暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

ビットコイン(BTC)とは?初心者向けにわかりやすく解説

この記事はプロモーションを含みます
ビットコインって名前は知ってるけど、なんだか難しそう…
「よくわからない」「怪しいな」と思っていたりしませんか?

そこでこの記事ではビットコインについて、4つのポイントで解説していきます。

今だけのお得な情報】

暗号資産(仮想通貨)は、どうやって買うの?

はじめは買わなくて大丈夫。
まずは、無料でもらえる「期間限定キャンペーン」を利用しましょう。

たとえばビットポイントは、紹介コードで口座を開設すると1,500円分の暗号資産(仮想通貨)がもらえます

ビットポイントの紹介コードは↓

FVXMVBEBCO

>>>無料でビットポイントの口座を開設する

総額10,000円以上のキャンペーン!
今だけのお得な情報をお見逃しなく。

\ 期間限定 /

>>>暗号資産(仮想通貨)がもらえるキャンペーンをチェックする

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • NFT保有数:600点以上
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

ビットコインはデジタルゴールド

ビットコインは発行上限が2,100万と決まっています。

比較されるのは金(ゴールド)。

現在、地球に埋蔵されている金は約54,000トン(25mプール1杯分ぐらい)と言われています。
ビットコインには発行上限が設定されて希少性があること、資産として購入する投資家がいることが金と類似しているため、「デジタルゴールド」と呼ばれています。

ビットコインはコピーできない

なぜコピーできない?
回答:ブロックチェーンの技術でたくさんの人が管理しているから

ブロックチェーンって聞いたことあるけど何?
回答:一言でいうと「分散型の台帳」

1つのコンピューターでデータを管理するのではなく、たくさんのコンピューターで1つのデータを管理する仕組みです。
分散型
こんなふうに、たくさんの人で管理しています。
たくさんの人が管理しているから、1台をハッキングしてもその他大勢の管理されているデータで嘘がバレる。
分散型の反対は中央集権型
中央集権
中央で管理されていて、そこにアクセスしています。

中央で管理されているとサーバーが落ちることがあり、
・Twitterが使えない
・Facebookにアクセスできない
ことが発生することがあります。

分散型のよいところはサーバーが落ちない
たくさんの人が管理しているので、全員が落ちることは物理的にありません。
分散することで安定している と言えます。

>>>ブロックチェーンとは?初心者にわかりやすく解説

ブロックチェーンは「信用」とは無関係

ブロックチェーンの仕組みは、数学的に証明できる仕組みです。取引履歴を全て記録し、世界中のコンピューターにコピーされ、他のデータと違うものがあれば、多数決で解決していくというアルゴリズム(手順)で動作しています。そして、その取引履歴は、インターネット上で誰でも確認できる状態になっているので、信用するとか、しないとかの問題ではありません。誰が見ても間違いないことを確認できる状態なのです。

引用元:だれにでもわかるNFTの解説書 足立明穂(ITビジネスコンサルタント)
ブロックチェーンの分散型台帳は、信じる信じないというものではありません。
すでに正しいことが証明されたもので、世界中のコンピューターで管理され誰でも確認できるもの。
逆に中央で管理されているもの、たとえば銀行の取引履歴は、不正行為やシステムの不具合でデータが書きかわってる可能性が考えられます。

電子マネーとなにが違うの?

違いは「中央集権」か「非中央集権」

中央集権の例をあげると
楽天ポイント
→楽天で使える電子マネー
→楽天が管理
→仮に楽天がつぶれたら使えない

いっぽうビットコインは
中央で管理する人がいない→つぶれない
という面で安全であると言えます。

ビットコインのメリット・デメリット

ビットコインのデメリット

  • 価格変動が大きい
  • セルフゴックス
  • 取引所の破綻リスク

価格変動が大きい

ビットコインにかぎらず、仮想通貨は価格変動が大きいです。

セルフゴックス

自分で(セルフ)失敗してなくしてしまう(ゴックス)こと。

 ビットコインを別のウォレットや他人に送る際、宛先のウォレットアドレスは英数字の文字列なので、目で確認するのは難しい。
しっかりコピペすることが重要ですが、間違えると消えてしまいます。

銀行の場合は、問い合わせて何とかなる可能性があります。

取引所の破綻リスク

厳密にはビットコインのリスクではない。

日本の取引所は資本が大きい会社が運営しているので、仮に破綻したとしても、保全される可能性は高いです。

ビットコインのメリット

  • 個人間送金がしやすい
  • 送金に制限がない
  • 国に依存しない

個人間送金がしやすい

銀行を通して送ると送金手数料が高くなります。
ビットコインは個人のウォレット(財布)どうしで送るため
間(銀行などの機関)を通さないので手数料が安くすみます。

また、海外への送金もウォレットどうしで繋ぐため、手数料も安く送れます。

制限がない

銀行だと1日に送れる限度額は100万円など、制限があります。
ビットコインは100円でも1億円でも自由に送ることができます。

国に依存しない

日本で暮らしていると気づきにくい点。
アルゼンチンでは国が借金を返せずデフォルトしています。
デフォルトすると国通貨であるアルゼンチンペソの価格が下がりました。
つまり、アルゼンチンペソで貯金をしていたら紙クズになってしまったというケース。

ビットコインは中央集権ではないので、国の経済状況とは関係ありません。
国の通貨が安定しないところに住んでいる人にとってはありがたい存在です。

実際に、エルサルバドルが2021年9月から、
中央アフリカ共和国が2022年にビットコインを法定通貨にしています。

日本円は安心?安全?
ドルも信頼してよいの?
と考えると、個人的にはビットコインに資産を分散させることは選択肢のひとつになります。

ビットコインの送金額は世界一

ビットコインの送金額は世界一位

2022年のネットワークで送金された資産は

ビットコイン:8.2兆ドル
VISA:6兆ドル
MasterCard:2.5兆ドル

VISAやMasterCardを抑えてビットコインが1位です。
大手決済会社を抑えて送金資産が高い理由は以下の2つがあげられます。

・法定通貨に採用
・アフリカを中心に決済手段として定着

2カ国が法定通貨にビットコイン(BTC)を採用

2021年にエルサルバドル、2022年に中央アフリカ共和国が、ビットコインを法定通貨にしています。

その理由は「自国通貨の価値が暴落した」から。
インフレが激しく年々価値が減少していました。

自国通貨の価値を維持できないので、世界的に信用力のあるビットコインを法定通貨に採用。

アフリカを中心にビットコインが決済手段として定着

なぜ、アフリカではビットコインが決済手段として使われているのかというと

「銀行口座を保有できない」から

アフリカでは50%以上の人々が銀行口座を持っていません。
口座をつくりたくても、つくらせてもらえないんです。

ビットコインはスマホのみで決済が可能。
アフリカを中心にビットコインが決済手段として普及しています。

送金額がVISAやMasterCardを上回る要因の一つです。

ビットコインの価格予想

結論:わからない

株価を予想するのと同じで、予想は不可能。
仮想通貨の投資は、価格変動の下落リスクは受け入れることになります。

ビットコインはもらうこともできる

新規口座開設や、登録するだけでビットコインがもらえるキャンペーンがあります。
期間限定のものばかりなので、見つけたらすぐ登録しないと逃します。

無料でもらえるキャンペーンをまとめたので要チェック!

>>>無料で仮想通貨・現金をもらうキャンペーンまとめ

ビットコインのNFTが開発された

ビットコインのブロックチェーンを利用したNFT「Ordinals(オーディナルズ)」が開発されました。
  • イーサリアムチェーン → NFT
  • ビットコインチェーン → Ordinals
Ordinalsの特徴は以下の通りです。
  • フルオンチェーン
  • スマートコントラクトではない
  • ロイヤリティの徴収
  • コレクションの概念はマケプレ依存

今後の発展が期待されます。

>>>ビットコインNFT「Ordinals」をやさしく解説

購入する際の注意点3つ

「販売所」ではなく「取引所(板取引)」で買う

「販売所」は割高になるので「取引所」で買いましょう。
詳しくはコチラの記事でくわしく解説しています。

有名な取引所を利用する

有名な取引所は保有している会社の資産が大きいです。
過去にCoincheckがハッキングにありましたが、全額保証されています。

個人的に安心と思う取引所

Coincheck
GMOコイン
bitFlyer
bitbank

BitTrade
ビットポイント

金融庁に認可されている取引所を使えば安心して利用できます。

どうしようか迷っているなら買わない

個人的には、最悪なくなってもいいかなぐらいの金額で投資しています。
迷っているあいだは、買わないほうがよいと思います。

まとめ

ビットコインは
  • デジタルゴールドとよばれ、インターネット上で価値が保存されている
  • 価値を保存するためにブロックチェーンの技術が使われている
  • ブロックチェーンは分散していて中央に管理者がいないため、安定している
一攫千金を狙って買うことはおすすめしません。
自分が信頼できる仮想通貨に、安心して投資できる金額からはじめるとよいかもしれません。

身銭を切ると学びは加速します。
買ってみると興味が湧き、調べていくうちに知識がついていきます。

念のために言っておきます。
投資は自己責任ですよ。

今だけのお得な情報】

暗号資産(仮想通貨)は、どうやって買うの?

はじめは買わなくて大丈夫。
まずは、無料でもらえる「期間限定キャンペーン」を利用しましょう。

たとえばビットポイントは、紹介コードで口座を開設すると1,500円分の暗号資産(仮想通貨)がもらえます

ビットポイントの紹介コードは↓

FVXMVBEBCO

>>>無料でビットポイントの口座を開設する

総額10,000円以上のキャンペーン!
今だけのお得な情報をお見逃しなく。

\ 期間限定 /

>>>暗号資産(仮想通貨)がもらえるキャンペーンをチェックする

bitcoin

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ