暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

web3時代のステークホルダーとは?初心者向けにカンタン解説

この記事はプロモーションを含みます

NFTやFiNANCiEの発信を聞いていると「ステークホルダー」という言葉がよく使われます。

ステークホルダーは一言でいうと、

利害関係者

を意味します。

この記事では、web3におけるステークホルダーの役割とその重要性について、初心者向けにわかりやすく解説します。

この記事を読むことで、ステークホルダーが意味することがわかり、web3の話題についていけるようになります。

今だけのお得な情報】

暗号資産(仮想通貨)は、どうやって買うの?

はじめは買わなくて大丈夫。
まずは、無料でもらえる「期間限定キャンペーン」を利用しましょう。

たとえばビットポイントは、紹介コードで口座を開設すると1,500円分の暗号資産(仮想通貨)がもらえます

ビットポイントの紹介コードは↓

FVXMVBEBCO

>>>無料でビットポイントの口座を開設する

総額10,000円以上のキャンペーン!
今だけのお得な情報をお見逃しなく。

\ 期間限定 /

>>>暗号資産(仮想通貨)がもらえるキャンペーンをチェックする

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • NFT保有数:600点以上
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

ステークホルダー(stakeholder)の意味

ステークホルダー(stakeholder)の意味

ステークホルダーは利害関係者の意味で、プロジェクトやビジネスに関わる人たちを指します。

具体的には、

投資家(株主)、社員、顧客、パートナー企業など、その活動に影響を受ける人たちです。

たとえば、

会社の成功は、投資家の利益になる。

製品の品質が上がれば、顧客の満足度に影響を与えます。

逆に事業に失敗したら、投資家は損失を受けることに。

ステークホルダーは、それぞれの立場からプロジェクトやビジネスに関わる人たちです

web3時代のステークホルダー

web3時代のステークホルダー

web3時代のステークホルダーは単なる投資家や消費者ではなく、プロジェクトの価値を高める参加者です。

参加者はNFTやトークンを所有し、プロジェクトの成長と成功を支援していきます。

具体例として、

について解説していきます。

トークンは、価値の概念を具体化したもの
売買可能なコインをイメージしてもらえればよいです。

トークンについては、「トークンって仮想通貨やNFTのこと?」で詳しく解説しているので参考にしてください。

FiNANCiEのトークンエコノミー

FiNANCiEのトークンエコノミー

FiNANCiEのステークホルダーは、トークン保有者です

FiNANCiEはクラファンのプラットフォームで、支援の返礼品としてトークンがもらえます

そのトークンはFiNANCiE内で売買でき、日本円に換金することも可能です。

つまりトークンの価値が上がれば、トークン保有者の含み益が増えるという利害関係が発生します。

FiNANCiEではトークンが経済活動の中心となる、トークンエコノミーが形成されています。

  • トークン自体の売買
  • トークンの贈与
  • 報酬としてもらうトークン
  • 投票権としてのトークン

従来のように、ただ支援するだけのクラファンと明らかに異なります

支援者がプロジェクトの参加者となり、応援してプロジェクトが成長するとプロジェクトの一員として利益を得ることができるんです。

NFT所有者は推し活2.0

NFT所有者は推し活2.0

NFT所有者は、プロジェクトのステークホルダーです。

プロジェクトが成功するとNFTの価値が上がっていき、利益を受けとることができます。

アーティストやプロジェクトが好きだからと応援する「推し活」
推し活は、NFTによって大きく進化します。

それは、初期から応援していたファンに利益がでる可能性があるところ。

NFTにはブロックチェーンという「取引履歴を記録する仕組み」が使われています。
最初期にNFTを購入したデータはブロックチェーン常に記録されており、誰でも見ることが可能です。
つまり、昔から応援している証になります。

ハイディー

えっ、そんな初期から応援してたの!

例えば、
YOASOBIの「幾田りら」さんが、路上ライブをしていた無名時代にNFTを販売していたとします。
そのNFTを今持っていたら、その価値は!!ってなりませんか?

長年バンドマンをしていた経験上、アーティスト側も初期からのファンには還元したい気持ちを持っています。

もちろん「推し活」の理由は、儲けたいからではありません。
しかし応援することで、結果的に利益を得ることができるステークホルダーになれるのがNFTなんです。

まとめ:ステークホルダー(stakeholder)は利害関係者

NFTやFiNANCiEのコミュニティでよく耳にする「ステークホルダー」は、利害関係者のことです。

これまでのビジネスと異なり、
NFTやトークンを通じてプロジェクトの成功や成長に関わっていきます

この記事で理解できることより、

実際にステークホルダーになってみると理解が深まります

あなたもweb3時代のステークホルダーになってみましょう。

NFTを購入してみるなら、「誰でもできるNFTの始め方」を参考に。
FiNANCiEを始めてみる場合は、「FiNANCiEの始め方」を見れば参加できます!

実は仮想通貨所有者もステークホルダーです。

  1. ビットコインを持っている
  2. 周りの人にすすめる
  3. 買う人が増える
  4. ビットコインの価値が上がる

という利害関係が発生することに。
そんなビットコインが、無料でもらえるキャンペーン情報をお届けします!

今だけのお得な情報】

暗号資産(仮想通貨)は、どうやって買うの?

はじめは買わなくて大丈夫。
まずは、無料でもらえる「期間限定キャンペーン」を利用しましょう。

たとえばビットポイントは、紹介コードで口座を開設すると1,500円分の暗号資産(仮想通貨)がもらえます

ビットポイントの紹介コードは↓

FVXMVBEBCO

>>>無料でビットポイントの口座を開設する

総額10,000円以上のキャンペーン!
今だけのお得な情報をお見逃しなく。

\ 期間限定 /

>>>暗号資産(仮想通貨)がもらえるキャンペーンをチェックする

web3時代のステークホルダーとは?初心者向けにカンタン解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ