暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

【初心者向け】RWA(Real World Aseets:現実資産)のNFTとは?

この記事はプロモーションを含みます

RWAってなに?

そんな疑問にお答えします。

RWAは「Real World Aseets」の略で、現実世界の資産を売買可能なデジタルデータにしたもの。

・不動産
・農産物
・トレーディングカード など

ブロックチェーンの技術を利用し、取引されています。

この記事では、初心者むけにRWAの解説と、活用事例を紹介します。
この記事でわかること
  • RWAの概要・将来性
  • RWAのメリット・デメリット
  • RWAの活用事例

この記事を読むことで、RWAのことがわかります。
web3時代の新しいビジネスに注目してみましょう。

手数料で2,500円オトク


取引所からメタマスクへ送金すると、数百円〜2,500円の手数料が発生します。
※コインチェック・ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインをつかえば無料にできます。
大切なお金を手数料で減らさない!
損をしないために、普段づかいは無料で送金できるGMOコインを利用しましょう!

送金・出金手数料が無料

>>>無料で口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • NFT保有数:600点以上
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

RWAの概要と将来性

RWAの概要と将来性

RWAをカンタンに言うと、実在する資産をNFTにしたものです。

・アート作品
・ウィスキーの樽
・ホテルの利用権
・農作物
・不動産 など

NFTにすることで手軽に売買できるようになり、注目を集めています。

過去から現在までの取引履歴をすべて追跡することができ、本物と偽物の区別がつきやすく、世界中の人と売買できるなどのメリットが多いためです。

RWAにより不正のないオンライン上の取引として広く普及し、結果的にNFTが一般的に認知されていくことも期待されます。

>>>NFTで手に入る!憧れの別荘体験

RWA NFTの5つのメリット

RWA NFTの5つのメリット

世界中の人に売買できる

RWA NFTの5つのメリット

RWAは物理的な場所に制約されず、世界中の人が取引できます。

たとえば不動産のような高額な資産が、国際的な投資家によって手軽に取引される可能性が高まります。

トレーディングカードにしても、メルカリで日本に住んでいる人だけに売るのではなく、世界中のコレクターに販売することが可能です。

転売がしやすく流動性が上がる

RWA NFTの5つのメリット

RWA NFTは、現実資産に比べて取引が効率的に行われます。

実際に美術品を転売するよりも、NFTで売買する方が手軽です。
24時間365日、休みなく取引が可能。

取引が活発になるほど、資産の売却が容易になり、市場が活発になっていきます。

仲介手数料の削減

RWA NFTの5つのメリット
不動産取引を例にあげると、不動産エージェント、証券ブローカー、銀行などの仲介者が関与し、仲介手数料が発生します。

RWA NFTの取引は、NFTマーケットプレイスで完結し、手数料は0〜3%くらいが一般的です。

>>>NFTが買えるマーケットプレイス 

透明性の向上

RWA NFTの5つのメリット

RWAの取引はブロックチェーンに記録されています。

・資産の所有権
・過去の取引履歴

など誰でも確認でき、不正や詐欺を減らすことが可能です。

>>>ブロックチェーンとは? 

分割による低額購入が可能

RWA NFTの5つのメリット

RWAは資産を細かい単位に分割することができます。

不動産やアート作品などの高額な資産を共有で所有することが可能になり、個人投資家の売買を実現しています。

RWA NFTの3つのデメリット

RWA NFTの3つのデメリット
RWAは、現行の法律や規制に合わせる必要があります。
世界の国や地域ごとに異なる法律が適用されることで、複雑な規制の問題が生じる可能性が考えられるからです。

まだ法規制が間に合ってない面があるため、新たな法律の制定も必要になるでしょう。

ハッキングの危険性

RWA NFTの3つのデメリット
実物資産にも盗難の危険はありますが、NFTにも盗難の恐れがあります。

高額な資産の場合は、特に注意する必要があります。
ハッキング事例を知り、防御力を上げることが重要です。

>>>メタマスクのハッキング事例と対策 

実物資産の安全な保管

RWA NFTの3つのデメリット

RWA NFTは実物の資産を売買するので、

・実物資産の安全な保管
・本物の証明
・実物を送付する物流技術

など、運営するためにクリアする課題があります。

RWAのNFT活用事例3選

RWA NFTが活用されている事例を3つ紹介します。

ポケモン(トレーディング)カード

過去の最高取引額が4億円を超える人気のトレーディングカード「ポケモンカード」

RWAでNFT化され、売買されています。
所有者は、NFTと引き換えに実物のカードをもらうことが可能です。

トレーディングカードとRWAの相性は抜群

世界中にいるコレクターに、世界共通の通貨である仮想通貨でトレードができます。

ブロックチェーンで本物・偽物の判断ができるので、実物のカードより安全な取引かもしれません。

トレーディングカードのNFTは、発展していく可能性大です。

>>>ポケモンカードNFTの購入方法 

ウィスキーの樽NFT

RWA NFTの3つのデメリット
引用元:UniCask
小口化したウィスキーの樽の所有権を、NFTで販売しています。

樽の熟成期間や保管場所がブロックチェーンに記録され、所有者は将来的に瓶詰めされたウィスキーとNFTを交換することができます。

ウィスキー愛好家だけでなく投資目的の売買もあり、販売するたびに即完売(2次流通での売買は可能)する人気ぶりには可能性を感じます。

NFTシェアハウス

RWA NFTの3つのデメリット
引用元:BUSINESS INSIDER

NFTを購入することで

・指定物件に1ヶ月入居する権利
・対象物件で7泊8日のワーケーション

のどちらかを選べます。

売り出し価格が3万円なので、1ヶ月の家賃が3万円のNFTと言えます。

1年間運用した結果、売上は想定の1.7倍、利益率は37%と大人気。
20代を中心にした入居者が利用しています。

RWAのNFT化によるビジネスは、アイデア次第でさまざまな分野で活用されていきそうです。

まとめ:RWA(Real World Aseets:現実資産)のNFTは将来性に期待できる

現実の資産と紐づいたRWA NFT。

メリット、デメリット、活用事例を見ると、新しいビジネス分野であることが分かります。

ポケモンカードのNFTで、RWAを体験してみては?

>>>RWAポケモンカードNFTの購入方法

手数料で2,500円オトク


取引所からメタマスクへ送金すると、数百円〜2,500円の手数料が発生します。
※コインチェック・ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインをつかえば無料にできます。
大切なお金を手数料で減らさない!
損をしないために、普段づかいは無料で送金できるGMOコインを利用しましょう!

送金・出金手数料が無料

>>>無料で口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ