暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

あるやうむが導く!NFTで広がるふるさと納税の新しい形

この記事はプロモーションを含みます
月34万円支給!地方移住×DAOマネージャーとしての新しい働き方
移住してDAOを仕事にする

ふるさと納税をNFTを選ぶメリットが知りたい

NFTがふるさと納税に使えるの?

そんな疑問にお答えします。

ふるさと納税が、ただの寄付を超えてデジタル革命を起こす時が来ています。

この記事は、ふるさと納税のメリット・デメリットを徹底解説し、NFTがもたらす新しい納税体験を紹介します。

この記事を読むことで、NFT×ふるさと納税のことがわかり、あなたの寄付体験を一新することになります。

NFTは売買できるので、手数料で損をしないように注意しましょう。

手数料で2,500円オトク


取引所からメタマスクへ送金すると、数百円〜2,500円の手数料が発生します。
※コインチェック・ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインをつかえば無料にできます。
大切なお金を手数料で減らさない!
損をしないために、普段づかいは無料で送金できるGMOコインを利用しましょう!

送金・出金手数料が無料

>>>無料で口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • NFT保有数:600点以上
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

NFT×ふるさと納税5つのメリット

NFT×ふるさと納税5つのメリット

ふるさと納税の返礼品いえば

・地方の名産品
・魚介類・海産物・肉類などの食材

が思い浮かびますが、NFTにすることで得られる5つのメリットを紹介します。

デジタル資産としての価値

NFT×ふるさと納税5つのメリット
NFTはデジタル資産なので、時間とともに価値が上がる可能性があります。

発行されたNFTによって売買が可能かどうかの条件は異なります。
たとえば「ふるさとCNP」の場合、1年間は転売できませんが、その後は売りに出すことが可能です。
NFT×ふるさと納税5つのメリット
引用元:OpenSea(実際に売りに出されている返礼品NFT)

納税の返礼品が投資対象になるかもしれないことに、可能性が感じられます。

>>>初心者がNFTを売る方法 

管理が簡単

NFT×ふるさと納税5つのメリット
食品など物理的な返礼品と違い、NFTはデジタルデータなので保管や管理が楽です。

物理的に場所を取ることもありません。

環境負荷の軽減

NFT×ふるさと納税5つのメリット

物理的な返礼品は、

・生産
・輸送
・保管

と環境に負荷がかかっています。

NFTの場合はデジタルデータのため、環境への影響が少なくて済むことがメリットの一つです。

地域創生に貢献

NFT×ふるさと納税5つのメリット
人口減少や高齢化、財政難と問題をかかえる地方自治体が、NFTを活用することで活性化できるかもしれません。

NFTとしてデジタル化された地域の文化や歴史に知る機会を得て、所有することで地域創生に貢献できます。
寄付者と地域との間に新しい形の関係やコミュニティが、NFTを通じてつくることも可能です。

>>>地方自治体のNFT活用事例7選 

イノベーションへの参加

NFT×ふるさと納税5つのメリット

NFTを所有したことがある人は、日本で2万人くらいと言われています(2024年1月時点)

新しい技術であるNFTをふるさと納税の返礼品で受け取れば、日本人の中のたった0.016%、6,000人に1人の存在です。

ふるさと納税NFTの購入をキッカケに、実際に旅行で訪れるかもしれません。

NFT×ふるさと納税5つのメリット

現地に行くことでNFTが変化するギミックを実施してる例もあります。

NFT×ふるさと納税4つのデメリット

ふるさと納税の返礼品を、食品や特産品ではなくNFTにすることのデメリットを4つあげます。

NFTの理解度

NFT×ふるさと納税4つのデメリット

NFTという言葉は聞いたことがあっても、実際にどういうものかを理解している人は少ないです。

NFTを簡単に言うと、デジタルデータに所有権をひもづける技術

くらいの解釈で十分ですが、よくわからないから…と手が出しにくくなる側面があります。

>>>NFTを専門用語なしでわかりやすく解説 

NFTを受取る準備

NFT×ふるさと納税4つのデメリット
NFTを受取るためには、デジタルウォレットが必要です。

スマホアプリを入れて宛先である「ウォレットアドレス」に送ってもらうだけですが、不慣れな方には難しく感じるかもしれません。

NFT市場の不安定性

NFT×ふるさと納税4つのデメリット
転売目的でふるさと納税NFTを持っている場合は、注意が必要です。

NFT市場は新しくできたばかりで、価格の変動が激しくなることも。
値上がりを期待していたら、損をするかもしれません。

NFTのセキュリティ

NFT×ふるさと納税4つのデメリット
NFTの世界では、詐欺が横行しています。
ほぼ全員が初心者で、騙される人が多いからです。

返礼品のNFTが盗まれたら悲しすぎます。
自己防御力を上げるために、詐欺事例に目を通しておきましょう。

>>>NFT詐欺の事例と対策 

ふるさと納税NFTなら「あるやうむ」

ふるさと納税のパイオニアと言えば、「株式会社あるやうむ」
「NFTによる地方創生」をミッションに掲げ、日本の地域経済を盛り上げる活動として「ふるさと納税」に取り組んでいます。
ふるさと納税NFTと言えば「あるやうむ」
引用元:あるやうむ公式
2022年5月に北海道余市町から始まった「ふるさと納税NFTプロジェクト」は、2024年1月時点で16の自治体へ展開。

国内で人気のNFTプロジェクト

・CNP(CryptoNinja Partners)
・LLAC(Live Like A Cat)
・APP(Aopanda Party)

国内御三家NFTとコラボをして注目を浴び、NFTを買えなかった人たちから「#納税させろ」のハッシュタグが生まれるほどでした。

ふるさと納税の返礼品にNFTを採用する自治体は、まだまだ増えていく予定なので注目しておきましょう。

まとめ:あるやうむが導くNFT×ふるさと納税の新時代

あるやうむが先導する「NFT×ふるさと納税」は、単なるトレンドではなく地域経済とデジタル革命の新たな一歩です。

ふるさと納税の未来は、想像を超える形で展開されていくでしょう。

この革新的な流れに、参加する準備はできていますか?

【手数料を払っていたら無料にできます】

知らないと損をします!

仮想通貨取引所の口座から、直接NFTを購入することはできません。
NFTは、メタマスクをつかって取引をします。
つまり、仮想通貨取引所からメタマスクの送金は必須です。

必須である送金手数料が無料になったら、大きな節約に!

コインチェックやビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインなら

送金手数料は無料です!

大事なお金を手数料で減らさないために、普段つかう口座はGMOコインにするべきです!

GMOコインをすすめる理由4選

\ 無料・最短10分 /

>>>無料でGMOコイン口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

あるやうむが導く!NFTで広がるふるさと納税の新しい形

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ