暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

【初心者必見】MetaMask(メタマスク)ウォレット使用時の9つの注意点

この記事はプロモーションを含みます

メタマスクを使う時に気をつけることを知りたい

詐欺が多いから注意点を教えてほしい

そんな疑問にお答えします!

メタマスクは、イーサリアムベースの仮想通貨やNFTが管理できるウォレットです。

主な特徴として以下の4つがあげられます。
  • パスワードのみで無料で使用できる
  • イーサリアムベースの仮想通貨・NFTが管理できる
  • NFTマーケットプレイスやブロックチェーンゲームなど、外部サービスとの連携
  • ウォレット内で通貨の購入
  • ウォレット内で通貨の交換(スワップ)

NFTを始めるためにメタマスクを導入した人も多いのでは。

ハイディー

ぼくもNFTを買うためにメタマスクを入れました

この記事では、メタマスクを使う時に気をつけなければいけないことを解説します。

この記事でわかること

メタマスクを使う上の8つの注意点

この記事を読むことで、メタマスクを安全に使うことができるようになります

手数料で2,500円オトク


取引所からメタマスクへ送金すると、数百円〜2,500円の手数料が発生します。
※コインチェック・ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインをつかえば無料にできます。
大切なお金を手数料で減らさない!
損をしないために、普段づかいは無料で送金できるGMOコインを利用しましょう!

送金・出金手数料が無料

>>>無料でGMOコイン口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

MetaMask(メタマスク)使用時の9つの注意点

1:メタマスクは正しいURL(公式サイト)からインストール

1:メタマスクは正しいURL(公式サイト)からインストール
メタマスクは必ず公式サイト からインストールしてください。

なぜなら、Google検索で偽サイトが表示されることがあるからです。

Googleに広告費を払えば、誰でも上位表示ができます。
ツイッターや、よくわからないサイトに表示されたURLも危険です。

当サイトのリンクは安全ですが、それでも疑うぐらいの慎重さが必要です。

・会社のパソコンにもメタマスクを入れよう
・ 新しいスマホにインストールしよう

と、メタマスクを新たにインストールする場面は出てきます。

安全なリンク先としては、OpenSeaで「Connect wallet」をクリックすると、メタマスクの新規作成ができます。
世界最大のNFTマーケットプレイスのリンクなら安心できる、という理由です。

正しいURLからインストールすることを忘れないようにしましょう。

>>>メタマスクの導入方法 

2:メタマスクのパソコン版は使えるブラウザが決まっている

2:メタマスクのパソコン版は使えるブラウザが決まっている
引用元:MetaMask

メタマスクに対応しているブラウザは、以下の5つです(2024年1月時点)

ブラウザの拡張機能としてインストールできます。

オススメのブラウザはBrave。

広告がブロックされ、使うだけで仮想通貨がもらえる優れたブラウザです。
YouTubeやTVerのCMもカットされるので快適ですよ。

>>>Braveブラウザの使い方 

3:スマホ版メタマスクは1つのアプリでつかう

MetaMask(メタマスク)
MetaMask - Blockchain Wallet
MetaMask – Blockchain Wallet
開発元:MetaMask
無料
posted withアプリーチ
パソコン版では複数のメタマスクをインストールすることが可能ですが、スマホ版は1つのアプリしか使えません。

保管用・購入用とウォレットを分けたい場合は、
STEP
メタマスクを作成し、シークレットリカバリーフレーズと秘密鍵をメモ
STEP
メタマスクアプリを削除
STEP
新たにメタマスクアプリをインストール
STEP
新たなメタマスクに、秘密鍵でインポート

と手順を踏む必要があります。

>>>メタマスクで複数アカウントをつくる方法 

4:メタマスクのシークレットリカバリーフレーズを厳重管理

4:メタマスクのシークレットリカバリーフレーズを厳重管理

メタマスクで一番気をつけることは

シークレットリカバリーフレーズを厳重管理すること

メタマスクの運営元であるConsenSysは、シークレットリカバリーフレーズや秘密鍵、パスワードの情報を保持していません。

つまり、なくしてしまったら復元できないということ。
シークレットリカバリーフレーズ3つの注意点
  • 必ずオフライン(手書きで金庫に保管)
  • Googleドライブなどクラウドに保存しない
  • 誰にも教えない
シークレットリカバリーフレーズ3つの注意点を守りましょう。

詐欺の手口は、知っておくことで防御力が上がります。
コチラの記事を参考にしてください。

>>>メタマスクのハッキング事例と対策 

5:フリーWi-Fiでメタマスクをつかわない

5:フリーWi-Fiでメタマスクをつかわない
フリーWi-Fiネットワーク上では、他のユーザーが送信するデータが傍受される可能性があります。
ユーザーの個人情報や機密データを盗み見ることができます。

特にパスワードがかかっていないWi-Fiは、情報が筒抜けです。
パスワードがかかっていても、ホテルなど「パスワードは〇〇です」と提示してあるのは公開されているのと同じこと。

また、フリーWi-Fiの名前は、設定で変更できます。
悪意があれば、例えばホテルのWi-Fiと同じ名前・パスワードにすることが可能です。
繋げる時に見分けることができません。

もし、フリーWi-Fiをつかう場合は、NordVPNなどのVPNを導入し、自己防衛をしましょう。

VPNは、一般のインターネット回線を使いながら専用線を使っているような安全性を構築するサービス

>>>フリーWi-Fi使うならVPNでセキュリティ対策しよう 

6:分からない(怪しい)サイトにメタマスク接続しない

6:分からない(怪しい)サイトにメタマスク接続しない
NFTの購入やweb3のサービスを受ける時、メタマスクをサイトに接続する必要があります。

まず、「DMで送られたURLは詐欺」なので、つなげてはいけません。
よく分からないサイトに接続してしまうとメタマスクの中身はうばわれます。

NFTの販売サイトは、公式Discordからひらくのが安全です。

もし、接続してしまったらリボーク(revoke)し、接続・送信許可を取り消しておきましょう。

リボークは、NFTや仮想通貨の送信許可を取り消すこと

>>>リボーク(承認取り消し)のやりかた 

7:メタマスクからの送金・送付は少額でテスト

7:メタマスクからの送金・送付は少額でテスト
メタマスクからの送金・送付は手軽にできる一方、宛先を間違えると二度と戻ってこないデメリットがあります。

銀行の場合、誤送金しても取り戻すことができるかもしれませんが、メタマスクの場合は取り戻せません。
送金ミスの例
  • メモ帳やExcelでウォレットアドレスを管理していたけど、何かの拍子に書き換えていた
  • イーサリアムチェーンから、ポリゴンチェーンに送金してしまった

間違わないように、

  • 手入力を避けてコピペする
  • 少額でテスト送金をする
NFT送付の場合は、いきなり高額なNFTを送らずに試し送信するのがオススメです。
仮想通貨も同様に、少額でテストをします。

間違えても被害を最小限に抑えるようにすることを徹底しましょう。

8:メタマスクの使用後はログアウト(ロック)する

メタマスクは仮想通貨やNFTを扱っているので、使わないときはログアウト(ロック)しておきましょう。

「目を離した隙に、他人がパソコンを使った」など、どこから情報が漏れるかわかりません。
メタマスクのメニュー

右下の設定から

メタマスクのログアウト(ロック)

ロックをタップ。

8:メタマスクの使用後はログアウト(ロック)する

パソコンの場合は、右上のアイコンからロックをクリックでOKです。

8:メタマスクはすべてのブロックチェーンに対応していない

メタマスクはイーサリアムベースのウォレットです。
そのため、ビットコインやSolanaのように、イーサリアムと互換性がないブロックチェーンには対応していません。

将来的には、ブロックチェーン同士の互換性が生まれるかもしれませんが、ビットコインやSolanaを扱うにはそれぞれのブロックチェーンに対応したウォレットを用意する必要があります。

>>>ブロックチェーンとは?初心者にわかりやすく解説

拡張機能で対応できるように

メタマスクSnapsという拡張機能によって、ビットコインやソラナがメタマスクで使えるようになります。
ビットコインを追加する方法はコチラ を参考にしてください。

>>>メタマスクでビットコインを管理する方法

まとめ:MetaMask(メタマスク)の注意点

メタマスクは注意点がわかれば、安心して使えます。

web3時代の必須アイテムなので、早めに慣れておくと困りません。

NFTを購入したりと、実際に使ってみましょう。

【手数料を払っていたら無料にできます】

知らないと損をします!

無料にできる手数料

メタマスクへ送金→2,500円
販売所でETHを購入→最大5%(10万円の売買で5,000円)

GMOコインなら

・送金手数料が無料
・取引所(板取引)でETHが買える

※人気のコインチェックは「販売所」でしかETHが買えません

>>>販売所と取引所の違い

大事なお金を手数料で減らさないために、普段使いはGMOコインを利用しましょう!

GMOコインをすすめる理由4選

\ 無料・最短10分 /

>>>無料で口座開設をする

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

【初心者でも安心!手軽に始めるNFT体験】

NFTを始める手順は5ステップ

1.無料で口座開設をする
2.日本円を両替する
3.web用の財布をつくる
4.財布にお金を入れる
5.NFT売り場で買う

NFTを買う手順はコチラ

【初心者必見】MetaMask(メタマスク)ウォレット使用時の7つの注意点

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ