仮想通貨は買わない!無料でもらう方法 >>

MetaMask(メタマスク)の運営元ConsenSys(コンセンシス)はどんな会社?

この記事はプロモーションを含みます

メタマスクってどんな会社が運営してるの?

メタマスクの運営元って知らないなぁ

そんな疑問にお答えします。

イーサリアムベースのウォレットであるメタマスク。

月間アクティブユーザー数が3,000万人を超え、日本でも多くのユーザーに使われていますが、運営元がConsenSys(コンセンシス)であることはあまり知られていません。

この記事では、メタマスクの運営元であるコンセンシスについて解説します。
この記事でわかること
  • メタマスクの運営元について
  • コンセンシスの創業者
  • コンセンシスのプロダクト
  • コンセンシスのビジョン
この記事を読むことで、メタマスクをより安心して使えるようになります。

NFT・仮想通貨の世界を楽しみましょう。

手数料で1,500円オトク


取引所からメタマスクへ送金すると、数百円〜1,500円の手数料が発生します。
※コインチェック・ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約1,500円)

GMOコインをつかえば無料にできます。
大切なお金を手数料で減らさない!
損をしないために、普段づかいは無料で送金できるGMOコインを利用しましょう!

送金・出金手数料が無料

今だけ仮想通貨の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益450万円超
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

メタマスクの運営元ConsenSys(コンセンシス)の基本情報

MetaMask(メタマスク)の運営元ConsenSys(コンセンシス)の基本情報
引用元:ConsenSys公式
ConsenSys(コンセンシス)は、イーサリアムの共同設立者Joseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏がアメリカ合衆国に立ち上げたフィンテック企業です。

ブロックチェーン技術を応用して資産の保有と移転を低コストで実現する分散型アプリケーションやエコシステムの開発などをしています。
企業名

ConsenSys(コンセンシス)

所在地

アメリカ合衆国(ニューヨーク州)

会社設立年

2014年10月

累計調達額(USドル)

7.3億ドル※

企業評価額

70億ドル※

※出所:PitchBook Data Inc. (2023-4月時点)

公式サイト

ConsenSys公式

SNS

YouTubeTwitterFacebookInstagramLinkedin

MetaMask(メタマスク)の運営元ConsenSys(コンセンシス)はどんな会社?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ