暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

【セキュリティUP】Brave(ブレイブ)ブラウザのTorってなに?特徴・使い方を解説

この記事はプロモーションを含みます

Braveブラウザの「Tor」って何?

プライベート(シークレット)モードと何が違うの?

Torの使い方を教えてほしい

スマホでTorはつかえるの?

こんな悩みを解決します。

Braveに搭載されている「Tor(トーア)」
なんのことかわからない人も多いはず。

この記事で、Braveブラウザの「Tor」機能について詳しく解説します。

結論を先に言うと、「Tor」をつかうとプライバシー保護が強化されます。

この記事でわかること
  • BraveのTorの特徴
  • BraveのTor、メリット・デメリット
  • BraveのTorの使い方
  • よくある質問と回答

この記事を読むことでBraveのTorのことがわかり、より安心してBraveを使うことができるようになります

Braveを使っているなら無料でもらえる仮想通貨も貯めちゃいましょう。

一度設定すれば自動で貯まる

Braveで仮想通貨をもらうにはビットフライヤーの口座が必要です。

【Braveで仮想通貨をもらうには】

Braveと口座を接続すれば、毎月貯まったBATを自動的にもらえます。

【Braveで仮想通貨をもらうには】

今なら、限定コード「tylip0az」を入力すると、1,500円分のビットコインがもらえるキャンペーン実施中!
↓コピペしてください。

tylip0az

ビットコインがもらえる間に、ビットフライヤー口座を開設するのがお得!

\ 無料 10分で完了 /

招待コード「tylip0az」でビットコインGET!

>>>無料でビットフライヤー口座を開設する

もくじ

Brave(ブレイブ)ブラウザ、3つのウインドウの開き方

Brave(ブレイブ)ブラウザ、3つのウインドウの開き方

Braveで検索をするとき、ウィンドウの開き方が3つあります。

・通常のウィンドウ → 普通の検索
・プライベートウィンドウ → 履歴など記録しない検索
・プライベートウィンドウ+Tor → さらに保護レベルUP

↓下に行くほど、プライバシー保護レベルが高くなります

プライベート(シークレット)ウィンドウで検索すれば、閲覧履歴やCookieが削除され記録されません。
プライバシー保護レベルは通常より高いです。

さらにセキュリティレベルを上げるのが「Tor(トーア)」になります。

Braveに搭載されているTor(トーア)の特徴・メリット

Braveに搭載されているTor(トーア)の特徴・メリット
引用元:Tor公式

TorはThe Onion Routerの略で、直訳すると「たまねぎルーター」
インターネット上で発信元の秘匿性が高い通信を行うことができるシステムです。

Torのメリット:プライバシー保護が強化される

なぜ、プライバシー保護が強化されるのか、解説していきます。

中継をして追跡しにくくする

Braveに搭載されているTor(トーア)の特徴・メリット

Torは、ランダムに決定されるサーバーを3つ以上経て、目的のサーバーと接続します。
寄り道をすることで、送信元の追跡がしにくくなるというわけです。

たまねぎのように重ねて暗号化する

Braveに搭載されているTor(トーア)の特徴・メリット

ただ中継をしただけでは、たどっていくと送信元がわかってしまいます(大変ですが)。

Torはその名の通り「たまねぎのように暗号化を重ねていく」ことで、送信元までたどりにくくする仕組みが備わっているんです。

Brave搭載Tor(トーア)の注意点・デメリット

Brave搭載Torのデメリットは3つ

・接続までに時間がかかる
・通信速度が低下することがある
・サイトによっては閲覧できないことがある

接続までに時間がかかる

Brave搭載Tor(トーア)の注意点・デメリット

Torに接続するとき、時間がかかる場合があります。

通信状況が悪い場合、数分待たされることもあるので注意が必要です。

通信速度が低下することがある

Brave搭載Tor(トーア)の注意点・デメリット

Torでは3つ以上のサーバーを中継しています。
結果、通常モードよりも通信速度が低下する可能性が出てきます。

サイトによっては閲覧できないことがある

Brave搭載Tor(トーア)の注意点・デメリット

特定のIPアドレスをブロックするサイトがあります。
(例:ロシアからのアクセスをブロックしているサイトなど)

見れない場合は、Torをつかわずにアクセスしてみましょう。

>>>Brave(ブレイブ)ブラウザの危険性・安全性を調査

Brave(ブレイブ)ブラウザ搭載「Tor(トーア)」のつかい方

Brave(ブレイブ)ブラウザ搭載「Tor(トーア)」のつかい方

右上のメニューから「 新しいプライベートウィンドウ+Tor」をクリック。

Brave(ブレイブ)ブラウザ搭載「Tor(トーア)」のつかい方

接続まで少し時間がかかることがあります。

Brave(ブレイブ)ブラウザ搭載「Tor(トーア)」のつかい方

「Torの接続が完了しました」が表示されたら完了です。

【検証】BraveでTorを使った結果

IPアドレスが確認できる「CMAN」で確認します。

【検証】BraveでTorを使った結果

Braveで通常検索した場合です。

【検証】BraveでTorを使った結果

Tor使用中のIPアドレスが変わっているのが確認できました。

BraveのTorでよくある質問と回答

BraveのTorでよくある質問と回答
スマホでTorはつかえないの?

残念ながらBraveのTorはパソコン版のみの提供です。
Windows、Macはどちらでも使えます。

Torは使えませんが、スマホ版でもYouTube・TVerの広告がカットされる便利なブラウザです。

>>>スマホ版Braveアプリの使い方|完全版

BraveブラウザとTorブラウザは何が違うの?

TorブラウザはTorの技術をつかった匿名性の高いブラウザです。
BraveはTorの機能を搭載し、Tor以外にも広告ブロックなども備える「イイとこ取り」したブラウザになります。

>>>Braveブラウザ・アプリの使い方|完全マニュアル

まとめ:BraveのTorをつかってセキュリティレベルUP

複数のサーバーを経由するTorの仕組みで、BraveのセキュリティレベルがよりUPします。

安全にインターネットをつかいたいなら、Torを利用してみましょう。

仮想通貨をもらうのも忘れずに

一度設定すれば自動で貯まる

Braveで仮想通貨をもらうにはビットフライヤーの口座が必要です。

【Braveで仮想通貨をもらうには】

Braveと口座を接続すれば、毎月貯まったBATを自動的にもらえます。

【Braveで仮想通貨をもらうには】

今なら、限定コード「tylip0az」を入力すると、1,500円分のビットコインがもらえるキャンペーン実施中!
↓コピペしてください。

tylip0az

ビットコインがもらえる間に、ビットフライヤー口座を開設するのがお得!

\ 無料 10分で完了 /

招待コード「tylip0az」でビットコインGET!

>>>無料でビットフライヤー口座を開設する

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ