暗号資産(仮想通貨)は買わない!無料でもらう方法 >>

NFTのリビール(Reveal)とは?初心者むけに解説

この記事はプロモーションを含みます
  • リビール前のNFTをGiveaway(プレゼント)します!
  • ○○日にリビールするのでお楽しみに!
のように、NFT情報をみているとよく目にする「リビール」という言葉。

この記事は、リビールについて解説します。

今だけのお得な情報】

暗号資産(仮想通貨)は、どうやって買うの?

はじめは買わなくて大丈夫。
まずは、無料でもらえる「期間限定キャンペーン」を利用しましょう。

たとえばビットポイントは、紹介コードで口座を開設すると1,500円分の暗号資産(仮想通貨)がもらえます

ビットポイントの紹介コードは↓

FVXMVBEBCO

>>>無料でビットポイントの口座を開設する

総額10,000円以上のキャンペーン!
今だけのお得な情報をお見逃しなく。

\ 期間限定 /

>>>暗号資産(仮想通貨)がもらえるキャンペーンをチェックする

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益200万円超
  • NFT保有数:600点以上
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

NFTのリビール(Reveal)とは

NFTのリビール(Reveal)は、絵柄が別の画像に変わること。
「仮の姿から、本来のNFTアートになる」というイメージでOK。

Revealという単語は「公開する」という意味です。
NFTのリビール前

買ったときは、すべて同じ絵柄で

NFTのリビール後
リビールすると、それぞれ違う本物の画像に変わります。
リビールされるタイミングは3パターン
  1. 購入した時
  2. プロジェクトが指定した日時
  3. イベントをクリアした時

NFTがリビールされるタイミング1:購入した時

購入した時に、色・形が変化(リビール)します。

NFTがリビールされるタイミング2:プロジェクトが指定した日時

11/19の12:30という日時が決まっていて、そのタイミングでリビールされます。

NFTがリビールされるタイミング3:イベントをクリアした時

NFTがリビールされるタイミング3:イベントをクリアした時
CryptoAnime Labs のパスポートNFTは、手裏剣NFTをつかうことで見た目とユーティリティが変化します。

NFTをリビールする方法は簡単

NFTをリビールする方法は簡単です。

NFTのリビール

OpenSeaでリビールするNFTのページを開きます。

NFTのリビール

右上の「メタデータを更新」をクリック

NFTのリビール
画面下にメッセージが出ます。

ブラウザをリロードすると画像が変わっています。
※時間がかかることがあるので、変わらない場合は少し時間を置いてから確認しましょう。

NFTがリビールされない時

「メタデータを更新」して、少し待ってもリビールされない時があります。
いろいろな原因は考えられますが
  • プログラムの不具合でリビールされない
  • ネットワークのトラブルがあった
この2点の時が多いです。
NFTプロジェクトの運営に連絡するか、しばらく待機しておきましょう。

リビールはいつでもできるので焦らなくて大丈夫です!

NFTをリビールするメリット

NFTをリビールするメリット
  • 絵柄がわからないので、期待感が上がる
  • リビールがイベントになり、コレクションが盛り上がる
  • レアな個体だと、価格が高騰する可能性がある

NFTの絵柄がわからないので、期待感が上がる

NFTのリビールはガチャ
ガチャガチャへの期待感と同じですね。
何が出るかわからないワクワクを楽しめます。

NFTのリビールがイベントになり、コレクションが盛り上がる

NFTのリビールは祭り
リビールされるまでの期間に、コレクションの認知を高めていくと注目が集まります。
お祭り状態になると2次流通が発生しやすくなり、より盛り上がっていくことも。

レアな個体だと、価格が高騰する可能性がある

NFTの価格が高騰する要因の1つとして、レアリティがあります。
珍しいものは価値が上がりやすいので、レア狙いの売買が発生することも。

NFTをリビールするデメリット

NFTをリビールするデメリット
  • リビール後に絵柄次第で価値が下がることがある
  • 賭博罪に該当する可能性がある

リビール後に絵柄次第で価値が下がることがある

リビール前はレア個体への期待などがメリットとしてありましたが、リビール後はデメリットにもなります。
レアじゃなかったり絵柄が好みじゃないと、安く売られることにつながります。

賭博罪に該当する可能性がある

NFTをリビールするデメリット
購入する側には関係ない話ですが、リビール方式でのNFT販売は、賭博罪にあたる可能性があります。
運営者側は注意が必要。

まとめ:NFTのリビールは、絵柄が別の画像に変わること。

NFTのリビールは、絵柄が別の画像に変わることです。
やり方は「メタデータを更新」するだけ。

リビールを理解したら、さっそく始めてみましょう!

【手数料を払っていたら無料にできます】

知らないと損をします!

仮想通貨取引所の口座から、直接NFTを購入することはできません。
NFTは、メタマスクをつかって取引をします。
つまり、仮想通貨取引所からメタマスクの送金は必須です。

必須である送金手数料が無料になったら、大きな節約に!

コインチェックやビットフライヤーの送金手数料は0.005ETH(約2,500円)

GMOコインなら

送金手数料は無料です!

大事なお金を手数料で減らさないために、普段つかう口座はGMOコインにするべきです!

GMOコインをすすめる理由4選

\ 無料・最短10分 /

>>>無料でGMOコイン口座を開設する

今だけ暗号資産(仮想通貨)の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

NFTのリビール

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ