移動もできるNFT。
つまり、正式な証明書としては使えない面を持っています。

ここでも譲渡不可能なSBTの必要性がわかりますね。

>>>POAP(ポープ)ってどんなNFT?

SBT(Soulbound Tokens/ソウルバウンドトークン)の活用例

SBT(Soulbound Tokens/ソウルバウンドトークン)の活用例
SBTが活用できるもの
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 卒業証明書
  • 不動産登記簿
  • 寄付・出資の証明
  • 職歴証明
  • 健康証明(病歴など)
  • イベント・セミナー参加証明
他の人に譲渡されたら困るものってたくさんありますよね?

あらゆる証明書がSBTによって管理できます。
そして、管理される未来がくるんじゃないでしょうか。

イベント・セミナー参加証で使われはじめているSBT

「フリーランスの学校」というオンラインスクールでは積極的にSBTが利用されています。
特定のセミナーに参加したSBTを持っていると、NFTプロジェクト(LLAC)の優先購入権(WL/AL)がもらえます。
クラウドファンディングでSBT
アニメをつくるための資金を集めるクラウドファンディングNFT。
CryptoAnime Labsでは「パスポートNFT」をSBTで販売しています。

「10年後に、SBTが入ってるウォレットにプレゼントNFTを渡すこともできる」と運営メンバーの1人であるイケハヤ氏が話しています。

従来のクラウドファンディングだと、応援してくれた人はその場限りであることが多かった。
でもSBTなら、10年後でも100年後でも応援してくれた人のウォレットがわかるんです!

SBT(Soulbound Tokens/ソウルバウンドトークン)をもらう時の注意点

SBT(Soulbound Tokens/ソウルバウンドトークン)をもらう時の注意点
ぼくのNFTコレクションの中のSBTです。
「譲渡できないNFT」なので、当たり前ですが1度ウォレットに入れると動かせません。

「SBTはココで保管する」というウォレットをあらかじめ決めておきましょう。

まとめ

「譲渡できないNFT」であるSBT(Soulbound Tokens/ソウルバウンドトークン)

すでに活用されはじめている事例を見ても、これから社会に浸透していくのは間違いないと思います。

SBTやNFTという言葉を知らないで使っている未来が想像できますね。

【手数料を払っていたら無料にできます】

知らないと損をします!

仮想通貨取引所の口座から、直接NFTを購入することはできません。
NFTは、メタマスクをつかって取引をします。
つまり、仮想通貨取引所からメタマスクの送金は必須です。

必須である送金手数料が無料になったら、大きな節約に!

コインチェックやビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインなら

送金手数料は無料です!

大事なお金を手数料で減らさないために、普段つかう口座はGMOコインにするべきです!

GMOコインをすすめる理由4選

\ 無料・最短10分 /

>>>無料でGMOコイン口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

SBT(Soulbound Tokens/ソウルバウンドトークン)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ