仮想通貨は買わない!無料でもらう方法 >>

POAP(ポープ)ってどんなNFT?イベントに参加の証明書

この記事はプロモーションを含みます
POAP
「イベント参加者にPOAPを配布します!」って聞いたんだけどPOAPって何だろう?

NFTでつかわれる言葉って、「知ってるでしょ?」前提だから分からないことが多いですよね。
この記事では
  • POAPってなに?
  • 普通のNFTじゃないの?
  • 持っていたら得するの?
そんな疑問を解消していきます。

今だけのお得な情報】

仮想通貨は、どうやって買うの?

はじめは買わなくて大丈夫。
まずは、無料でもらえる「期間限定キャンペーン」を利用しましょう。

キャンペーンに参加するだけで5,000円以上の仮想通貨がもらえます。

今だけのお得な情報をお見逃しなく!

>>>仮想通貨がもらえるキャンペーンをチェックする

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益450万円超
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

POAPってどんなNFT?

POAP

引用元:POAP Delivery
POAPは、参加した証明をするNFT。NFT化された「参加証明バッジ」のこと。
POAPの読み方は「ポープ」、Proof of Attendance Protocol」の略です。

配布や受け取りの手数料が安いこともあり、イベント参加者に送るNFTとして利用されています。
ハイディー

ガス代が安い・無料というだけでも利用価値あるよね

POAPの特徴

デザインは円形、バッジ型

POAPはバッジ型の丸いデザインになっていて、そのデザイン性からコレクターが多く存在します。
スポーツブランドのadidas Originalsがショッピングアプリ「CONFIRMED」会員限定でPOAPを配って話題になりました。

バッジって、ちょっと集めたくなりますよね。

POAPは受け取る時のガス代(手数料)が無料

POAPはイーサリアムのサイドチェーンGnosisチェーン(旧称xDAI)につくられたNFT。
知りたいくん

イーサリアムとポリゴンの違いみたいなもの?

ハイディー

そうそう、その認識でOK

要するに、発行・配布にかかるガス代(手数料)が安くて、メタマスクのウォレットアドレスで受け取れるNFT。
受け取る方はガス代がかかりません。

>>>NFT取引で使われるガス代とは?節約方法も解説

POAPはOpenSeaでは表示されない

ちょっと残念なところは、POAPはOpenSeaで表示されません。

なぜなら、POAPはGnosisチェーンでつくられていて、OpenSeaで未対応のブロックチェーンだから。

POAP Scan

引用元:POAP Scan
POAP Scan というサイトで見ることができます。

今後、見れるようになるかもしれないので、OpenSeaの対応を待ちましょう。

POAPって何に使うの?用途について

POAPのことはわかってきたけど、持ってて何になるんだろう?得するの?って考えますよね。

POAPをもらう側

POAPはコレクションしたくなるNFT

POAPはチケット
ライブチケットの半券を大事にとっておく感じ。
「あのライブ行ったんだよなぁ」と後で振り返って満足感をえられます。

映画やディズニーランドのチケットとか取っておいた経験ないですか?
スーベニアメダルを集めるのと同じ感覚かも。
イベントに参加(ディズニーランドに行く)して、手に入れられる。

またNFTの特性上、どんなPOAPを持っているのかが世界中に公開されています。
「この人、あのイベントに最初から参加してるんだ」みたいに。

ウォレットの中身が公開されていることは、web3の時代では重要になってきそうです。
どのイベントに参加してたかわかるって、履歴書と似ていませんか?

>>>支援がNFTになった例「キンコン西野のギフトNFT」についてはコチラ

POAPが参加権、ホワイトリスト/アローリストの対象になることも

・POAPを持っている人だけがアクセスできるコミュニティ。
・POAPを持っている人だけがもらえるホワイトリスト/アローリスト。

そういう使われ方が増えていくと思います。

「POAPを持っていてよかった」となるかもしれないので、配っていたらもらっておきましょう!

>>>NFTのホワイトリスト/アローリスト(WL/AL)とは

POAPを配布する側

認知度アップ

認知度アップなどマーケティングとして利用

手数料がほとんどかからず発行・配布できるPOAP。
手軽でイイですね。

adidas OriginalsがPOAPを発行するだけで話題になった例もあります。
知名度がなくても、デザイン性で話題をつくれるかもしれません。

POAPを配ることで、次回も参加してもらえる

イベントの集客って大変ですよね?
POAPを配るだけで集客できるわけではないですが、毎回、参加者に配ることでリピーターがつくかもしれません。
ハイディー

なんか集めたくなるんだよなぁ
NFTって場所取らないのもイイ

POAP所有者にアプローチできる

・POAPを持っている人だけがアクセスできるコミュニティ。
・POAPを持っている人にホワイトリスト/アローリストを配る。

POAPを持っている人が得をする施策を考えることで、マーケティングにいかせます。
「POAPを集めたら、NFTをプレゼント」のような企画もできそうですね。

SBT(ソウルバンドトークン)の出現でPOAPは下火に

参加を証明するNFTであるPOAP。
しかし、新しい技術SBT(ソウルバンドトークン)が出現します。

SBTは譲渡不可能なNFT。
つまりPOAPの弱点であった「参加証明書だけど、人に渡せちゃう」ができません。
参加証明書としてのPOAP利用は減っていくでしょう。

>>>SBT(Soulbound Tokens)とは?証明書になるNFTを徹底解説

まとめ:POAPは参加証バッジ

POAPは参加証明のバッジです。
将来的に価値がつくかもしれません。
持っていたら特典を得ることができます。

無料で配布されるPOAP。配っていたらもらっておきましょう。
もらうにはメタマスクが必要ですよ。

【手数料を払っていたら無料にできます】

無料にできる手数料

メタマスクへ送金→1,500円
販売所でETHを購入→最大5%(10万円の売買で5,000円)

GMOコインなら

・送金手数料が無料
・取引所(板取引)でETHが買える

※人気のコインチェックは「販売所」でしかETHが買えません

>>>販売所と取引所の違い

大事なお金を手数料で減らさないために、GMOコインを利用しましょう!

GMOコインをすすめる理由4選

\ 無料・最短10分 /

>>>無料でGMOコイン口座を開設する

今だけ仮想通貨の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

【ためしに20円のNFTを買ってみる】

新しいことに乗り遅れると、「今さらついていこうとしても、なんか損しそう」と考える人も多いのでは。

日本でNFTを買ったことがある人は約1万7,000人、日本人口のたった0.014%今からNFTを始めたら、乗り遅れてるどころではなく「先駆者」です
NFTを始める手順は5ステップ
POAP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ