暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

NFTのオーバーアロケーションとは?問題点と対処法を解説

この記事はプロモーションを含みます

「あのNFTプロジェクトはオーバーアロケしてるみたい」と聞いたけど、どういう意味?

結論からいうと、

オーバーアロケーションは「優先購入権の供給過多」のこと

例えば、NFTコレクションの総数が100点の時に、優先購入権を持っている人が150人いる状態です。

この記事では、NFTのオーバーアロケーションの意味と、起こる原因と対処法を解説します。

この記事を読むことで、オーバーアロケーションを理解し、対応することができるようになります

手数料で2,500円オトク


取引所からメタマスクへ送金すると、数百円〜2,500円の手数料が発生します。
※コインチェック・ビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインをつかえば無料にできます。
大切なお金を手数料で減らさない!
損をしないために、普段づかいは無料で送金できるGMOコインを利用しましょう!

送金・出金手数料が無料

>>>無料で口座を開設する

今だけ暗号資産の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • NFT保有数:600点以上
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

オーバーアロケーションは需要超過

オーバーアロケーション(over allocation)は、直訳すると「配分以上」の意味です。

「オーバーアロケ」と略されることもあります。

NFTプロジェクトでは、「発行総数より優先購入権(アローリスト/AL)を多く配ったこと」を指します。

NFTのオーバーアロケーションとは?
つまり、優先購入権を持っていてもNFTを買えない人がでてきます。

優先購入権については、「NFTのアローリスト(AL)とは?入手方法も解説 」を参考にしてください。

オーバーアロケーションが起こる原因

なぜオーバーアロケーションが起こるのか?
オーバーアロケーションが起こる理由は大きく2つあります。
どちらもNFTプロジェクト運営サイドの都合です。

理由1:初期販売で完売させるため

理由1:初期販売で完売させるため

多くのNFTプロジェクトは発売をしたら完売を目指します。

10,000体以上販売するジェネラティブコレクションでは、多くの人に買ってもらわないと売れ残ってしまいます。
優先購入権を配ることで見込み客を確保できますが、全員が買ってくれるわけではありません

そのため

「確実に完売させるために、NFT発行数より多く優先購入権を配る」オーバーアロケーションが発生します。

理由2:クリック戦争を起こし競争を生み出すため

理由2:クリック戦争を起こし、競争を生み出すため
オーバーアロケーションになると、NFT発売日は優先購入権を持っている人同士で早押し「クリック戦争」が起こります。

プロジェクトの注目度を上げるために、「早く買わないと売り切れる」という状況をつくる手法です。
熱狂がおこると価格が上がる傾向があるため、運営者がわざとオーバーアロケさせます。

クリック戦争の必勝法は、「NFTのクリック戦争に勝つ方法」を参考にしてください。

オーバーアロケーションの問題点

オーバーアロケーションの問題点

オーバーアロケーションすると、優先購入権を持っているのに買えない人が出てきます。
特に、がんばって優先購入権の獲得イベントをクリアした人は大きな不満をもつため、クレームに発展することもあります。

オーバーアロケーションの事例

「わふくジェネ」は、優先購入権の獲得条件が大変なNFTプロジェクトでした。

わふくジェネAL獲得条件の例
  • Twitterスペースに5回以上参加し、リツイート
  • わふくジェネの出すお題にTwitterでこたえて拡散
オーバーアロケしていたので、買えなかった人が続出。
TwitterやDiscordコミュニティは大荒れしました。

結局、運営が救済処置をとったことで騒ぎはおさまりました。

オーバーアロケの対処法

購入予定のNFTがオーバーアロケのときの対処法

購入予定のNFTプロジェクトがオーバーアロケしているときは、早押しで勝たないと買えません。

どうしても勝ちたいときは「ガス代を高くする」ことが有効になります。
なぜなら、ガス代を高くすることで処理速度が上がるから。

ガス代を高くする方法

購入予定のNFTがオーバーアロケのときの対処法

メタマスクの「設定」→「実験的」→「改善されたガス代UIを有効にする」をオンにする

購入予定のNFTがオーバーアロケのときの対処法
ガス代を設定するために、買わなくていいのでテスト的にNFT購入の手順をしてみます(ガス代設定後にキャンセルする)

メタマスクが開くので、「サイト提案」→「高度な設定」→「最大基本手数料」「優先手数料」を設定。
※数字を上げるとガス代が高くなります

デフォルトにすると、普段の利用時もガス代が高くなるので注意が必要です。
急いで買う必要がないときは、「低速」でも大丈夫です。

クリック戦争は気合い

ガス代を高くする前に、まずクリック戦争に勝つ必要があります。

おすすめの方法は
クリック戦争のコツ
  1. 販売ページ(ミントサイト)を複数のタブでひらく
  2. 販売開始が近くなったら、ひらいたタブを順番に更新
  3. 購入ボタンが押せるようになったら即クリック

コツはあるけど、気合いでなんとかしましょう。

さらに詳しくは、「NFTのクリック戦争に勝つ方法」を参考にしてください。

メタマスクでスピードアップ

メタマスクでスピードアップ
クリックできたらメタマスクの「アクティビティ」をえらび、「スピードアップ」をクリック。

ガス代が上乗せされて処理速度が上がります。

まとめ:NFTのオーバーアロケーション

NFTのオーバーアロケーションは、「優先購入権の供給過多」のこと。

買いたいNFTプロジェクトがオーバーアロケしていたら、早押しに備えてガス代の設定をしておくことをすすめます。

【手数料を払っていたら無料にできます】

知らないと損をします!

仮想通貨取引所の口座から、直接NFTを購入することはできません。
NFTは、メタマスクをつかって取引をします。
つまり、仮想通貨取引所からメタマスクの送金は必須です。

必須である送金手数料が無料になったら、大きな節約に!

コインチェックやビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインなら

送金手数料は無料です!

大事なお金を手数料で減らさないために、普段つかう口座はGMOコインにするべきです!

GMOコインをすすめる理由4選

\ 無料・最短10分 /

>>>無料でGMOコイン口座を開設する

今だけ暗号資産の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

NFTのオーバーアロケーションとは?問題点と対処法を解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ