仮想通貨は買わない!無料でもらう方法 >>

【貸して増やす】ビットコインをそのまま持っていると損をするかも【レンディング】

この記事はプロモーションを含みます
「ビットコイン投資を始めた!」
「ビットコインを買ったけど、とりあえず使い道はないので放置」

そんな人がこの記事を読むと、「損をしないで済んだ!」となるかもしれません。

今だけのお得な情報】

仮想通貨は、どうやって買うの?

はじめは買わなくて大丈夫。
まずは、無料でもらえる「期間限定キャンペーン」を利用しましょう。

キャンペーンに参加するだけで5,000円以上の仮想通貨がもらえます。

今だけのお得な情報をお見逃しなく!

>>>仮想通貨がもらえるキャンペーンをチェックする

この記事を書いた人
HiD
ハイディー
  • NFTコレクター
  • NFT投資で含み益450万円超
  • 音楽NFTコレクションを運営
  • バンドマンでギターリスト
  • 元ECサイト運営マネージャー:年商10億
もくじ

仮想通貨(暗号資産)は貸して増やせる

長期投資の目的でビットコインを買ったら、
そのままガチホして放置していませんか?

長期的に保持して増えるのを待つというのも1つの手ですが、
自分の持っている仮想通貨を貸して、利子をつけて返してもらう
というサービスをしている取引所があります。

「貸暗号資産」「仮想通貨(暗号資産)のレンディング」と呼ばれているものです。
そんなサービスを紹介していきます。

>>>ビットコインとは?初心者向けに解説

貸暗号資産のデメリット

まずはデメリットを2つ
はじめる前に、リスクの確認しておきましょう。
デメリット
  1. 価格変動により損をするリスクがある
  2. 貸出中に取引所が破綻する可能性がある

価格変動により損をするリスクがある

仮想通貨は価格変動が大きいです。
そのため、貸出期間終了時に価格が下がっていると、
日本円に換金した時に損をするケースがあります。

仮想通貨を取扱う場合は、
価格変動のリスクを理解して受け入れる必要があります。

貸出中に取引所が破綻する可能性がある

貸出先の取引所が破綻した場合、返金されるかはわかりません。

有名な取引所は保有している会社の資産が大きいです。
過去にCoincheckがハッキングにありましたが、全額保証された例はあります。

貸出暗号資産ではなく口座預金の例ではありますが、
リスク回避をするために信頼できる取引所を利用することをオススメします。

個人的に安心と思う、貸暗号資産をしている取引所

Coincheck
GMOコイン
bitbank

ビットポイント
BitTrade

貸暗号資産のメリット

メリット
  1. 銀行よりも金利が高い
  2. 簡単に始められる
  3. 難しい知識がいらない

銀行よりも金利が高い

貸暗号資産の大きなメリットは、銀行よりも金利が高い点です。

2022年8月現在、メガバンクの定期預金金利は0.002%。
いっぽう、貸暗号資産の金利は1〜5%。
なんと、金利だけみると500〜2500倍の差があります。

簡単に始められる

貸暗号資産のサービスは簡単に始められます。
貸し出す金額と期間の設定をしたら放置するだけ。
日々のチャートは気にしなくてよいのでメンタル面にやさしいです。

難しい知識がいらない

貸暗号資産はトレードとは違い、難しい知識がなくても利用できます。
「画面にはりつき、情報収集して価格チェックをする」なんて必要はありません。

貸暗号資産ができるおすすめ取引所

Coincheck(コインチェック)

コインチェック
コインチェック

コインチェックは、東証プライム上場のマネックスグループのグループ会社。
アプリダウンロード数No.1を誇る、初心者にも人気の取引所です。

貸暗号資産サービスはコチラ
サービス名貸暗号資産サービス
年率1~5%
対応銘柄BTC,ETHをはじめ、取扱うすべての銘柄
最低貸出数量1万円相当額
貸付期間14日、30日、90日、180日、365日
コインチェックを進める4つの理由

>>>【完全無料】コインチェックで口座を開設する方法

GMOコイン

貸暗号資産

GMOコインは手数料の安さで人気の取引所。
取扱銘柄が22種類と国内最多を誇ります。

貸暗号資産はコチラ
サービス名貸暗号資産
年率1~3%
対応銘柄BTC,ETHをはじめ、取扱うすべての銘柄
最低貸出数量0.1 BTC
貸付期間3ヶ月。申請することで再貸出ができる

>>>【完全無料】GMOコインで口座を開設する方法

bitbank(ビットバンク)

貸して増やす

bitbankは全銘柄を販売所ではなく取引所(板取引)で売買できることで人気があります。
アプリも人気で、いつでもどこでも仮想通貨の取引ができます。

サービス名暗号資産を貸して増やす
年率1~3%
対応銘柄BTC,ETHをはじめ、取扱うすべての銘柄
最低貸出数量都度異なる
貸付期間1年

>>>【無料】bitbankで口座開設する方法

まとめ

  • 貸暗号資産は、保有している仮想通貨を貸し出して利益を得る仕組み
  • 銀行に比べて金利が高く、1~5%の利息を得られる
貸し出すことによりリスクもあるので注意が必要ですが、
長期保有しているだけの仮想通貨があるなら、
貸して利益を得ることができるのは大きなメリットです。

ただし、あくまでも投資は自己責任です。
自分でよく調べた上で行動することをオススメします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【手数料を払っていたら無料にできます】

無料にできる手数料

メタマスクへ送金→1,500円
販売所でETHを購入→最大5%(10万円の売買で5,000円)

GMOコインなら

・送金手数料が無料
・取引所(板取引)でETHが買える

※人気のコインチェックは「販売所」でしかETHが買えません

>>>販売所と取引所の違い

大事なお金を手数料で減らさないために、GMOコインを利用しましょう!

GMOコインをすすめる理由4選

\ 無料・最短10分 /

>>>無料でGMOコイン口座を開設する

今だけ仮想通貨の購入で1,000円当たるキャンペーン実施中

【ためしに20円のNFTを買ってみる】

新しいことに乗り遅れると、「今さらついていこうとしても、なんか損しそう」と考える人も多いのでは。

日本でNFTを買ったことがある人は約1万7,000人、日本人口のたった0.014%今からNFTを始めたら、乗り遅れてるどころではなく「先駆者」です
NFTを始める手順は5ステップ
coin

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ